「ストラヴィンスキーの春の祭典が35年に発売されたとき、この重要な音楽オブジェクトが1982年近く販売されていたとは思いません」と、マーラーに関するXNUMX冊の本の著者である批評家ノーマンレブレヒトは述べています。 「これは非常に歴史的な文書です。 それはおそらく音楽の販売ではなく、主要なアートの販売で販売されるべきであり、それは非常に重要です。」

「復活」交響曲は、それも知られているように、オーストリアの作曲家が夏休みにアルパインと湖畔の隠れ家で作曲したものです。 それは彼が中央ヨーロッパからニューヨークに彼を連れて行った指揮者としての平行したキャリアの間に書いたたったXNUMXつの完成した交響曲のXNUMX番目でした。 「のような人々による作品の完全なサイン交響曲 ヨハネス・ブラームス(1833-1897), アントン・ブルックナー(1824-1896) or グスタフ・マーラー(1860-1911)、素晴らしいロマンティックなレパートリーの集大成であり、それらは表示されません。 これは最大のXNUMXつです」と、サザビーズの本と原稿のスペシャリストであるサイモンマグワイアは言います。

原稿交響曲第2番.

原稿交響曲第2番 – 楽章1:アレグロマエストソ:Mit durchaus ernstem und feierlichem Ausdruck.

原稿交響曲第2番 – 楽章1:アレグロマエストソ:Mit durchaus ernstem und feierlichem Ausdruck.

原稿交響曲第2番 – ムーブメント2:アンダンテモデラート。 Sehrgemächlich.

原稿交響曲第2番 – ムーブメント2:アンダンテモデラート。 Sehrgemächlich.

原稿交響曲第2番 – 楽章3:ruhig fliessenderBewegungで.

原稿交響曲第2番 – 楽章4:「ウルリヒト」。 Sehr feierlich、aber schlicht.

原稿交響曲第2番 – ムーブメント5:「Aufersteh'n」。 Im Tempo desScherzos。 野生のherausfahrend.

原稿交響曲第2番 – ムーブメント5:「Aufersteh'n」。 Im Tempo desScherzos。 野生のherausfahrend.

18-12-1894。 原稿交響曲第2番。 サインオフ。

オーナー原稿No.1: グスタフ・マーラー(1860-1911)

  • 期間:1895-1911。

オーナー原稿No.2: アルマ・マーラー(1879-1964)

  • 期間:1911-1920。 相続人。

オーナー原稿No.3: ウィレム・メンゲルベルク(1871-1951) 1920から

オーナー原稿No.4: ギルバート・カプラン(1941-2016) 1984から

  • 01年01月2016日に亡くなったギルバートカプランは、1967年に金融雑誌インスティテューショナルインベスターを設立したニューヨーカーでした。彼はで第XNUMX交響曲に出会いました。 カーネギーホール 1965年のコンサートで、その経験によって眠れなくなった。 「彼は、この作品がどういうわけか彼の人生のライトモティーフであることに気づきました」と、カプランの友人であり伝記作家であるレブレヒトは言います。 彼は、1982年に国際通貨基金の会議のために町の著名人が出席したニューヨークのコンサートで、非常に複雑な作品を指揮するという彼の夢を最初に実現しました。 「世界の財政的リーダーシップはホールにありました」とレブレヒトは言います。 「彼らは皆、金融サミットから降りてきました。 彼は彼の評判全体を線上に置いた。」 1984年にインスティテューショナルインベスターを非公開の金額で売却し、75万ドルと噂されたマーラーに夢中の出版社は、第XNUMX交響曲のリサイタルと録音を数多く実施しました。
  • カプランは、第XNUMX交響曲の原稿を ウィレム・メンゲルベルク(1871-1951) 彼はそれを自分のために保管するのではなく、ニューヨークのピアポントモーガン図書館に置き、公共用のファクシミリ版を出版しました。
  • 「彼はそれについてまったく所有格を持っていませんでした。 マーラーを気にかけているのなら、マーラーの原稿を見に来ることが許されていました」とレブレヒトは言います。 「原稿には精神があります」とビチコフは言います。「手書き、紙の感覚、消されたものに。 それは全世界に属しています。 所有者が誰であろうと、それを本当に気にかけている人々がそれを利用し続ける必要があります。
  • 期間:1984-2016ギルバートカプラン財団。

ギルバート・カプラン(1941-2016)   原稿交響曲第2番.

  • のオークション 原稿交響曲第2番 29年11月2016日火曜日、グリニッジ標準時午前10時、ロンドンのサザビーズで
  • 00年07月2016日次のオークションの発表:「人々はしばしば、それがどのように行われるのかを尋ねます。 説明するのは非常に難しいです」と、世界最高のオーケストラの多くを率いてきたロシアの指揮者セミヨン・ビシュコフは言います。 「それの終わりに、あなたはあなたが地獄を通り抜けて天国に到着したと感じます。 彼が言及している作品は、グスタフ・マーラーの交響曲第2番であり、ビッチコフによって「音楽文明の最大の記念碑の90つ」と称賛された、29人の強力なオーケストラと合唱団の全力を必要とする生と死に関する巨大な音楽です。 。 11年2016月232日、指揮者としての彼の日中の仕事からの休憩中にマーラー自身の手で記された交響曲の1888ページのオリジナル原稿がロンドンのサザビーズによって販売されます。 作曲家による完全な交響曲の最初のサインがオークションに登場し、1894年に3.5つのモーツァルト交響曲が4.5万ポンドで販売されて以来、音楽原稿としては2.5万ポンドから1987万ポンドの調達が見込まれています。
  • 17年08月2016日香港:サザビーズで展示中。 17年08月2016日、18年08月2016日、19年08月2016日。
  • 30年08月2016日ロンドン:テキストサザビーズロンドン:

  • 02年11月2016日ハンブルク:ハンブルクで展示中。
  • 04年11月2016日ロンドン:入札登録は締め切られました。
  • 13年11月2016日ロンドン:サザビーズのカタログテキスト:サザビーズ、音楽とコンチネンタルの本と原稿、ロンドン| 29年2016月10日午前30時16406分| L36:ロットXNUMX、マーラー、グスタフ、第XNUMXシンフォニーの直筆原稿(「復活」)、XNUMXつの動きでの完全な作業

作曲家の特徴的な大胆な音楽の台本に、主に濃い黒のインクで、一部は茶色または紫のインク(最後の29ページは紫のインク)で、18ページあたり最大94の譜表に書かれた、記念碑的で劇的な原稿。最初の18つのムーブメントでは青いクレヨンで、最初と最後の動きの終わりに作曲家によってそれぞれ刻まれ、日付が付けられた最後の動き:「Sonntag1894。April(232)35renovatum」と「Beendigtam Dienstag、den 27. Dezember 24zuHamburg」。 28ページ、大きなフォリオ(c.1894 x XNUMXcm)、XNUMXおよびXNUMXステーブの紙、タイトルページなし、バインドされていないビフォリオ、各ムーブメントは作曲家によって個別にフォリオ化され(XNUMX番目は別の手でページ付けされています)、元の作曲構造を保持します挿入された葉とビフォリオ、最初のXNUMXつの動きへの以前のステッチの痕跡、ステッチされていない最後のXNUMXつの動き、マーラーのコピー家による下マージンへの鉛筆による注釈、モダンな布で覆われた折りたたみボックス、金箔のレタリングラベル、主にハンブルク(一部の部分もおそらくシュタインバッハアムアターゼーで)、XNUMX年XNUMX月からXNUMX月に、マージンにいくつかの折り目があります。

