アムステルダムでの最初のマーラーフェスティバル。 の25周年を記念して ウィレム・メンゲルベルク(1871-1951)  アムステルダムロイヤルコンセルトヘボウ管弦楽団(RCO).

「ウィレムメンゲルベルクを歓喜する日、フェスティバルからの太陽の光がウィーンの端にある墓を照らし、輝くシンプルな墓石がその挨拶をオランダに送り返します。 グスタフ・マーラーの相続人への挨拶」–  ウィーン、1919年–  Gertrude Forstel(1880-1950)

1920 グスタフマーラーフェスティバルアムステルダム1920。 プログラムブック、 アムステルダム オランダ。 オランダ語からの翻訳:「ロイヤルコンセルトヘボウ、アムステルダム、マーラーフィースト(フェスト、フェスティバル)6年21月1920日から25月XNUMX日まで。 ウィレム・メンゲルベルク(1871-1951) の指揮者として ロイヤルコンセルトヘボウ管弦楽団(RCO / KCO)"

1920 グスタフマーラーフェスティバルアムステルダム1920。 ドイツ語のプログラム。

01-05-1920。 グスタフマーラーフェスティバルアムステルダム1920。 DeKunstマガジンの広告。

関連性

1920プログラム

によるすべてのコンサート ロイヤルコンセルトヘボウ管弦楽団(RCO / KCO)、指揮者 ウィレム・メンゲルベルク(1871-1951)   ロイヤルコンセルトヘボウ.

ソリスト

非ソリスト

オーケストラ

導体

1920特別ゲスト、プレゼント

1920特別ゲスト、招待状、不在

1920招待はありませんか?

原稿

追加の

27年04月1920日。 の電報 リヒャルト・シュペート(1870-1932)、彼の旅行の費用を請求する グスタフマーラーフェスティバルアムステルダム1920。 「それ以外の場合、航海は不可能です」。

01-05-1920。 グスタフマーラーフェスティバルアムステルダム1920。 De Kunst(The Arts)マガジンでプレビューします。

01-05-1920。 グスタフマーラーフェスティバルアムステルダム1920。 DeKunstマガジンの広告。

1920 グスタフマーラーフェスティバルアムステルダム1920。 パス-partouts、シリーズ。

1920 グスタフマーラーフェスティバルアムステルダム1920。 パスパートアウト、チケット、列番号、座席番号。

1920 グスタフマーラーフェスティバルアムステルダム1920アルマ・マーラー(1879-1964) および アンナ・ジャスティン・マーラー(グッキー)(1904-1988) の未亡人の家に泊まりました ヘンドリック・ヤン・デ・マレス・オイエンス(1843-1911)。 ミュージアム広場第6号(6-8)。 解体。 現在、ゴッホ美術館の場所です。 写真1963。

24-04-1920。 グスタフマーラーフェスティバルアムステルダム1920。 記念本。 多くの個人的な貢献をした6冊の巨大な本がレバントモロッコ(モロッコからの素晴らしい種類の山羊革)のBussumのCJMensingによって製本されています。 13冊の緑の本の裏にはマーラーの交響曲第3番の最初の7小節があります。 XNUMXメンゲルベルクの特徴として:「Kraftigundentschiedend」。 ブックXNUMXは茶色で、ビジュアルアーティストの貢献が含まれています。 背面には、メンシングによって銅にカットされた金色のスタンプがあります。 ハーグのNVMeubelfabriekv。H.LeCointre and Co.によって作成された、XNUMX冊の本とキャビネットが保管されています。

24-04-1920。 グスタフマーラーフェスティバルアムステルダム1920. ウィレム・メンゲルベルク(1871-1951)。 Gedenkboek。 記念本。 1895-1920。 トレードエディション。 出版社MartinusNijhoff(1920)、ハーグ。 信条:「MNAllesKomtTeregt」。 5つのフランスと50のドイツの貢献。

24-04-1920。 グスタフマーラーフェスティバルアムステルダム1920ウィレム・メンゲルベルク(1871-1951)。 Gedenkboek。 記念本。 1895-1920。 トレードエディション。 出版社MartinusNijhoff(1920)、ハーグ。 ウィレム・メンゲルベルク(1871-1951) Jan Toorop(1858-1928)による。

24-04-1920。 グスタフマーラーフェスティバルアムステルダム1920ウィレム・メンゲルベルク(1871-1951)。 Gedenkboek。 記念本。 1895-1920。 トレードエディション。 出版社MartinusNijhoff(1920)、ハーグ。