  1. 「マエストソ。 Mit durchaus ernstem und feierlichem Ausdruck」は、15のビフォリオで構成され、残りのステッチは合計58ページです。
  2. 「アンダンテコンモト」は、8つのビフォリオ、ステッチの残骸、合計30ページで構成されています。
  3. (スケルツォ)、14のビフォリオ、53つは番号なし、ステッチの残骸、合計XNUMXページで構成されています。
  4. 「Urlicht」。 Sehr feierlich、aber schlicht」、8つのステッチされていないビフォリオ、合計XNUMXページで構成されています。
  5. 「ImTempodesScherzos。 ワイルドヘラウスファレンド!」、21のステッチされていないビフォリオ、合計83ページで構成されています。

推定3,500,000– 4,500,000 GBP

収益

この原稿には、申し分のない来歴があります。 マーラーは生涯にわたってそれを保持し、1920年にアムステルダムでの最初のマーラーフェスティバルの際に、彼の未亡人アルママーラーから指揮者のウィレムメンゲルベルクに贈られました。 1951年に指揮者が亡くなった後、メンゲルベルク財団に渡され、1982年からハーグのGemeentemuseumに寄託されました。最後に、金融出版社であり、マーラーの偉大な愛好家であるギルバートカプランは、1984年に財団から原稿を取得しました。ニューヨークのモーガン図書館&博物館に寄託されています。 この原稿は、今日まで公開市場で提供または販売されたことはありません。

カタログノート

これは、ほぼ22年間オークションで提供される最高のオートグラフ音楽原稿です。 同等のサインは、1987つのモーツァルト交響曲(サザビーズロンドン、457年1月1994日、ロット317)とシューマンの第1959交響曲(サザビーズロンドン、XNUMX年XNUMX月XNUMX日、ロットXNUMX)のサインのみです。 マーラーによる完全な交響曲のサインは、ほぼXNUMX年間オークションに出品されていません。 実際、サザビーズがXNUMX年にマーラーの最初の交響曲を販売して以来、ロマン派の偉大な作曲家であるブラームス、チャイコフスキー、ブルックナー、マーラーによる完全な交響曲のサインはオークションで販売されていません。 これは、そのような原稿を入手するまたとない機会です。

マーラーの記念碑的な第XNUMX交響曲は、すべてのXNUMX世紀の交響曲の中で最も壮大でした。 広大な力と長さ(約XNUMX時間半)で、ベートーベン、ベルリオーズ、リストの合唱の前身を、その広大な範囲と構想で簡単に上回りました。 これはコンサートレパートリーの標準的な作品であり、すべての偉大な指揮者によって演奏および録音されています。 マーラーは、木管楽器(ピッコロ、Eフラットクラリネット、コントラファゴットを含む)、トランペットXNUMX本、フレンチホルンXNUMX本、トロンボーンとチューバXNUMX本、ハープXNUMX本、オルガン、大規模な楽器をそれぞれXNUMX〜XNUMX本含むXNUMX人以上のプレーヤーのオーケストラを必要としています。パーカッションのバッテリーと可能な限り最大の弦楽器。

これは完全なシンフォニーの唯一の直筆原稿です:バーゼル、イェール、ニューヨーク、ロンドンに分散している個々の動きの初期の草稿があり、かなりの数のスケッチの葉があります

ウィーンや他の場所で。 マーラーの交響曲、その最高の栄光への偉大なフィナーレのサインスコアは他にありません。 マーラーはこれを彼の完全な交響曲の公正なコピーとして始めましたが、その後、青いクレヨンと紫のインクでオーケストレーションに重要な変更を加え、E-フラットクラリネット、追加のティンパニ、ハープパーツなどの新しい楽器を導入して原稿を改訂しました。 これらの変更は、第XNUMXおよび第XNUMXの動きで特に広範囲です。 マーラーはまた、第XNUMX楽章のオープニングを改訂します。 彼の手には鉛筆画があり、原稿は彼の最終版とは著しく異なります。 この原稿は、変更されておらず、トリミングされておらず、バインドされていないために特に重要です。 それは、マーラーが彼の作品の最終的な音楽構造をどのように作成したかを反映し、明らかにする、元の物理的形態を保持しています。 マーラーは一連の番号付きビフォリオ(シートを折りたたんでそれぞれXNUMXページを形成)に原稿を書きました。このシーケンスへの葉の挿入と抽出は、マーラーがどのようにして傑作を最終的な形にしたかを示す重要な証拠です。 現在図書館にある彼の交響曲の他の写本はほとんどが綴じられており、時には葉が分離されて警備員に取り付けられているため、そのような証拠は取り返しのつかないほど失われています。 ギルバート・カプランが出版したファクシミリは、原稿の色を忠実に再現していますが、この物理的構造は何も示していません。

マーラーの「復活」交響曲は、生と死の問題を扱っています。 そうすることで、それは1893世紀の交響曲の集大成を表しています。 それは彼の最もアクセスしやすく、間違いなくそのような実存的問題の彼の最大の初期の扱いであり、これが彼の最も人気のある作品のXNUMXつである理由です。 マーラーは、ベートーベンがXNUMX番目に達成した形式の拡張に基づいて、偉大な伝統に従っていました。 その作品はまた、シラーのヒューマニストの歓喜の歌を表現し、すべての楽章を結びつける素晴らしい合唱フィナーレで締めくくられました。 これらの革新は、ベルリオーズとリストによって、致命的、超自然的、悪魔的、神秘的な概念を表現するために開発されました。 マーラーは、交響曲のこの継続的な発展と拡大が、より壮大でより深遠な概念と「感情の新しい要素」を表現したいという願望と密接に関連していることを十分に認識していました。 彼はXNUMX年にハンブルクで次のように書いています。「作曲家は、(ベートーベン)から、気分の基本的な色合いだけでなく、感情的な生活のより深く複雑な側面を創造的な仕事の領域に取り入れ始めました。つまり、純粋な喜びや悲しみなどです。など-しかしまた、ある気分から別の気分への移行-対立-自然と彼女の私たちへの影響-ユーモアと詩的なアイデア-は音楽的エミュレーションの対象でした…」。 形而上学、宗教問題、実存主義のすべての側面がマーラーを魅了し、彼は絶えず哲学的問題に夢中になり、音楽を通してそれらを反映しました。

当時、マーラーは作曲家よりも指揮者、特にオペラの指揮者としてよく知られていました。

必然的に、彼の毎日の食事はベルリオーズとリストではなく、ウェーバーのデアフライシュッツ、ベートーベンのフィデリオ、モーツァルトのドンジョヴァンニと魔笛、ロッシーニのイルバルビエールディシヴィリア、ますますマイヤービアのレヒューグノ、ビゼーのカルメン、ヴェルディ、ワーグナーのオペラ。 指揮者としての彼のレパートリーには、1885をはるかに超えるオペラが含まれ、その多くはいくつかの異なる作品で上演されました。

当然のことながら、マーラーの「復活」交響曲は鮮やかにドラマチックな作品です。 それは、死を克服することにおける人間の精神の勝利を描いています。最初の楽章での描写は、ヴェルディのレクイエムと同じくらい劇的で恐ろしいものです。 長い最初の楽章で、マーラーは私たちに死との執拗な闘いを提示し、ハ短調の運命的な鍵にしっかりと縛られています。 XNUMX分以上続くさらに野心的なフィナーレには、荒野で泣いている声、最後のトランプ、復活、そしてそれに至るまでのすべての闘争が含まれています。 マーラーのXNUMX年間のオペラ指揮の経験は、特に舞台裏の金管楽器とパーカッションの印象的な使用において、彼の劇的なプレゼンテーションに影響を与えました。

マーラーはもともと1888年1893月と1894月に最初の楽章を作曲しましたが、交響曲を続けることはできませんでした。 彼は後に彼の公正なコピー「Todtenfeier」(葬儀)のタイトルを変更しました。 彼は29年1894月に再び作品を取り上げ、第1830、第1894、第XNUMX楽章を書きました。 XNUMX年XNUMX月になって初めて、マーラーは最初の楽章を改訂し、彼の偉大なフィナーレを作曲することによって、これらの異なる楽章をまとまりのある全体に組み立てることに戻りました。 XNUMX年XNUMX月XNUMX日、ハンブルクで偉大なピアニスト兼指揮者のハンスフォンビューロー(XNUMX-XNUMX)の追悼式に出席したとき、彼はインスピレーションを得ました。 マーラーはアーサー・ザイドルに、彼の偉大な作品を結びつける結論に固執したのはその時だけであると説明しました。「私は長い間、最後の運動で聖歌隊を連れてくることを考えていました。ベートーベンの模倣は私を何度も躊躇させました。 それからビューローが亡くなり、私は追悼式(トッテンファイアー)に行きました…オルガンのロフトにある合唱団は、クロップストックの復活の合唱団を調子を整えました。 それは稲妻のように私に点滅し、すべてが私の心の中で明白になりました! すべてのクリエイティブアーティストが待ち望んでいたのは、「聖霊による受胎」でした! 私が経験したことは、今や音で表現されなければなりませんでした。」

マーラーは1896回、交響曲についての説明的なプログラムを作成しました。XNUMX年の手紙の中で、マーラーは次のように書いています。 人生と彼が屈服しなければならない運命、そして彼の死と格闘している。 XNUMX番目とXNUMX番目の楽章、アンダンテとスケルツォは、倒れた英雄の人生からのエピソードです…最初のXNUMXつの楽章は物語の性格ですが、最後の楽章ではすべてが即時の行動です。 それはスケルツォの死の叫び声(終わり近くから繰り返される)から始まります。 そして今、人生の贖いという恐ろしい問題の解決。 最初は、信仰と教会によって作られた形でそれを見る…それは最後の審判の日である…地球は震える。 ロールロールを聞くだけで、髪の毛が逆立ちます! 最後のトランプが鳴ります。 墓が開き、すべての創造物は地球の腸から身もだえし、泣き叫び、歯ぎしりします。 今、彼らは皆、物乞いや金持ち、庶民や王たちなど、力強い行列で行進しています…今では、期待されていたものは何もありません。 ただの男でも、悪行者でも、裁判官でもありません! すべてがなくなりました。 そして、そっと簡単に始まります:「Aufersteh'n、jaaufersteh'n」(復活のコラール:「再び立ち上がる、はい立ち上がる」)…」。 別のカタログにあるこの原稿の包括的な説明を参照してください。 サザビーズは、スティーブン・ヘフリング教授とポール・バンクス教授のアドバイスと支援に感謝しています。

サザビーズロンドン。

原稿交響曲第2番 – ムーブメント5:「Aufersteh'n」。 Im Tempo desScherzos。 野生のherausfahrend.

  • 29年11月2016日ロンドン:オークションサザビーズロンドン(29年11月2016日)。

オークション 原稿交響曲第2番.

オークション 原稿交響曲第2番

オークション 原稿交響曲第2番

オーナー原稿No.5: 2016年以降、落札者は匿名のままでいることを選択しました。

  • 29年11月2016日ロンドン:LOT SOLD。 4,546,250ポンド、5,360,043ユーロ、 5,600.000 USD。 (バイヤーズプレミアム付きのハンマー価格)。 落札者は匿名のままでいることを選択しました。 12人の電話入札者がいました。 時間42:XNUMX。

  • 29年11月2016日ロンドン:マーラーの交響曲第3.9番のオリジナル原稿のハンマー価格は4,546,250万ポンドでした。 追加されたサザビーズのプレミアムは、合計で£2.5になりました。 1987人の電話入札者がいました。 オークションで販売された主要な交響曲の唯一の同等の手書きの自筆譜には、1.5年に1994万ポンドを獲得したXNUMXつのモーツァルト交響曲の原稿が含まれます。ロバートシューマンの第XNUMX交響曲の原稿はXNUMX年にXNUMX万ポンドで販売されました。
  • 15年02月2017日ハンブルク:グスタフマーラー協会ハンブルクは、新しいマーラー美術館のもう15つの素晴らしい展示に非常に満足しています。 2017年XNUMX月XNUMX日、Katharina zuSayn-Wittgensteinと彼女の同僚のJuliaMundhenke(サザビーズ)は、ハンブルクのエリゼにあるMahler Vereinigung(Ingeborg Stifensand、Dr。AlbrechtSchultze、Dr。AlexanderOdefey)の取締役会に素晴らしいファクシミリを引き渡しました。ギルバート・カプランの地所からのグスタフ・マーラーによる第二交響曲のオリジナルスコアの版。 マーラー協会への贈り物の衝動は、マルセラシルバ(カプラン財団)によって開始されました。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

原稿とスケッチの詳細

  • The Sources in Detail(p。336)、Reinhold Kubik著、David Pickettによる英訳:

Sketch1:スケルツォのスケッチ(p。336)(1901年以前)

オーストリア国立図書館ウィーン、Musiksammlung、

コールマーク:Mus.Hs。 41.421

26.5年にKammersängerAntonDermotaの不動産から購入した横向きの34x 1993cmのXNUMX枚のシート。

によって作成された印刷された譜面用紙 エバールの音楽出版社、ウィーン、「JE&Co。/ No. 14 / 24linig。」、透かしなし。 裏面には、鉛筆で書かれた古い匿名のメモ:「Mahlers /Waldhäuschengefunden/Wörthersee1907のメモ」。 {「森の中のマーラーの小屋で見つかった音楽、ヴェルター湖1907」}。 このシートは、1908年に不動産が売却されたときに、明らかにマイアーニックの作曲小屋に残されていました。

現在知られている最も初期のスケッチ、つまり最新の1901(Reilly、NSNCp。58も参照):第40楽章の小節49〜95および106〜58のスケッチを含む短いスコアですが、モチーフの連続した実行が長くなっています。 Reilly、NSNC、p。 1(図XNUMX)。

Sketch2:スケルツォのスケッチ(p。336)(1901年まで)