  1. 元のカセットのみの寄稿者:Ant。 Averkamp、EL Bainton、Waldemar von Baussnern、H。Becker、 Hendrik(Han Henri)de Booy(1867-1964)、GHG Brucken Fock、Lion Cachet、Carlo Clausetti、GB Crommelin、E。Dooseman-Vigeveno、Franz Drdla、Mej。 ジョー。 Dusault、Fred van Eeden、JC van Epen、PN van Eyck、Le Fauconnier、Max Fiedler、Ed。 Gerdes、JC Gijsberti Hodenpijl van Hodenpijl、AP Haan-Manifarges、Louis Hartz、Siegmund Hausegger、HJ Haverman、E。BysterusHeemskerk、G。Henkes、Sir George Henschel、Mej。 Myra Hess、Isaac Israels、Maria Ivogun、L。Jessurunde Mesquita、Ludwig Kainer、W。Kleefeld、 エーリヒ・ヴォルフガング・コーンゴールド(1897-1957)、H。Kroller-Muller、R。vonKuhlmann、Otto Lanz、Chris Lebeau、 リリー・レーマン(1848-1929)、JHW Leliman、Otto Lies、 オットー・ローゼ(1858-1925)、Nicolas Manskopf、Mrs。MCde Marez-Oyens-Reynvaan、Justizrat H. Mengelberg、Herman Moerkerk、Pierre Monteux、Anita Moor、DB Nanninga、Walter Niemann、 アーサー・ニキシュ(1855-1922)、Cornelie van Oosterzee、Jos M. Orelio、MW Petri、Catharina van Rennes、FJ Roeske、Landon Ronald、Engelbert Rontgen、 アントン・ファン・ローイ(1870-1932)、Lene Schneider-Kainer、Johan Schoonderbeek、 フランツ・シュレーカー(1878-1934)、ゲオルクシューマン、 Georgine Schwartze(1854-1935)、Alexander Siloti、Jan Sluyters、Leopold Stokowsky、Ewald Straesser、Hermann Suter、Christian Timmner、Vincenzo Tommasini、MW vd Valk、ABH Verheij、Tjipke Visser、Mej。 E. Vissering、 ブルーノ・ワルター(1876-1962)、Georg A. Walter、Mej。 Cornelie van Zanten、JAH Zuylen van Nijvelt、 Bernard Zweers(1854-1924).
  2. 貿易版の寄稿者:ウィルヘルミナ女王(署名21-11-1919)、女王配偶者エマ(署名)、 オランダのヘンドリック王子(1876-1934) (署名)、AM Abell(ニューヨーク、12-1919)、 グイドアドラー(1855-1941) (ウィーン、01-1920)、 オイゲン・ダルベール(1864-1932) (ルガーノ、1919年のクリスマス)、ウィレム・アンドリーセン、ピーター・ファン・アンルーイ(スケベニンゲン、11-1919)、ニコラ・ダトリ(ローマ、11-1919)、ハロルド・バウアー(ニューヨーク、12-1919)、マリウス・バウアー(ドローイング)、 HP Berlage(図面)、JG Beukers(詩)、 Jo Beukers-van Ogtrop(1865-1948)、PJブロック(ライデン、11-1919)、F。ボベルダイク(図面)、 アーサー・ボダンツキー(1877-1939) (ニューヨーク、01-1920)、De Bohemers(Het Boheems Strijkkwartet、The Bohemian String Quartet(プラハ、08-01-1920)、 チャールズ・アーネスト・アンリ・ボイスベーン(1868-1940)、Betsy Bonger、Jan Boon(図面)、S。Bottenheim(統計、アムステルダム、07-1919)、A。Bredius(ライデン市長からJan Pietersz Sweelingへの手紙、06-1616)、Alfred Breslauer(図面)、Adolf Busch(ベルリン、10-1919)、Caecilien-Verein(フランクフルト、01-​​1920)、Lucien Carpet、 アルフレード・カゼッラ(1883-1947) (ローマ、11-1919)、P。コルトファンデルリンデン、ルイクペールス(ハーグ、09-1919)、ポールXIIクロンハイム(紹介)、ユリアクルプ(アムステルダム、12-1919)、J.Th.J。 Cuypers(図面)、PJH Cuypers(図面)、Frank Damrosch(ニューヨーク)、 ウォルター・ヨハネス・ダムロッシュ(1862-1950) (ニューヨーク、01-1920)、エマ・クロード・ドビュッシー夫人(写真12-1919)、ヤン・デッカー、CCデルプラット(アムステルダム、01-1920)、トム・デニーズ、 アルフォンス・ディーペンブロック(1862-1921) (アムステルダム、01-1920)、 コルネリス・ドッパー(1870-1939) (アムステルダム、10-1919)、 Jan Dudok van Heel(1867-1930)ポール・アブラハム・デュカス(1865-1935) (パリ)、MIデュパルク、イローナドゥリゴ(作曲)、 エドワード・エルガー(1857-1934) (作曲、20-11-1919)、B。エッサーズ(ドローイング)、JHフェッケス(ドローイング)、A。フェンテナーヴァンヴリシンゲン(ハーグ、11-1919)、カールフレッシュ(ベルリン、11-1919)、D。フォック(ハーグ10-1919)、Dirk Fock Jr.(ニューヨーク)、Andrea Fockema、 Gertrude Forstel(1880-1950) (ウィーン、1919年)、Frankfurter Museums Gesellschaft(Frankfurt am Main、01-1920)、 ヘンドリック・フライジャー(1876-1955)オシップ・ガブリロヴィッチ(1878-1936) (デトロイト、1920年)、ヤン・ヴァン・ギルス(作曲、ユトレヒト、01-​​1920)、AMゴーター(ドローイング)、HDヴァン・グードエバー(作曲)、パーシー・グレインジャー(ニューヨーク、12-1919)、ニーナ・グリーグ(からの手紙 エドヴァルド・グリーグ(1843-1907)、トロルハウゲン、10-07-1898)、ウィレム・デ・ハーン(作曲、ダルムシュタット)、AHハートグ(アムステルダム)、Th。 Heemskerk(10-1919)、Ms.Marie Heller、HJ den Hertog(アムステルダム、04-1920)、D。vanHouten(ハーグ、1920)、Wouter Hutschenruyter(ロッテルダム、10-1919)、 ヴァンサン・ダンディ(1851-1931) (作曲)、L。ジェイコブソン(ロッテルダム、1920年)、 ダーク・ハーバート・ヨーステン(1840-1930) (アムステルダム、11-1919)、 マックス・カルベック(1850-1921)(ザルツブルク、12-1919)、HA Karnebeek(12-1919)、 ルートヴィヒ・カルパス(1866-1936) (Vienna、12-1919)、Hans Kindler(Philadelphia、01-1920)、AB Kleerekoper(Amsterdam、01-1920)、W。Kloos(12-1919)、WA Konijnenburg(drawing、1920)、D。Kouwenaar(Amsterdam 、1920)、 フリッツ・クライスラー(1875-1962) (ニューヨーク、01-1920)、 レオニード・クロイツァー(1884-1953) (アムステルダム、11-1919)、W。KromhoutCzn。 (図面)、J。Kronig、R。Kruger(アムステルダム)、K。Kuiper、Frederic Lamond(ロンドン、10-1919)、W。Landowska(08-11-1919)、Peider Lansel(詩、11-1919)、 A. van der Leeuw(詩)、WF van Leeuwen、Marix Loevensohn(アムステルダム)、HA Lorentz(Stronhalに関する講義)、J。Loudon(パリ)、Alex C. Mackenzie(作曲)、 アルマ・マーラー(1879-1964) (ウィーン、12-1919)、ジョアン・マネン(マドリード、1920)、 Gerrit Hendrik de Marez Oyens(1811-1883) (アムステルダム、12-1919)、 ヘンドリック・ヤン・デ・マレス・オイエンス(1843-1911)、(Noordwijk-aan-Zee、09-1919)、WG de Marez Oyens(ハーグ、10-1919)、W。Martin(ハーグ、09-1919)、A。Mendelssohn-Bartholdy(ヴュルツブルク、10-1920) 、 ルドルフ・メンゲルベルク(1892-1959) (アムステルダム、11-1919)、 ヨハネス・メスチャート(1857-1922) (作曲、チューリッヒ、17-12-1919)、 カール・ジュリアス・ルドルフ・モル(1861-1945) (写真 1909-1911ハウスカールモルIIウィーン–ウォラーガッセNo. 10 署名付き)、エマヌエル・モール(図面、1918年)、ヤン・ムッシュ、オットー・ナイチェル(ケルン、26-11-1919)、エリー・ナイ・ヴァン・フーグストラテン、ヒューゴ・ノルテニウス(ラーレン、09-1919)、 Aaltje Noordewier-Reddingius(1868-1949) (ヒルフェルスム、12-1919)、シグリッド・オネギン(ミュンヘン、12-1919)、C。ヴァン・オールト(アムステルダム、11-1919)、J。オッペンハイム(ハーグ、01-1920)、 エミール・オルリック(1870-1932) (図面、1919年)、JAN Patijn(Hoog-Soeren、09-1919)、Josef Pembauer(ライプツィヒ、10-1919)、 ピーターズの音楽出版社 (ライプツィヒ、マックス・レーガーの作曲)、 ガブリエル・ピエール(1863-1937) (パリ、10-1919)、LJ Plemp van Duiveland、 ジャコモ・プッチーニ(1858-1924) (ミラノ、11-1919)、 ウィレム・ペイパー(1894-1947) (01-1920)、ED Pijzel、 セルゲイ・ラフマニノフ(1873-1943) (組成)、 リチャード・ヴァン・リース(1853-1939) (アムステルダム、10-1919)、エルザ・レーガー(イエナ、02-1920)、メタ・ライデル(アムステルダム)、S。deRhemen van Remenshuyzen、Top van Rhijn-Naeff(詩)、BWF van Riemsdijk(図面)、 アントニー・ロール(1864-1940) (ハーレム、11-1919)、ハーマン・ロエルヴィンク、JAAロジェ・デュカス(作曲、12-1919)、RNローランド・ホルスト(ドローイング)、M。ロマー(詩、フックスホフ、10-1919)、 ユリウス・レントゲン(1855-1932) (アムステルダム、09-1919)、Agatha Roos-Goldschmidt、 ジャスティン(アーネスティン)ローズマーラー(1868-1938) および アーノルド・ヨーゼフ・ローズ(1863-1946) (ヴァイオリンソロ Lied 5:Der Trunkene im Fruhling)、Wi。 Royaards(アムステルダム、1920)、E。Comtede San Martino(ローマ、11-1919)、A。deSavorin Lohman(ハーグ、12-1919)、ERD Schaap(図面)、Wera Schapira(ハンブルク、02-1920) 、Lodewijk Schelfhout(図面)、 マックス・フォン・シリングス(1868-1933) (作曲、ベルリン、1919年)、 アレクサンダーシュミュラー(1880-1933) (手書き)、Arthur Schnabel(Charlottenburg、10-1919)、 アーサー・シュニッツラー(1862-1931) (ウィーン、10-1919)、 アーノルド・シェーンベルク(1874-1951) (ウィーン-メードリング、11-1919)、J。シックス、C。スヌークフルグロニエ(リュートの作曲)、 リヒャルト・シュペート(1870-1932) (ウィーン、1920年正月)、チャールズヴィリヤーズスタンフォード(10-1919)、 ポール・ステファン(1879-1943) (ウィーン、ポールステファン)、H。Stips、 リヒャルト・シュトラウス(1864-1949) (作曲、ウィーン、05-1920)、JWC Tellegen(アムステルダム、12-1919)、Alexander Thurn und Taxis(ハーグ、12-1919)、Felix Timmermans、Jan Toorop(10枚のドローイング)、Charles Tournemire、Jacques Urlus(ノールドワイク-aan-Zee、1919-09)、Maurits Uyldert(詩)、Eduard Verkade、Floris Verster(図面)、Albert Verwey(詩、Noordwijk-aan-Zee、1919-XNUMX)、J.Th。 de Visser、W。Vogelsang、P。Vooys(詩)、Joh。 ワゲナー(作曲)、 フェリックス・フォン・ワインガルトナー(1863-1942) (作曲、ウィーン、12-1919)、FM Wibaut(08-11-1919)、Ch.M。 Widor(12-1919)、Ricardo Zandonai(Sacco、Trentino、11-1919)、P。Zeeman(アムステルダム)、Louis Zimmermann(アムステルダム、11-1919)、R。Zingg(Luzern、11-1919)。