ピアポントモーガンライブラリー、ニューヨーク、ロバートオーウェンリーマンデポジット、コールマークなし。

横向きの26.5枚のシート34xXNUMXcm。

によって作成された印刷された譜面用紙 エバールの音楽出版社、ウィーン、透かしの一部は「JE&Co。/ WIEN」(例:Folio 6)。 次の種類の紙が使用されました:「JE&Co。/ No. 14 / 24linig」。 (フォリオ1)、「JE&Co。/ No. 12a / 20linig。」 (フォリオ2、3、12)および「JE&Co。/ No. 18 / 18linig」。 (フォリオ4–11)。

インクで書かれ、さまざまな筆記具(黒、青、茶色の鉛筆)が追加されています。 現在、Sk2とSk3はルーズシートとしてフォルダーにまとめられています。 Sk2は合成プロセスの初期段階であり、Sk3は後期段階です。

スケッチページの内容

1r:タイトル「Scherzo」(青鉛筆)。

1v:空白。

2r:「私」(青鉛筆); バー1〜82のスケッチ。 Reilly、NSNC、p。 59(図2)。

2v:空白

3r:「リプライズ」、インクの579つのシステム(小節595〜709の素材)と鉛筆のXNUMXつのシステム(XNUMX節から始まるエピソードの素材)。

3v:第56楽章の92つの小節、つまり、四分音符(61分音符)のテーマ(Vc。、b。5ff)と第XNUMXのモチーフ(Ob。およびCl。、b。XNUMX)の(後で未使用の)組み合わせ。 ライリー、NSNCp。 XNUMX(図XNUMX)。

4r:「Einlagea」{「Inserta」}(茶色の鉛筆)。Folio1rで参照されます。つまり、40〜47小節の素材です。 ライリー、NSNCp。 59。

4v:空白

5r:「II」(青鉛筆); バー83〜128のスケッチ。 「バリエーション4」と「バリエーション5」というラベルは、形式的な構造を理解する上で興味深いものです。 さらに、後の調性の詳細、また「リプリーズ」のために

5v:bのスケッチ。 129〜135。

6r:「NurStreicher」{「文字列のみ」}(鉛筆)—「BdurIICschließtaIIbvorne an」{「B-フラットメジャーIICは前のIIbに接続」}(青鉛筆)— (さらに下)「D-dur?」 —“verrückt/dannanschließend” {“移動した(またはクレイジー?)/その後後で”}; バー136ffに関連する資料。

6v:空白

7r:「III」(青鉛筆); 別の続きにリンクされた136〜187小節のスケッチ(ただし、補遺「リプリーズ」付き)。

7v:空白。

8r:「IV」(青鉛筆); b間の開発の一部のスケッチ。 200およびb。 250。

8v:空白。

9r:「V」(青鉛筆):バー251〜300のスケッチ、その後bのスケッチ。 242ff、続き

9v:16小節のXNUMXつのシステム。

10r:「VII」(青鉛筆); セクションbのスケッチ。 280 – 388

10v:空白。

11r:「IV」(青鉛筆、取り消し線、続いてb。280ffと352ffのスケッチが多い2つのシステム)、この「VIII」(青鉛筆、b。306–336のスケッチが付いたXNUMXつのシステム)。

11v :(逆さまに)277〜280小節のホーンモチーフを持つXNUMXつのシステム。

12r:「X」(青鉛筆)—「vorherTrio」{「Trioの前」}(鉛筆)。 バーのスケッチ432ff。 注意:マーラーは、他のページでも通奏低音を使用していました(ピアノカルテットの彼の原稿を参照してください!)。

12v:空白。

Sketch3:スケルツォのスケッチ(p。337)(Sk2以降)

ピアポントモーガンライブラリー、ニューヨーク、ロバートオーウェンリーマンデポジット、コールマークなし。

横長形式の26.5枚のシート34x 2 cm(現在はSkXNUMXと一緒に保管されています。上記を参照)。

によって作られた印刷された譜面用紙 エバールの音楽出版社、ウィーン、一部透かし入り、すなわち「JE&Co。/ No. 14 / 24linig。」 (フォリオ5、6、11、15)、「JE&Co。/ No. 12a / 20linig」。 (フォリオ12)および「JE&Co。/ No. 18 / 18linig。」 (フォリオ1–4。7–10、13、および14)。

インクで書かれ、さまざまな筆記具(黒、青、茶色の鉛筆)が追加されています。

スケッチページの内容

1r:「1」(青鉛筆)、「バリエーション」(茶色の鉛筆)、同一の譜面用紙の3つの貼り付けられた断片。 バー1〜82のスケッチ

1v:空白。

2r:「2」(茶色の鉛筆)、「hier nochmals Wiederholung / Reprise / inFis-m」。 {「ここでも繰り返し/リプリーズ/嬰ヘ短調で」}(青鉛筆)、同じ種類の譜面用紙の3つの貼り付けられた断片。 バー83〜130のスケッチ。

2v:XNUMX本のバーとXNUMX本のバーを備えたXNUMXつのシステム(Trioマテリアル)。

3r:“ 3”(青鉛筆)“ Es-dur bei der Reprise B-dur” {“ E-flat major in the reprise B-flat major”}(茶色の鉛筆)、“ letzteバリエーション/ドミナンテ、トニカ” {“最後のバリエーション/ドミナント、トニック」}(リードペンシル)、下部のフレーム、「A-dur」{「Amajor」}および「4」(ブラウンペンシル)。 たった131つのシステム、ページの下の185つの譜表が切り取られています。 バーXNUMX〜XNUMXのスケッチ。

3v:空白

4r:「4」(茶色の鉛筆); バー186〜187のスケッチ、その上で直接接続されたバー201〜281

4v:空白

5r:「5」(「4」に修正、鉛筆)、最初の18本の棒は茶色の鉛筆、「トリオ」(インク)で消され、右下に282ステーブの原稿用紙の断片が貼り付けられています。 バー388〜XNUMXのスケッチ。

5v:空白。

6r:「6」、「Cis-moll」{「嬰ハ短調」}、「Einlage b」{「bを挿入」}(下部、青鉛筆)、「Reprisissimo」{「間違いなくリプライズ」}、「 Einlage b” {“ Insert b”}(上部に茶色の鉛筆)、下部に貼り付けられたページフラグメント。これは再び貼り付けられます。 丸で囲まれた389本の小節、次に428〜429小節、「Einlage b」、{「bの挿入」}に注意してください。461〜XNUMX小節。 下部の「Einlageb」はトリオ素材で構成されています。

6v:XNUMX本のバーを備えたXNUMXつのシステム(?)

7r:「7」が「3」(青鉛筆)から変更され、下部の「バリエーション6と12をフォロー/ eventuell nochmals MittelsatzEs-dur」{「バリ​​エーション6と12が続きます。 /おそらく再び中央セクションの変ホ長調」}(茶色の鉛筆)と「mitVeränderung」{「変化あり」}(鉛筆)。 バー462〜526のスケッチ。 ライリー、NSNCp。 60(図4)。

7v:ページの中央に「Reprise-Var」(茶色の鉛筆)というタイトルのみで構成されています。

8r:「8」(青鉛筆)、下部のフレーム、取り消し線、「ÜberganginsTrio」{「Trioへの移行」}、および「#kom(m)t bei derReprise」{「 reprise」}(青鉛筆)、次に「1gr。 Terz tiefer / cis-m "{"長三度下/嬰ハ短調 "}および" bleibt "{" stet "}(鉛筆); 上部に579枚の紙片が貼り付けられています。 開発セクション(b.608–XNUMX)の資料は、その後、異なる方法で継続され、いくつかの不正スタートが部分的に取り消し線で囲まれました。

8v:空白。

9r:「V」–「IIb」(取り消し線)と「9」(青鉛筆)、「bei der Reprise als Anfang zum」、「eventuell」、「— Anfang / wahnsinnig / durch alle Tonarten hetzen!」 {「最初からのリプライで」、「おそらく」、—始まり/必死/すべてのキーを追いかけます!」}(青鉛筆)。 “ 1)Coda / 2)Überleitung/ zum Trio / 3.)Trio” {“ 1)Coda / 2)Transition / to the Trio / 3.)Trio”}(鉛筆)、“ richtig” {“ correct”} (茶色の鉛筆); 左下に小さな紙片が貼り付けられています。 バー632〜655のスケッチは、その後、異なる方法で続行されました。 楽器の詳細(「Tromp.Hörner」){「トランペット、ホーン」}の真っ只中に、「マーラー」、さらに「グスタフ」があります。

9v:空白。

10r:「Coda」、「10」、「eventuell」{「おそらく」}(青鉛筆)、「Seite 3 / Reprisissimo」{「ページ3 /間違いなくリプリーズ」}(茶色の鉛筆)、鉛鉛筆の右下「SchlussSkizzenbuch」{「スケッチブックの終わり」}(662番目のスケッチブックがあったことは間違いありませんが、残念ながら失われました)と「TrioReprise」。 673〜683小節のスケッチで始まり、まったく異なる方法で続き、690〜709小節のスケッチと他のさらに詳細な続きが、ホーンエピソードの領域で終わります(XNUMX節)。

10v:空白。

11r:「11」(青鉛筆)、「Einlage b」{「bを挿入」}および「Hörner」{「角」}(茶色の鉛筆)、「1トンタイファー」{「709音下」}(鉛鉛筆) ; 737小節から782〜XNUMX小節までの、XNUMX番目のホーンエピソードのスケッチと、それに続く取り消し線付きの続き。

11v:空白。

12r:「12」(青鉛筆); 小節768〜782のスケッチで始まり、その後、動きが終わります(したがって実現されません)。 ライリー、NSNCp。 60(図3)。

12v:いくつかの短いスケッチ、その中には690〜696小節。

13r:「Einlageb」{「Insertb」}(茶色の鉛筆)、「1 Quarte tiefer」{「201番目に低い」}(鉛の鉛筆); バー239〜XNUMXのセグメントに対応する、リプライ用に指定された(ただし使用されていない)パーツへのスケッチ。

13v:空白。

14r:「コーダ」(茶色の鉛筆)、「IIIb」(青の鉛筆)。 Trio素材で消されたフラグメント。

14v:空白。

15rおよび15v:書き込まれていません。 これはSk2の最初のシートの後半の署名です。

Sketch4:スケルツォのサインのタイトルページ(p。338)(1901年XNUMX月のマイアーニック日付)

BayerischeStaatsbibliothekMünchen、Musiksammlung、Moldenhauer-アーカイブ、コールマークMus.ms。 22740。

横向き26.5ページ34x 12 cm、「JE&Co。/ No.20a / 2linig」。 前面にインクで:「1901。 Satz /(Scherzo)/(2年3月。Maierniggbendet」(最後の単語は削られているが判読可能)。背面には、鉛筆で逆さまに「DerTamboursg'sell」。 交際は、Sk12とSk1901の終末前兆を提供します。 Der Tamboursg'sellは、22752年XNUMX月XNUMX日に誕生しました(同じコレクションのMus.ms. XNUMXの日付)。

Aut:サインスコア(p。338)(1902年秋– 1903年春)

ピアポントモーガンライブラリー、メアリーフラッグラーケアリーミュージックコレクション、コールマークCARY509。

1964年まで、原稿はアルマ・マーラーのものでした。 その後、ロバート・オーウェン・リーマンの所有物となり、その署名は内側のフライリーフに1983回見られます。 XNUMX年に、メアリーフラッグラーケアリーからの財政的支援を受けて、ピアポントモーガン図書館に買収されました。

1960年代に、原稿はXNUMX枚のシートに分解され、その後製本されました。 残念ながら、これにより、サインの収集番号に基づいて再構築することはできますが、収集のグループ化の元の状態は失われました。 壮大なダークレッドのレザーシングルボリュームには、背骨にゴールドで刻印された「グスタフ/マーラー/ V /シンフォニー」が描かれています。

原稿には日付がないため、構成の日付や書き留めの日付への参照は含まれていません。 アルマの回想によれば、それは1902/03の冬の数ヶ月の間に生まれたかもしれません。 音楽パートの前に置かれているのは、次のサインが刻まれたフールスキャップのシートです。「Meinem lieben Almscherl、/ der treuen und tapferen Begleiterin / auf allen meinenWegen。 /ウィーン、1903年1903月。」 {「私の愛するアルムシェル、/忠実で勇敢な仲間/私のすべての旅に。 /ウィーン、1年1992月。」}その下に、タイトル「V. 交響曲/fürgroßesオーケストラ/グスタフマーラー。 / I. Abtheilung / Nro 33.(Trauermarsch)」Kaplan XNUMX、p。 XNUMX。

音楽パートは、294 x 34cmの縦長形式の26.5ページの手書きページで構成されています。 マーラーはXNUMX種類の紙を使用しました エバールの音楽出版社:「JE&Co。/ No.5 / 18linig。」 および「JE&Co。/ No.6 / 20linig。」 いくつかのシートには、Sk1とSk2にも見られる透かしがあります(上記を参照)。 バーラインは、鉛筆と定規で全体に描かれています。 メモ、左マージンの楽器名、および黒インクのシステムブラケット。

筆記具が異なるエントリは、マーラーによる改訂のいくつかの段階を示しています。 これに関連して、以下の観察を行うことができます。 XNUMX番目とXNUMX番目のムーブメントには、鉛筆、青鉛筆、茶色の鉛筆、青、明るい紫のインクのサインがあります。 ただし、第XNUMX楽章には、この楽章でのみ使用された赤と茶色のインクのエントリが非常に多くあります。 アダジエットでも、マーラーがスコアの「損傷なし」の外観を維持したかったかのように、すべての変更は削り取りと黒インクによって行われました(修正されたメモは最初は鉛筆で表示され、次にインクでトレースされる場合があります)。 Rondo-Finaleでは、ほとんどの変更はスクレイピングと黒インクによっても実行されました。 他のいくつかのエントリでは、マーラーは鉛筆と紫のインクを使用しました。

アルマの手書きは、この原稿に間違いなく201回見られます。第3楽章では、b。 272「709。 Ob。 nimmtengl。 時間。」 {「710番目のオーボエがコーラングレに変わる」}およびb。 XNUMX「geth」。 チェリの{「分割」}、およびXNUMX〜XNUMX小節の第XNUMX楽章では、最初のヴァイオリンの音符。 バイオレットインクで追加された詳細(臨時記号や一時停止の欠落など)もアルマに由来するかどうかは、明確に明確にすることはできません。