1920年。24-04-1920。 グスタフマーラーフェスティバルアムステルダム1920ウィレム・メンゲルベルク(1871-1951)。 Gedenkboek。 記念本。 トレードエディション。 による貢献 カール・ジュリアス・ルドルフ・モル(1861-1945)。 「DenJahren1907-8-9-10のHierwohnte Gustav Mahler」、「Meister WillemMengelberg。 Zurerinnerung。 カール・モル。 1909-1911ハウスカールモルIIウィーン–ウォラーガッセNo. 10.

24-04-1920。 グスタフマーラーフェスティバルアムステルダム1920ウィレム・メンゲルベルク(1871-1951)。 Gedenkboek。 記念本。 トレードエディション。 による貢献 アルマ・マーラー(1879-1964) (ウィーン、1919年XNUMX月)。

24-04-1920。 グスタフマーラーフェスティバルアムステルダム1920ウィレム・メンゲルベルク(1871-1951)。 Gedenkboek。 記念本。 トレードエディション。 による貢献 Gertrude Forstel(1880-1950)。 (ウィーン、1919年)。 「ジュビリーウィレムメンゲルベルクは、オランダでの単なるお祭りの日ではありません。 ウィレムメンゲルベルクが祝われる日は、この地球で音楽が聴こえる限り、喜びの日ですが、特に私たちメンゲルベルクがグスタフマーラーについて彼が最も偉大なことをしたことに感謝している私たちオーストリア人にとっては特にそうです。 彼のバトンの先端で、彼はグスタフ・マーラーが立っていなければならない世界を魅力的な推進力で示しました。 世界は今、両方を理解しています。 メンゲルベルクのフェスティバルが音楽史の饗宴の日であるのはそのためです。 私たちがメンゲルベルクに群がる日、この饗宴の日の太陽の光がウィーンの端に孤独な墓を落とし、シンプルな墓石が輝くと、グスタフの墓からの悲しみであるホーランドに挨拶が返されますマーラーの相続人。 ウィーン、1919年。 Gertrude Forstel(1880-1950)"

24-04-1920。 グスタフマーラーフェスティバルアムステルダム1920ウィレム・メンゲルベルク(1871-1951)。 Gedenkboek。 記念本。 トレードエディション。 による貢献 ジャスティン(アーネスティン)ローズマーラー(1868-1938) および アーノルド・ヨーゼフ・ローズ(1863-1946)。 ヴァイオリンソロ Lied 5:Der Trunkene im Fruhling (ダスリードフォンデアエルデ).

1920 グスタフマーラーフェスティバルアムステルダム1920。 マーラーフェスト。 お祭りの本。 饗宴の本。 沿って ルドルフ・メンゲルベルク(1892-1959)。 S.ボッテンハイムの編集。

1920 グスタフマーラーフェスティバルアムステルダム1920。 マーラーフェスト。 お祭りの本。 饗宴の本。

1920 グスタフマーラーフェスティバルアムステルダム1920。 マーラーフェスト。 お祭りの本。 饗宴の本。 グスタフ・マーラー(1860-1911) by エミール・オルリック(1870-1932)。 によって署名されました グスタフ・マーラー(1860-1911) のために アムステルダムロイヤルコンセルトヘボウ: 'Meinen lieben Freunden und Kunstgenossen in dankbarer Erinnerumg an unzahlige Freuden und Genusse、herzlichst、Gustav Mahler'(私の愛する友人や仲間のアーティストに、数え切れないほどの喜びと喜びを心から思い出してください、GustavMahler)。 ニューヨーク、2月1910。 年1910.

07-05-1920 and 14-05-1920. グスタフマーラーフェスティバルアムステルダム1920。 小ホールでのレクチャー。 リヒャルト・シュペート(1870-1932)グイドアドラー(1855-1941)アルフレード・カゼッラ(1883-1947)ポール・ステファン(1879-1943)、フェリックスサルテン(1869-1945)。

09-05-1920 and 11-05-1920. グスタフマーラーフェスティバルアムステルダム1920。 「マーラーフェスティバル期間中の国際室内楽フェスティバル」。 アレクサンダーシュミュラー(1880-1933)。 小ホール。 アルフォンス・ディーペンブロック(1862-1921)アルフレード・カゼッラ(1883-1947).