第一楽章

これは46ページの面で構成されます(鉛筆のページ番号「3–48」はマーラーに由来しません。直筆のビフォリオ番号1〜12、各ビフォリオは4ページの面で構成されます。ただし、4枚のシートで構成されるビフォリオ34は例外です)。 。 {翻訳者注:ここでは、ビフォリオという単語は、53 x 34 cmの用紙を意味するために使用され、半分に折りたたまれて、ページサイズが26.5 x XNUMXcmの原稿用紙のXNUMXページ面になります。}

ページ1(b。1–9):Reillyが誤って書いたように(NSNC、p。63)、トランペットステーブの上の大きな引っかき傷は、メモではなくテキストを消去し、内容が明らかに次のように解読可能です。 Triolen stets etwas” {“トリプレットは常にいくらか”} —それでは読めません。

2ページ(b。10–18):エントリ「nichtschleppen!」 bのトリプレットの横にある{「ドラッグしないでください!」}。 11。

第二楽章

再び、サインのサブタイトル「Nro 2(Hauptsatz)」でフールスキャップのシートが最初に配置されます。 {"番号。 2(主な動き)」}音楽パートは、17ページの各面に16の集まりで構成され、17ページの2と64のみを集め、XNUMXページの面を合わせます。

17ページ(b。138–146):「ダ・カーポ」、ダブルバー、繰り返し記号が鉛筆で追加されました。同様に、ムーブメントの最初の「セーニョ」も同様です。 したがって、この繰り返しは後で追加されます!

33ページ(b。283–291)鉛と茶色の鉛筆のエントリ:「Anm。 fd Setzer / NB Clarinetten nach A umschreiben bisincl。 Bog 10 "{"彫刻家への注意/ NBクラリネットをビフォリオ10までAに変更してください "}。 アルマはすでに彫刻コピー(StV)で要求された転置を実行しました。

61ページ(b。557–564):最初のヴァイオリン「旗」。 {「調和」}青鉛筆で; 変更された表記は、サイン入りのエントリとして彫刻コピーに表示されます。 マーラーがStVに入力した改訂の多くをサインに「転送」したように見えます。

第三楽章

2枚のフールスキャップシートが最初に配置され、サインのサブタイトルは次のようになります。 Abtheilung / Nro 3.(Scherzo)」{「第2部/ No. 3(Scherzo)」}。 80の音楽ページサイド、つまり20のビフォリオが続き、それぞれ1つのページサイドがあります。 マーラーの改訂はここで特に多数あるので、これは交響曲の起源の観点から最も古い楽章であり、他の楽章よりも明らかに完成度が低かった。 最初のページだけ(b。10–63)には、赤と青のインクと茶色の鉛筆の修正と追加があります。 最初の62つのバーの謎めいた追加は、黒インクで行われました。 Reillyは、これらのバーがすべてのスケッチにすでに存在していることを正しく指摘しています(NSNC、p。7;図解、同上p。3、Ill.4)。 1小節目と2小節目(つまり、一度にb。XNUMXとb。XNUMX)の既存の消去は、マーラーが実際に別の始まりを簡単に計画し、単にホーンコールを忘れなかった可能性があることを示しています。

2ページなど:三角形の部分は、後で鉛筆で追加するものとして全体的に区別できます(すでにStVに含まれています)。

数字のない謎めいた数式は、5ページの下余白を飾ります(b。43–53)。

35ページは24枚の18譜面用紙で、その裏に音楽(XNUMX譜面用紙)が貼り付けられています。 下と前には何もありません。 おそらく、前のページにコピーされた変更は非常に広範であったため、書き直しが必要でした。

運動の終了後:「längerePause」。 {「長時間の一時停止」}

第XNUMX楽章

通常のフールスキャップのシートは、サインのサブタイトル「3。 Abtheilung / Nro 4(Adagietto)/ und Nro 5(Rondo-Finale)」。 {“ 3rd Part / No.4(Adagietto / and No.5(Rondo-Finale)”}次の音楽パートは、26ページの各面に4のビフォリオで構成され、その結果、104ページの音楽が書かれています。Reillyは変更について詳しく説明しています。カプラン1992年のAdagiettoの追加、p。46–57。

bのテンポ表示。 96は「Sehrzurückhaltend!」と読みます。 {「モルトリテヌート」}

第五楽章

5番目に折りたたまれたシートの最初の面を直接Adagiettoに接続します。 5つの動きの間に、「folgt ohne Unterbrechung / NroXNUMX」という指示があります。 {「No.XNUMXは途切れることなく続く」}

この動きでは、手書きはスラップダッシュです。 明らかにそれは非常に急いで書かれました。

100〜103ページ(758ページ以降):ページの下部に鉛鉛筆で追加されたシンバル部分。

StV:彫刻コピー(p。340)(アルマ・マーラー作、春に始まり、1903年XNUMX月に完成)

ニューヨーク公立図書館、コールマークJOB 85–9。

1903年春夏にマイアーニックで作成されたアルママーラーの手書きのコピー(バイオレットインク)(28月156日、グスタフはアルマに次のように書いています。「すべてが横たわっているのを見たとき、コピーの完成度にどれほど感動したかはまだ話していません。とても整頓されていて、私の前で完全です。」、GMA、XNUMXページを参照してください。 作曲家による多くのエントリ(主に鉛筆、時には茶色または青の鉛筆、黒と赤のインク)、編集者による多数のエントリ(黒インクの細いペン先) ピーターズの音楽出版社、PaulSchäfer(Klemm 1979、p。99)、および音楽彫刻家(細い鉛筆を使用)。

との接続 ピーターズの音楽出版社出版社は、1901/2シーズンにウィーン国立歌劇場で雇用され、顧問を務めたグスタフ・ブレッハー(ブルーノ・ワルターの介入による)によって完成されました。 ピーターズの音楽出版社 (Klemm 1979、p.10)。 14年1903月XNUMX日、 アンリ・ヒンリッヒセン(1868-1942) この原稿の受領を認めた。 第23楽章の終わり(10/03/24)と交響曲の終わり(10/03/1946)の交際は、おそらくパウル・シェーファーに由来します(彼らは彼の読書の改訂を参照しています)。 彫刻のコピーは、ウォルター・ヒンリッヒセンが1986年にニューヨークに持ち込むまで、出版社のアーカイブに残っていました。ニューヨーク公立図書館は、XNUMX年にヒンリッヒセン家からそれを取得しました。

原稿は以前に製本されていました(製本コードの残りは保存されています)。 現在、それはラッパーに保存されている緩いビフォリオで構成されています。 同じXNUMX種類の エバールの音楽出版社 サインのように譜面用紙を使用しました(上記を参照)。 アルマは全体を通してビフォリオに番号を付け、ページ番号は出版社によって黒インクで追加され、いくつかのページ番号はマーラーによって鉛筆で追加されました。 アルマは、たとえばページの分割を維持するためにさえ、サインを正しく複製することを目に見えて切望していました。 定規はありませんが、バーラインは鉛筆で描かれています。

第一楽章

最初のページには、出版社による一連のエントリがあり、読書部門と彫刻部門の作業慣行に光を当てています(図3を参照)。 楽器のタイトルとリストは、読者によって、つまり、初版に実際に登場した形で書き直されました。 作曲家の名前が追加されました。 打楽器では「3本の個別の線」が規定されていたため、(楽器グループ間の)小節線のギャップが標準化されました。 彫刻コピーのグラフィックの欠陥が修正されました(「KreuzewiegewöhnlichzumNotenkopf、nichthöhersetzen。」{「符頭の横の通常のシャープ、高く設定されていません。」})。 次に、プレート番号、著作権マークの仕様、および必要なプレート数の見積もりを見つけます。 最後からXNUMX番目のバーでは、キャストオフを読み取ることができます。つまり、最初のページで必要な譜表が上から下にカウントされ、ここで終了します。