13-05-1920。 グスタフマーラーフェスティバルアムステルダム1920。 SSヤンピーテルスゾーンコーエンに乗って。

13-05-1920。 グスタフマーラーフェスティバルアムステルダム1920。 SSヤンピーテルスゾーンコーエン。

番号の識別:

13-05-1920。 グスタフマーラーフェスティバルアムステルダム1920アルマ・マーラー(1879-1964) および アーノルド・シェーンベルク(1874-1951)。 SSヤンピーテルスゾーンコーエン。

13年05月1920日。 グスタフマーラーフェスティバルアムステルダム2020:Gertrude Foerstel(ストライプのドレス)、 マチルデメンゲルベルク-ウッベ(1875-1943) (白い帽子)、 アルマ・マーラー(1879-1964) (ダークスカーフ付きダークハット)、 アーノルド・シェーンベルク(1874-1951) (ダークハット、ピン、傘)、マチルデシェーンベルク。 前に: アレクサンダーシュミュラー(1880-1933)。 SSヤンピーテルスゾーンコーエン。

13-05-1920。 グスタフマーラーフェスティバルアムステルダム1920。 SSヤンピーテルスゾーンコーエン。 前に アレクサンダーシュミュラー(1880-1933) (中)と レオニード・クロイツァー(1884-1953) (右)。

13-05-1920。 グスタフマーラーフェスティバルアムステルダム1920。 SSピーテルスゾーンコーエン。 前に アレクサンダーシュミュラー(1880-1933) (中)と レオニード・クロイツァー(1884-1953) (右)。

13-05-1920。 グスタフマーラーフェスティバルアムステルダム1920。 座っている:シグリッド・オネーギン、 アレクサンダーシュミュラー(1880-1933), アルマ・マーラー(1879-1964)Gerrit Hendrik de Marez Oyens(1811-1883)サラ・チャールズ・カイエ(1870-1951), レオニード・クロイツァー(1884-1953)。 後ろに立っている:SAM Bottenheim(左)とJoseph Groenen(中央)。 SSピーテルスゾーンコーエン。

13-05-1920。 グスタフマーラーフェスティバルアムステルダム1920アーノルド・シェーンベルク(1874-1951)アルマ・マーラー(1879-1964) アムステルダム港のマチルデシェーンベルク。

13年05月1920日。 アムステルダム。 SSヤンピーテルスゾーンコーエン。

14-05-1920。 グスタフマーラーフェスティバルアムステルダム1920リヒャルト・シュペート(1870-1932) と妻。

16-05-1920, 19-05-1920 and 20-05-1920. グスタフマーラーフェスティバルアムステルダム1920グスタフマーラーフェスティバルアムステルダム1920。 「マーラーフェスティバル期間中の国際室内楽フェスティバル」。 主催コンサート アレクサンダーシュミュラー(1880-1933)。 小ホール。 ユリウス・レントゲン(1855-1932)カール・ニールセン(1865-1931)ルドルフ・メンゲルベルク(1892-1959)アーノルド・シェーンベルク(1874-1951)アメディ-エルネスト・ショーソン(1855-1899).

19-05-1920。 グスタフマーラーフェスティバルアムステルダム1920. アルマ・マーラー(1879-1964) および アーノルド・シェーンベルク(1874-1951) アムステルダムの港をボートで旅しました。

19-05-1920。 グスタフマーラーフェスティバルアムステルダム1920。 ボートトリップ。 アーノルドシェーンベルクとF.ウィーボー(アムステルダムの財政と芸術問題のオランダの市会議員)。 右側に帽子をかぶって座っている カール・ジュリアス・ルドルフ・モル(1861-1945).

1920年。ザントフォールト。 グスタフマーラーフェスティバルアムステルダム1920アンナ・ジャスティン・マーラー(グッキー)(1904-1988)?、ゲオルクシェーンベルク、 アルマ・マーラー(1879-1964),  アーノルド・シェーンベルク(1874-1951) とマチルデシェーンベルク。

1920年。ザントフォールト。 グスタフマーラーフェスティバルアムステルダム1920。 マチルデシェーンベルクと リヒャルト・シュペート(1870-1932)アーノルド・シェーンベルク(1874-1951)ウィレム・メンゲルベルク(1871-1951) および マチルデメンゲルベルク-ウッベ(1875-1943).

1920年。ザントフォールト。 グスタフマーラーフェスティバルアムステルダム1920. アーノルド・ヨーゼフ・ローズ(1863-1946)?, リヒャルト・シュペート(1870-1932)アーノルド・シェーンベルク(1874-1951)、?、マチルデシェーンベルク、 ウィレム・メンゲルベルク(1871-1951) および マチルデメンゲルベルク-ウッベ(1875-1943) (後ろに)。

1920 エルヴィン・シュタイン(1885-1958)アントン・ヴェーベルン(1883-1945) および アーノルド・シェーンベルク(1874-1951).

1920 グスタフマーラーフェスティバルアムステルダム1920。 祭りのリハーサル中に撮った写真。 ヘンドリック・フライジャー(1876-1955) (管理者)、S。ブレザー(メンバー アムステルダムロイヤルコンセルトヘボウ管弦楽団(RCO)コルネリス・ドッパー(1870-1939)、ブッシュ夫人、 ウィレム・メンゲルベルク(1871-1951) とアドルフブッシュ。

1920 グスタフマーラーフェスティバルアムステルダム1920。 で作られた写真 アムステルダムロイヤルコンセルトヘボウ:ほとんどのボーカリスト:立っている:Jos Groenen(バリトン)、 サラ・チャールズ・カイエ(1870-1951) (アルト)、ジャック・ウルルス(テノール)、イローナ・ドゥリゴ(アルト)、トム・デニス(バス)、ジョー・ブッカース・ヴァン・オグトロプ(大統領) トゥーンクンスト合唱団)。 座っている: Gertrude Forstel(1880-1950) (ソプラノ)、 ウィレム・メンゲルベルク(1871-1951)Aaltje Noordewier-Reddingius(1868-1949) (ソプラノ)。

1920 グスタフマーラーフェスティバルアムステルダム1920。 はがき アルマ・マーラー(1879-1964) 〜へ ヴァルター・グロピウス(1883-1969) in ワイマール。 交響曲第8番(21年05月1920日)について。

21-05-1920。 グスタフマーラーフェスティバルアムステルダム1920。 外国人ゲストのマニフェスト。

  1. イタリア: アルフレード・カゼッラ(1883-1947) (作曲)。
  2. フランス:フローランシュミット(1870-1958)(作曲家)。
  3. スイス: オスカー・ビー(1864-1938) (導体)。
  4. アメリカ合衆国:オルガ・サマロフ・ストコフスキー(1882-1948)(ピアニスト)。
  5. デンマーク: カール・ニールセン(1865-1931) (作曲)。
  6. オーストリア: アーノルド・シェーンベルク(1874-1951) (作曲)。
  7. イギリス:サミュエル・ラングフォード(1863-1972)(評論家)。
  8. スウェーデン:ジュリアス・ラーベ(1890-1969)(評論家)。
  9. ノルウェー:ヨハン・ハルヴォルセン(1864-1935)(作曲家)。

21-05-1920。 グスタフマーラーフェスティバルアムステルダム1920。 XNUMX人の記念プラークグループ。 ロケーション: アムステルダムロイヤルコンセルトヘボウ、大ホール、入り口左近く、ステージ前。 によるスピーチの後 ヘンドリック・フライジャー(1876-1955)、彫刻家トゥーン・デュピュイ(1877-1937)によって設計された(そして会社ベジエによって実行された)XNUMXつのプラークが、マーラーとメンゲルベルクの遺物とともに発表されました。

21-05-1920。 グスタフマーラーフェスティバルアムステルダム1920. ロイヤルコンセルトヘボウアムステルダム市、 オランダ。 記念プラーク1。 ウィレム・メンゲルベルク(1871-1951).

21-05-1920。 グスタフマーラーフェスティバルアムステルダム1920. ロイヤルコンセルトヘボウアムステルダム市、 オランダ。 記念プラーク2。 グスタフ・マーラー(1860-1911).

21-05-1920。 グスタフマーラーフェスティバルアムステルダム1920ロイヤルコンセルトヘボウアムステルダム市、 オランダ。 記念プラーク2。 グスタフ・マーラー(1860-1911).

21-05-1920。 グスタフマーラーフェスティバルアムステルダム1920. ロイヤルコンセルトヘボウアムステルダム市、 オランダ。 記念プラーク3.オランダ語からの翻訳:「マーラーフェスティバル19.6may21.20を記念して25周年を記念して ウィレム・メンゲルベルク(1871-1951) のディレクターとして ロイヤルコンセルトヘボウ"

21-05-1920。 グスタフマーラーフェスティバルアムステルダム1920。 トーン・デュピュイ(1877-1937)の銅メダル、胸像 ウィレム・メンゲルベルク(1871-1951) および グスタフ・マーラー(1860-1911)、65mm。 ウィレム・メンゲルベルク(1871-1951) これらを外国人ゲストと何人かの友人に与えました。

22-05-1920グスタフマーラーフェスティバルアムステルダム1920.  アントニー・ロール(1864-1940) 提供 ウィレム・メンゲルベルク(1871-1951) ろう者の芸術家グスティヌス・アンブロシ(1893-1975)によって祭りの間に作られたブロンズ。

1920 グスタフマーラーフェスティバルアムステルダム1920. ロイヤルコンセルトヘボウアムステルダム市、 オランダ。 記念石。 ロイヤルコンセルトヘボウ。 場所:廊下。

05年06月1920日。 JH(Koos)Speenhoff(1869-1945)による「DeAmsterdammer」の詩「Over-Mahlert」 マーラーフェスティバル1920アムステルダム.

1920-07-06フォーレンダム。 ボートトリップ ザイダージー によって提供されるフォレンダムへ ウィレム・メンゲルベルク(1871-1951) および マチルデメンゲルベルク-ウッベ(1875-1943) のメンバーに ロイヤルコンセルトヘボウ管弦楽団(RCO / KCO) との管理スタッフのメンバー ロイヤルコンセルトヘボウ に感謝する グスタフマーラーフェスティバルアムステルダム1920.

組織委員会の守護聖人

組織委員会(1919)

組織小委員会(1919)

管理

  • 組織委員会が支払うクエストの旅費と宿泊費。 オランダ国境からのファーストクラスの列車。
  • 海外からのゲストのために許可とビザが手配されています。
  • 組織委員会の要請に応じて、外国のユニオンオランダは、アムステルダム国立美術館とアッシャーカンパニーのダイヤモンドグラインダーへの訪問とXNUMX回のボートトリップ(XNUMX回はアムステルダム港を通る)のクエストの遠足を手配しました。
  • 記念本(1919年に作成開始)

レビュー

1920年1949月、初のマーラーフェスティバルが指揮者ウィレムメンゲルベルクの下でアムステルダムで開催されました。 ウィーンの作曲家エゴン・ヴェレスは、私が翻訳した新自由新聞のXNUMXつの別々の記事に、イベントに関する詳細なレポートを書きました。 XNUMXつはフェスティバルの始まりで、もうXNUMXつはフェスティバルの終わりでした。 蓄音機や放送の前に、これらの初期の公演について読むのは興味深いだけでなく、世界がまだどれほど不安定であったかを思い出させてくれます。 この記事に添付されている写真は、真ん中に広い黒い帽子と白いブラウスを着たアルマ・マーラーと、右(左)にアーノルド・シェーンベルクがいるルーズラップを示しています。 床に座っているのはリヒャルト・シュペート(右からXNUMX番目)です。 真ん中に立っているのはエゴン・ヴェレスで、群衆の中には出版社のエミル・ヘルツカもいます。 エゴンの妻エミー・ウェレス。 アルマの継父カール・モル; グイドアドラーとアントンフォンウェーベルン。 この写真は、ウェレスが添付の記事で説明している休日に撮影されたものである必要があります。 XNUMX年にメンゲルベルクの事務所からウェレスに宛てた手紙の次の投稿に示されているように、メンゲルベルクに対する賞賛とウェレスによって表明された一般的な楽観主義の多くは裏切られることになっていました。

17年1920月XNUMX日:Neue Freie Presse、Dr。EgonWellesz

これは、他の作曲家がおそらく期待できなかった程度の認識です。 ここアムステルダムでは、グスタフ・マーラーの全作品を聞く予定です。 一連の出来事と偶然の一致は、文化に狂った市民と指揮者のウィレムメンゲルベルクの組み合わせ、マーラーを確立するためのたゆまぬ努力が、アムステルダムを彼の交響曲が他のどこにも見られない要塞として確立したことを意味します。 このようにして、天才から始まり、指揮者を燃え上がらせて、これまでにない新しい美しさ、新しい偉大さの予言者となるサークルが完成し、今では大規模なコミュニティに影響を与え、彼らは献身的な感謝の気持ちを込めて、プロバイダーに戻って彼に敬意を表する。

ウィレム・メンゲルベルクは、アムステルダムのコンセルトヘボウ管弦楽団の指揮者を25年間務めています。彼は、これを想像もしなかった水準にまで引き上げました。 ミュージシャンと指揮者の間に隔たりは感じられません。 むしろ一緒に、それらはパフォーマンスの過程でより近くなるより高い団結を形成します。 これは、何十年にもわたる相互の努力と規律の期間にわたってのみ発展することができる理解です。 最高のものは単に十分です。 指揮者とオーケストラの間のこの目的の単一性は、マーラーの作品を他のどこにも、ウィーン自体でさえも理解するようになった一般の人々にも引き継がれています。 マーラーが彼の最初の無条件の成功を楽しんだのはここアムステルダムでした。 そしてここから、彼は新しいインスピレーションと新しい仕事をしたいという願望を持って帰国しました。 1903年に彼が1回目と3回目、1904年に2回目と4回目、1906年に5回目、1909年に7回目を行ったのはここでした。 そして、物議を醸しているマーラーとほぼ同時期にメンゲルベルクが行った演奏の数を取り入れれば、コーラスとオーケストラが作曲家自身の楽器になったことを一度理解することができます。選択:アムステルダムは、マーラーの音楽の栽培と保存に、バイロイトがより輝かしい年にワーグナーにしたことを目的としています。

* * *

マーラーの60歳の誕生日を祝うために、ウィーン人としてアムステルダムに旅行しなければならないのは奇妙ではありませんか? 芸術と芸術家の両方に夢中になっているウィーンは、この出来事を単に無視しました。 そして、マーラーの精神が繁栄するのは、ここアムステルダムにありますが、感謝しています。 ここの誰もが彼を知っていて、彼を崇拝し、評価していたようです。 彼の奇行は、そのような人格にもたらす健康的な敬意と出会った-そのようなものが期待され、評価される人格。 彼の交響曲、神秘的、宗教的精神に宿る精神が深く感じられます。 ここでのレセプションは、彼の創造性の最も広い弧のために開かれています。 ここでは、細部の重要性が彼に続きました。 自分自身や自分の芸術的意見を裏切ることなく、芸術家との敬意を表する距離で、この街で維持された人。