第XNUMX楽章のXNUMXページ目には、ポール・シェーファー氏の次の面白いメモがあります。 sein)」{「個別のgracenotes /常に四分音符としてのみ/(作曲家は気にしません)」}。

マーラーの注目すべき追加、

つまり、アルマのコピーの単純な修正以上のものです

b。 59番目のトロンボーンの60〜2の音符の追加

b。 木管楽器で128平方フィート

b。 Vcの198「vielBogen」{「多くの弓の変更」}。 およびCb。

b。 Vcで242〜244平方フィートのXNUMX倍。 およびCb。

b。 385“ Griffbrett” {“ sul tasto”}、これもAutに追加

b。 397「Zurückhaltend」、{「Ritenuto」}も同様にAutに追加されました

楽章の間に紙を挿入しました(透かしが入った古い紙「ハープのあるダビデ王」と8cmのスペースに2.9本の線)。

第二楽章

b。 1–4 XNUMX回「Rapid!」、XNUMX回「aTempo」

b。 28Vl。 II

b。 42「トレム。 (Doppelgr。)」{「trem。 重音奏法」}

b。 61「Drängend」{「押す」}

b。 77時間Fgの代わりに2。 2

b。 133–140タムタム

b。 166Trp.:「semprep」

b。 189「immer」という単語の追加{「sempre」}

b。 214「アンダンテ」の代わりに「モデラート」

b。 252「pocorit」

b。 255「unmerklichbelebend」{「いつの間にかもっとアニメーション化」} —後のb。 258

b。 286Va.:「pococresc」

b。 288「Frisch / Piu mosso(subito)/ aber immer noch nicht so schnell / wie zu Anfang」{「Briskly / Piu mosso(subito)/しかし、それでも最初ほど速くはない」}

b。 295 2時間目と4時間目

b。 352「Zurückhaltend」{「Ritenuto」}

b。 356「Etwaslangsamer(ohne zu schleppen)」{「やや遅い(ドラッグなし)」}

b。 372、374 Vc。:Akzente

b。 436「Etwasdrängend」{「やや押す」}

b。 464「Plötzlichetwaseainhaltend」{「突然やや抑制された」}

b。 469「Allmähligflyssender」{「徐々に流れる」}

b。 479「Nichtschleppen」{「ドラッグしないでください」}

b。 487「vorwärts(unmerklich!)」{「以降(いつの間にか!)」}

b。 500「TempoI !!」

b。 547「ニヒトイレン!」 {「急がないで!」}

b。 ムーブメントの終わりまで557(弦は部分的に新しく、倍音の明確化)

ムーブメントの終了後、「folgtlängerePause」{「長時間の一時停止が続きます」}および「NBfürdenSetzer:2 Zeilen weiter auszuschreibenに浸ります!」 {「彫刻家への注意:常にXNUMXつの譜表に書き出す必要があります!」}(分割されたバイオリンを指します)。

原稿用紙の空のページと「ダビデ王」の透かしが入ったページが続き、その上に「zu60080」と「ピーターズの音楽出版社 /マーラー。 シンフォニー」、逆サイン「2。 Abtheilung / Nro 3 / Scherzo」{「第2部/No.3 / Scherzo」}(「Abtheilung」の「h」は、 ピーターズの音楽出版社 編集者)。

第三楽章

最初のページはアルマによってXNUMX回書かれ、XNUMX番目のコピーは最初のページに貼り付けられましたが、下にあるものを見ることができるように、隅にのみ貼り付けられていました。 次のテキストは、下にあるページのマーラーの手にあります。

「(AnmerkungfürdenSetzer:

bezüglichderOrchesterstimmen)死ぬ1のCornoobligato。Hornstimme、

1.ダイのホーン3.ホーンスティム、

3.ホーンインダイ5.ホーンスティムズレゲン」

{翻訳:}

「(彫刻家への注意:

再。 オーケストラパート)最初のホーンパートにコルノオブリガートを入れ、

XNUMX番目のホーンパートの最初のホーン、

XNUMX番目のホーンパートのXNUMX番目のホーン。」

さらに、シンバルストローク(b。4でも、このようにAutで遡及的にコピーされた)、「pizz」。 ヴァイオリンとすべての「ポコリット」で。 …テンポ」(同様に、その後サインにコピーされます); オーバーレイされたページでは、p、crescのみ。 ヘアピン、および最初のクラリネットの上のf。

重要なさらなるサインの追加

b。 11〜35 Trgl

b。 54〜55クレスク。 いずれの場合も、Vlの最初の音符にヘアピンがあります。 私とVl。 II

b。 62–81 Cym。、Trgl。、Glsp。

b。 茶色の鉛筆でコルノオブリガートを84〜86削除し、これらの音符を赤インクで最初のトランペットにコピーし、「mitDämpfer」と「Dämpferab」を追加しました。 Autとまったく同じようにすべて

b。 86 Va。最後の音符はdから修正されたものであり、したがってAutでも

b。 110〜112 Trgl

b。 115Cym。

b。 116–118ティンパニは茶色の鉛筆で突き刺さりましたが、Autにはステーブがなかったため、その起源は不可解です。

b。 143–150の新しいバージョンのVa。、彼らのピザの翻訳。 Vlへのメモ。 II、b。 150からVl。 私

b。 170〜179Fgの杖。 とティンプ。 茶色の鉛筆で打ち抜いたので、これもオートで

b。 183Vl。 私はsf

b。 Vcの230〜234スラー。 とCb。、したがってAutでも

b。 Vlの255スラー。 私

b。 264 2〜5時間:XNUMXつの音符の先頭がXNUMX拍目からXNUMX拍目にシフト

b。 270〜273 Vl IIおよびVa。

b。 348Vc。 およびCb .:四分音符Aが最初のビートからXNUMX番目のビートにシフトしました

b。 367–368 Fg。、したがってAutでも

b。 429テンポの説明が変更されました

b。 448「テンポI」

b。 462–492すべてのパーカッションを含む。 Glsp。 およびHolzklapper; もともとすでにbにあったリ​​プライズでのシンバルストローク。 bとは対照的に492。 4、「m。 テラーン」{「クラッシュシンバル」}

b。 516〜525 Glsp

b。 532 3rdCl。 “ nimmt Cl in Es” {“ E-flatクラリネットへの変更”}

b。 546–563すべてのパーカッション

b。 Eフラットの550–571クラリネット

b。 563「Frisch」{「Briskly」}

b。 578Cym。

b。 582–595ストリング:いくつかのスラー

b。 610 3rd Cl。:“ nimmt Cl in B” {“ B-flatのクラリネットに変更”}

b。 614“ das Tempo unmerklich etwas einhaltend” {“テンポはいつの間にか抑制されている”}

b。 633「(allmähligwiederzumTempo I /zurückkehrend」{「徐々に再びテンポプリモに戻る」}を追加

b。 633–635 Fg。、Cfg。:bのメモの消去。 633および634、bにfを追加。 635

b。 645–654 2〜5時間全体的にダイナミック

b。 661Trgl。

b。 662 Str。:「subito」、つまりAut

b。 685〜696 Glsp

b。 702 cornoobl.:「sempreff」

b。 731「àTempo」

b。 737「Rit。 …」

b。 743「モルトリット。 …」

b。 745「àテンポモデラート」

b。 772「ピウモッソ」

b。 779「Drängend」{「押す」}

b。 785–790 Trgl .:動的

bの下。 793「AnmerkungfürdenSetzer:/ II。 Vl、Viola u Celli / dieselbe Orthografie / wie I Vl "{"彫刻家への注意:Vl。 II、Viola、Celli /同じ表記/ Vlと同じ。 私"}