***

メンゲルベルクは、アムステルダムの彼の友人から特別な評価を受けたはずでした。 個人的な認識の代わりに、彼はアムステルダムがマーラーフェスティバルを開催できる都市であり、メンゲルベルクの決定的な解釈でマーラーのすべての作品を聞くために世界中の人々が訪れることを要求しました。 今日私たちの世界を悩ませ続けているまだ不明確な[政治的]関係は、この目標へのわずかな障害を表していないようでした。 フェスティバル委員会は前例のない寛大さで挑戦しました。 オランダとの国境を越えた参加者をオランダの特別ゲストにすることが決定されました。彼らは旅行、宿泊、すべての費用の手配をカバーしました。この寛大な行動のおかげで、私たちウィーン人は参加することができました。

旅は、「オランダエクスプレス」の快適で混雑していない馬車に乗って、仲間の旅行者の小さなグループにとって幸せな気分で始まりました。 私たちは問題なくすべての国境を越え、アムステルダムに遅滞なく到着しました。 私たちは、荷物を管理し、私たち全員をそれぞれの地区に連れて行ったフェスティバル委員会のメンバーに会いました:ホテルと個人の宿泊施設で。 すべてのイベントのチケットは、プログラムとともに、私たちの宿舎ですでに私たちを待っていました。 すべてが完璧に機能しました。何も忘れられませんでした。どんなに些細なことでも、すべてのニーズが満たされました。 ウィーン人は特別な寛大さと礼儀をもって迎えられました。 地元の人々は、私たちがまだ故郷で苦しんでいる剥奪と困難をよく知っており、彼らの同情と理解を私たちに明確にするためだけに、私たちができるだけ快適になるように最善を尽くしています。共有され、価値のある文化。 ウィーン人がオープニングイベントで主要な演説を与えられたのはこの文脈でした。

「ホフラト」[帝国裁判所評議会–オーストリア独自の称号]グイド・アドラーは、マーラーの記憶の中で芸術家と男性に触れた温かい感謝のスピーチでイベントを開始しました。 彼は彼らの共通の家と彼らの若い年を一緒に、彼らの最初の広い世界への出発とともに話しました。 彼はマーラーの創造性のルーツと、彼の作品を特徴付ける民謡の性質、行進のリズム、そして[軍国主義的]信号の呼びかけとの関係について話しました。 彼は、彼のワンダーホーンリーダーに発展するであろう軍隊と田舎の民謡の両方を思い出しました。

ポール・ステファンは、マーラーの劇場監督についてのメモなしで活発なスピーチをしました。 彼は、マーラーがオペラの舞台製作に貢献したことと、視覚的表現をこれまで以上に幻想的で魅惑的な画像に強制する方法を短いセクションでスケッチしました。彼は、想像もしなかった経験に到達するために達成したすべてのことを概説しました。 どちらのスピーチも、心からお見舞い申し上げます。 XNUMX番目のスピーチは、同じくフランスで多くの時間を過ごしたイタリアのアルフレード・カゼッラによって行われました。 彼のスピーチは、芸術的および知的精神の新しい国際的な生活のための深遠な宣言でした。 彼は、終戦以来初めて、友、敵、中性の概念がもはや存在しないすべての国の人々が集まった方法を強調しました。これが、この団結を生み出すことができたマーラーの精神でした。 彼は私たち全員が感じた何かで締めくくりました: '芸術は世俗的な問題とは別に常に存在してきました。 さまざまな人々を支援したり汚したりする宣伝手段として、それはもはや卑劣になったり高揚したりすることはありません。 人類は今、以前にお互いに敵を呼んだ人々を団結させます。 以前はすべての精神的な絆を壊し、憎しみと不信の洪水の後、今や平和の鳩が現れた戦争の冷酷さに。

***

最初のフェスティバルイベントのためにコンセルトヘボウの講堂に到着します。 表彰台は赤いツツジの花輪で覆われ、月桂樹の木がオーケストラを囲む合唱団の座席の後ろに配置されています。 最前部にはマーラーの胸像があります。 メンゲルベルクは数分間続く拍手に出て行き、真空のような沈黙が続きます。 彼はジェスチャーをし、コーラスは音なしで上昇します。 バトンの鋭いラップと「嘆きの歌」のオープニングが聞こえます。

メンゲルベルクとのリハーサル:ホールは大きなカーテンでステージから仕切られています。通常は合唱団が座っており、メンゲルベルクが仕事で彼を観察するために特別に招待した世界中のミュージシャンや指揮者がいます。 マーラー自身の生涯以来、彼の作品のリハーサルがどうあるべきかを体験することができるのはここだけです。 外部の完璧さが要求され、少しでも粗雑に聞こえるパッセージが繰り返されます。 一般的なリハーサルの後、メンゲルベルクは翌日弦楽器に会い、コンサートマスターと最初のバイオリンの特定の人物をリハーサルします。 別の時点で、彼はチェロを持ち込み、希望する表現の強さを達成するまでカンティレナのパッセージをリハーサルします。 大声で不愉快な言葉はありませんでした。 オーケストラは、彼が要求するすべてが完全に正当化され、彼の意志に疑いなく譲歩することを知っています。

***

この街でのメンゲルベルクの重要性は、アムステルダム全体がフェスティバルの精神にとらわれている方法で感じられます。 音楽店はすべてマーラーの交響曲を多数展示しており、本屋はすべてメンゲルベルクに敬意を表して出版物のコピーを提供しています。これは彼が達成したことの永続的な現れです。 オリジナルは、ミュージシャンと彼の時代の重要な人物による、7巻の証言(6巻の図面を含む)の全体で構成されています。 それは、現在彼の家に誇りを持っている[Jan] Tooropによって設計された特別な胸で彼に提示されました。それ自体は、絵画、木彫り、ステンドグラスでいっぱいの小さな美術館です。 この男の影響力は、指揮者としての彼自身の規律をはるかに超えていることに注意してください。 彼の単なる存在は、すべての地元の芸術に活気を与え、決定的な影響を及ぼしました。 彼はその言葉の最高の意味での教育者です。 作品の使用人とその創造的な通訳の両方。 彼は責任を負いましたが、その実行の成功は多くの人に疑われていました。 それにもかかわらず、彼はそれを管理し、疲れることなく管理したようです。 その証拠として、21月XNUMX日からXNUMX日までXNUMX日おきにマーラーの作品を上演します。 彼が彼の最も永続的な記念碑を建てるのは、この愛と確かに敬虔な仕事です。

*****

31年1920月XNUMX日:Neue Freie Presse; エゴン・ヴェレス博士

マーラーの全作品に精通する機会を得るのはこれが初めてです。 すべてのサイクルの中で最も難しいのです。 コースを継続できるのはごくわずかです。 すべての弱点が二重に感じられ、才能のすべての限界が許されないほど明らかになります。 この旅を通して、すでに多くの献身的な関連性が書かれているので、代わりに経験の全体を関連付けることで、個々の作品についての考えを表現するために必要な言葉を自分自身で節約できると感じています。 最初に述べなければならないことのXNUMXつは、マーラーの作品がその周期的なパフォーマンスを通じてより鋭く浮き彫りになるということです。 ある作品は、一方が他方に影を落とすことなく、次の作品に備えるだけです。 最初の曲からXNUMX番目の交響曲への上昇の旅を経験し、その正当な場所に属していないと感じる作品はありません。 メンゲルベルクと彼のオーケストラの両方がこの終わりの日に達成したことは、理解できないことに国境を接しています。

ドイツを代表する指揮者の一人が公演後に私に言った、彼はそのような達成を経験した後はむしろ完全に諦めたいと言った。 しかし、ミュージシャンは、すべてのリハーサルに参加したウィーンのアーノルド・シェーンベルクの間で、彼らのユニークな中心的役割も認識しています。 そして、アメリカ、スウェーデン、ノルウェー、ドイツ、イタリアからの他の代表者がいました。 コンサートマスターのジマーマンの下での弓の正確さと音の暖かさは驚くべきものでした。 メンゲルベルクがわずかな食い違いを聞いた瞬間、彼は「体系的!」と答えます。 これは「良くない」という意味です。 この時点で、彼はフレージング内のすべての個々のトーンとすべてのポイントを容赦なくリハーサルし始めます。 「システム」とは、過去25年間のオーケストラでの彼の方法をカプセル化した言葉です。 実際には、「システム」は、頭を失うことなく、一貫した脈拍とテンポを維持するために、実行の正確さを達成するための単なる手段です。 私たちの耳には、オーボエの音が非常に奇妙であることがわかります。 彼らは強い鼻音を持っており、私たちのウィーンの楽器よりもダイナミックに弱いです。 一方、フルートは威厳があり、フルサウンドです。 トランペットとトロンボーンは素晴らしいです。 もうXNUMXつの並外れた金管楽器奏者は、指が楽器の鍵に直接触れないように手袋をはめているバスチューバです。

メンゲルベルクの指揮ジェスチャーは正確です。 彼は右手で鋭く精力的に殴ります。 彼の左は、しばしば拳で弾かれ、表現を伝え、入り口を示すために使用されます。 彼は、このホットヘッドが議事録より上に上がる前に、彼のかなり小さな体全体を振り回すことによってクライマックスに達します。 彼は、同じ人々との相互信頼と理解で長年働いてきた彼のオーケストラに好意的に対処する方法を持っています。 時折、リハーサルの雰囲気はナイフエッジでバランスが取れているように見えますが、この時点で、彼は冗談を言って状況を救います。 彼は長いストレッチをリハーサルし、その後になって初めてオーケストラに何を変えたいかを伝えます。 彼は技術を説明するだけでなく、作曲家の個々の意図が何であったかをオーケストラに伝えます。 彼が響き渡る響きのある声で話すとき、他の誰も音を立てません。 人は内面の接触を感じます、そしてそれは彼が彼のプレーヤーから最高の結果を達成することができるということです—ちょうど名人が彼の楽器から最高を得るように。 彼らは正確に調整し、過渡的なパッセージの各リハーサルを通して協力します。 リハーサル中にマーキングを考える人は誰もいません。メンゲルベルクは常に完全な音と最高度の緊張と集中力を要求します。 典型的なリハーサルプログラムのXNUMXつは、次のようなものでした。

09:00から13:00まで、彼は4番目と5番目の交響曲をリハーサルします。 夕方には、9日と5日の20.00から22.00までのリハーサルがあります。 22.00に、彼は8番目の交響曲の合唱をリハーサルし、5番目のコンサートマスターはXNUMX番目からAdagiettoをリハーサルしました。 彼はミュージシャンが休憩中に休むようにします。 彼らは乳白色のコーヒーとチーズサンドイッチの無限の供給を与えられます。 リハーサルの後、メンゲルベルクは家に戻り、翌日のリハーサルのスコアを深夜まで調べます。

しかし、彼の側では当然のことと思われることは何もありません。 彼は朝起きてリフレッシュし、ゼロから権威を再確立しなければなりません–彼は表現を達成するための彼の試みを単なるルーチンに置き換えることによって、資格の感覚を裏切りません。 観察するようになった私たちにとって、それは彼がスナップすることなく緊張を生み出し、コントロールを失うことなく感情を引き出すことができる方法の啓示です。 これらのフェスティバルのパフォーマンスはユニークです。 彼らは、公演を行った人々や公演に参加した人々によって示された献身の中で一致したことはありません。 そのようなベンチャーを繰り返す試みは失敗する運命にあります-そのような事業の繰り返しがある場合、それは完全に異なるアプローチを要求するでしょう。 マーラーの作品全体を創作者から切り離し、ようやくより広い世界に送り出すのは初めてです。 マーラーはもはやウィーン、オーストリア、ヨーロッパだけに属しているのではなく、今や全世界に引き継がれています。 例:この冬、第8交響曲はニューヨークで演奏され、メンゲルベルクは他のさまざまなアメリカの都市でマーラーの作品を発表し続けます。 マーラーの音楽が音楽愛好家の大衆に与えるこの基本的な効果は、最初からマーラーを賞賛していた人々にとっては驚きであるに違いありません。 しかし、彼の音楽の復活の日はもうすぐです。私たちの誰もがそれを予期することはできませんでした。

***

アムステルダムのマーラーフェスティバルは、彼の交響曲とオーケストラの歌の演奏で時系列に設定され、19回の公開リハーサルと30回の国際的な現代室内楽の演奏が追加される22夜の演奏で聞くことができます。 公演はアムステルダムで30:23に始まり、00:6または1:1まで続きます。 XNUMX月XNUMX日の最初のコンサートでは、「嘆きの歌」、「さすらう若者たち」、「第XNUMX交響曲」を聴きました。 マーラー自身の下でさえ、「嘆きの歌」のより完全なバージョンを聞くことはできなかったでしょう。 経験豊富な作曲家によって編成された、活気に満ちた若々しい才能のこの作品は、壊滅的な効果をもたらしました。 その印象に驚いたのは、第XNUMX交響曲の最後の楽章の効果であり、私を含む多くの人が、現在の演奏まで彼の最も弱い作品のXNUMXつと見なしていました。 メンゲルベルクは、まったく異なる絵を描くために、作品を一緒に描く方法を知っていました。

翌日、すでに報告したマーラーについての講義と、第2交響曲の一般的なリハーサルが行われました。 翌日には、コーラスの入り口の謎と静けさを味わうことができた人々が忘れることのできないパフォーマンスを披露しました。'Arisen–はい! アリセン!」 ホーンとトランペットでの呼び出しの後。 また、メンゲルベルクが合唱とオーケストラの両方の最終予備を抽出したときの「ウルリヒト」の演奏や決勝の強力な急増も忘れることはできません。

3月10日月曜日の第12交響曲の演奏は、メンゲルベルクにとって特別な祝賀会となりました。 王妃ハインリッヒは月桂樹と花の花輪の両方を手渡し、グスタフ・マーラーの人生と仕事を称えるために努力した訪問者と地元の音楽愛好家の両方に紹介されました。 4月5日水曜日の第4回フェスティバルコンサートでは、第4回と第5回の交響曲が演奏されました。 後者は、ウィーンのようにオランダで、最もめったに行われないもののXNUMXつです。 しかし、メンゲルベルクの指示の下で、それは並外れて永続的な印象を残しました。 一方、XNUMX番目は「成功の時」として出会った。 ある夜の公演で両方の交響曲を組み合わせるのは、一般の人々にとっては挑戦でしたが、同時にXNUMXつの作品を比較するユニークな機会を提供しました。 第XNUMX交響曲では、マーラーがよりポリフォニックになり始めたため、初期の作品のスタイルから逸脱しているのが聞こえることは明らかです。 第XNUMX交響曲の中で、このプリンシパルはすでに見事に発達しています。

翌日は完全に無料で、パフォーマーとリスナーの両方に必要な休息の期間をもたらしました。 午後、私たちは一緒にインドの蒸気船を見に行きました。そこでは、貨物船の到着を見て、荷降ろしのために植民地から戻ってきたことは間違いありませんが、日常の活動の過程で地元の港を見る機会を提供しました。彼らの商品。 すべてがより大きな全体の一部であるように見え、近年の焦土を生き延びたと思われる人口の印象を提供しました。そして今、二重のエネルギーで、より広い文化的使命とともにさまざまな国を結びつけていました。

ある種の不安を持って第6交響曲の演奏を予想した。 この作品は、アムステルダムでは前作や「大地の歌」ほど知られていません。 そして再び、私たちは勝利を経験しました。 マーラーの下でウィーンで行われたこの作品の最初の演奏を思い出すと、ここではパーカッションとブラスが柔らかく、実際に比べるとほとんど落ち着いているように感じます。 マーラーの交響曲の中で最も偉大で最も可塑的なもののXNUMXつであるに違いない最後の楽章は、メンゲルベルクの指示の下で特にやりがいがありました。 彼は、ゆるぎないコントロールと楽器のバランスによって、クライマックスへの着実な発展をコントロールすることができました。すぐに到着することはなく、音楽の主題の密集した結び目を見事に解き明かしました。

第7交響曲は、マーラーの原稿を所有し、それを「彼の」交響曲と非常によく見ているメンゲルベルクにとって非常に特別な場所です。 しかし、この交響曲に独自のアムステルダムの愛着を与える多くの内向きのつながりがあります。 マーラーの最初の「Nachtmusik」は、レンブラントの「Night-Watchman」に触発されました。 メンゲルベルクはオーケストラに、音楽は絵画自体では理解されるべきではなく、マーラーで解き放たれた絵を見るという一連のビジョンの中で説明されました。 街の屋上に月明かり。 ささやく恋人たち。 牧夫の鐘の遠い音。 メンゲルベルクは、仕事の意味を説明しました–技術的な側面は長い間解決されてきました。 演奏のXNUMX週間前に、彼は信頼できる副ドッパーに弦と真鍮の両方を渡して、別々にリハーサルし、メンゲルベルクがいくつかの粗いエッジをやすりで磨くだけで作業の精神に翼を追加できるように準備しました。

第7番の演奏に続いて、第8交響曲に要求される技術的要件に対応するために、時系列の作業が中断されました。 したがって、マーラーの最も変貌した作品である「大地の歌」と第9交響曲が続き、その演奏はマーラーの死を記念する日に落ちました。 この演奏が示した畏敬の念、ミュージシャンの神秘的な変容を言葉で表現することはできません。 最後の音がホールで響き渡り、その後は沈黙だけが続き、それは私たちが講堂を離れるときに維持されました。

フェスティバルの記念碑的なハイポイントは、第8交響曲の壮大なパフォーマンスでした。 最初のヴァイオリンはカール・フレッシュが率い、ヴィオラはアドルフ・ブッシュが率いた。 最初のソプラノは相変わらずGerturdFörstel夫人でした。 2番目のソプラノはNoordewter-Reddingtus夫人でした。 アルトはカイアー夫人とブリゴ夫人、テノールのウルリス夫人でした。 ピアノに座って レオニード・クロイツァー(1884-1953)。 繰り返しになりますが、深夜まで続く無限のリハーサルがあり、合唱とオーケストラの両方が関わっていました。 その後、ソリスト、ハープ、ピアノによる個別のリハーサルが行われました。 すべてがメンゲルベルクの超越的で飽くなき力の支配下にあり、誰もが驚いて、彼が望むように彼らと一緒にやることを許しました。

交響曲の演奏の充実に加えて、その間の自由な日にXNUMXつの室内演奏が追加されました。 これらは教授の指導の下で行われました アレクサンダーシュミュラー(1880-1933) ピアニストのラモンドと組織して、 レオニード・クロイツァー(1884-1953)、シュナベル、ストコフスキー夫人、そして素晴らしいチェリストのモリッツ・レーヴェンソン。 一緒に、彼らは、とりわけイタリアの作曲家カゼッラ、フランス人フローラン・シュミット、そしてアルトゥル・シュナーベルの重要な声楽作品からなる一連の代表的な現代室内楽リサイタルを発表しました。

グスタフ・マーラーの作品と人物を一般の人々に近づけるために、さらにXNUMXつの講義が提供されました。 フェリックス・サルテンは、マーラーの作品が引き出した雰囲気と、彼の人物とウィーンの街の両方が果たした役割をグラフィックで表現してくれました。 マーラーの信頼できる伝記作家であるリヒャルト・シュペートは、メンゲルベルクが最近私たち全員に目に見えて伝えてきた芸術家と彼のビジョンの勝利について話しました。 これらの講演は、アムステルダムで開催されるこのフェスティバルの永続的な記念として保管され、公開されることが合意されています。

***

フェスティバルの文脈での作品のパフォーマンスには特別な何かがあります。 最近の経験では、以前の公演の記憶がすり抜けていくのをすでに感じていましたが、それは私たちが説明できないものとして残っているだけです。 それにもかかわらず、私たちが世界中で別々の道を進むとき、私たち全員を結びつける永続的な何かが生き残ります。

このイベントが開催される可能性があるのは、 アントニー・ロール(1864-1940), リチャード・ヴァン・リース(1853-1939) および Jan Dudok van Heel(1867-1930)。 プログラムの制作とプレゼンテーション、および付随するメモの作成については、ゲストリストとイベントを企画したルドルフメンゲルベルク氏に感謝します。 フェスティバルの運営については、ベンカーズ・ファン・オグトロプ氏とフレイジャー氏、そしてデ・マレス・オイエンス氏に感謝します。

***

私たちウィーン人にとって、これは芸術的に大きな利益であっただけでなく、偉大な人間性の表れでもありました。 一人は再び友情と愛に囲まれました。 私たちのホストの寛大さは、私たちが[ベートーベンが彼の第9交響曲で設定したシラーの]「AlleMenschenwerdenBrüder、wodeinsanfterFlügelweilt」という言葉を再び信じることができるほどでした。 芸術的な何かという共通の目標は、私たちを自分自身から、そして私たちを超えてもたらし、芸術的で深遠な真剣さの雰囲気を作り出しました。 これが起こる可能性があることを、私たちはメンゲルベルクである男と彼の支持者と友人の輪に感謝しています。

この場所から生まれた善の精神が、美しいものすべてを支え続け、人々が再び永遠の友情に結びつくようになりますように。

特別な情報源

エラーを見つけた場合は、そのテキストを選択してを押して通知してください Ctrlキー+ Enterキー.

スペルミスレポート

次のテキストが編集者に送信されます。