b。 799「Nochrascher」{「さらに急いで」}最後に「folgtlängerePause」{「長時間の一時停止が続く」}

第XNUMX楽章

b。 3Vl。 I:4番目の音符b-flat 'をg'から修正

b。 10テンポの説明、「(AnmerkungfürdenSetzer:Celli in 2 Zeilen /2.StimmeimBassschlüssel)」{「彫刻家への注意:2つの譜表のチェロ/ XNUMX番目の声の低音部記号」}

b。 21〜32のテンポマーキング

b。 29〜30クレ。 さらに、ヘアピン:「molto」

b。 38–41ダイナミックの変更。 Reilly in Kaplan 1992、p。を参照してください。 50〜51

b。 46〜47 Vl 動的

b。 50「スビト」

b。 57Vl。 いずれの場合も、最初のgracenote

b。 75Vl。 II:変ロ長調から修正された3番目の音符g '

b。 78Vc。 四分音符と四分音符の残りが最小値から修正されました

b。 80〜81 Vl IIメロディーのリズムの変更、これに関しては、カプラン1992のライリーも参照してください。 55

b。 87Cb.:「arco」が「pizz」に変更されました。

b。 95「vielBogen」、「viel Ton!」 {「多くの弓が変わる」、「大きな音!」} bのテンポの指示。 96は「sehrzurückhaltend!」と読みます。 {「moltoritenuto」}

第XNUMX楽章

b。 16「Etwas」{「Somewhat」}が「Wieder」{「Again」}から修正

b。 88〜91 Vl I:グレースノートとオクターブレイズ。 「AnmerkungfürdenSetzer:I.Vl。 Oktave ohne Faullenzer(sic)ausschreiben!」 {「彫刻家への注意:「最初のバイオリンオクターブを省略記号なしで書きなさい!」}

b。 100「ニヒトイレン!」 「Grazioso」の後

b。 177「(Nichteilen)」

b。 178Vc。 「sempref」

b。 181 Vc。、Cb。 「mf」

b。 191「グラツィオーゾ」

b。 228「pocorit。 …」

b。 233「àTempo/ Nicht eilen」;

b。 307「ニヒトイレン」

b。 373「グラツィオーゾ」

b。 413「Nichteilen」が削除され、「pocorit」に置き換えられました

b。 415「àTempo/ Nichteilen」

b。 428–459ストリング:いくつかのスラー

b。 583(584ではありません!)「Unmerklichetwas einhaltend」{「知覚できないほどやや抑制されている」}

b。 606「グラツィオーゾ」

Korr2:第342改訂版のブラシプルーフ(p。1904)(XNUMX年XNUMX月からXNUMX月)

アーノルドシェーンベルクセンター、ウィーン、コールマークSCO M 23、Vol。 私と巻。 II

プルーフシートがシェーンベルクの手に渡った経緯は不明です。

シート(比較的暗く、現在はもろく、日焼けした紙に片面印刷されたプルーフ)は、それぞれに「マーラー/交響曲第5号/パルティトゥール:Iサッツ」と書かれた紙ラベルが付いた濃い青の紙カバーで綴じられています(正しく1. Abteilung)および「II。 Satz / u。 III。」 (正しく:2。および3.大隊)。 (「マーラー/交響曲第5番/スコア:第1楽章」(正確には第1楽章)と「第2楽章/と第3楽章」(正確には第2楽章と第3楽章))。 製本と執筆は、「CGRöder/ Leipzig / / Notenstecherei」は、第1、第2、第3、第4の動きの最初にあります。 読んだ日付:

第1楽章「 FEB04」

第2楽章「12FEB04」

第3楽章「27FEB04」

第4楽章(および第5楽章)「– 5MRZ04」

これらの日付とそれに伴う通信(Klemm 1979、文書K14 – K19)によって、これは間違いなくXNUMX番目の修正として識別され、そのプロセスは詳細に理解できます。

マーラーは、赤、オレンジ、赤、青、黒の鉛筆で修正を入力しました。 さらに、音楽彫刻会社のスタッフによる赤インクのエントリと、黒鉛筆で疑問符が付いたいくつかの注釈があります。 最初の楽章の265〜314小節のCクラリネットのパッセージは、マーラーが自分の手で黒インクで貼り付けた五線にDクラリネットに移調しました。 この修正はEA-StpとEA-Dpから省略されました(不思議なことに、他にもいくつかありました)。 第XNUMX楽章の最後のページの裏側にあるマーラーの長さの見積もり(鉛筆):

35分(第1および第2の動き、5は0から修正)

スケルツォ17(第3楽章)

アダージョ10(第4楽章)

14(第5楽章)

76(合計期間)

それとは別に、さらに3つの期間が見つかります。 第15楽章「9分」の終わりとアダジエット「XNUMX分」の後。

第4楽章には追加の意味のあるエントリがあります

b。 74「テンポ」

b。 96「vorw(ärts)」

b。 99および101「rit。」

これらは、NMR 45、p。 7と8

KlA:オットー・ジンガーによる四手ピアノ編曲の初版(p。343)(1904年XNUMX月) プレートNo.8988

8年1904月1979日の直前に出版され、その日にマーラーは新しく印刷されたピアノの編曲のコピーを受け取りました(Klemm 102、p。34、note 3/138)。 初版は、bの1番目の部分の間違いにより、後の再版とは異なります。 第1楽章の145(貼り付けで修正)。 これは再版で修正されましたが、EA-Stpと一致する第2楽章のXNUMX〜XNUMX小節の繰り返しはその後も保持されました。

EA-Stp:研究スコアの初版(p。343)(1904年XNUMX月) プレートNo.9015

8年1904月1979日の直前に発行され、その日にマーラーは新しく印刷された研究スコアの102つのコピーを受け取りました(Klemm 34、p。3、ノート1913/1919)。 EA-Stpは、タイトルページのXNUMXつの詳細(内側のタイトル「Lith.Anst。v。CGRöderGmbH、Leipzig」が指定され、外側のタイトルにマーラーの名前が黒で表示されている)のみが、XNUMX年の変更されていない再版と異なります。赤い印刷の代わりに)。 XNUMX年の「ゲーラー」新版の印刷には別のものがあります プレートNo.8951 EA-Stpは246ページですが、スコアは251ページです。

W-Stp:マーラーのEA-Stpのコピー(p。343)(1904年XNUMX月/ XNUMX月)

ウィーン国立音楽大学の図書館、ウィーン、ブルーノ・ワルター遺贈、コールマークBWII。 38390

これは、マーラーが9015年8月1904日に会社から受け取ったEA-Stp(プレート番号1979)の102つのスコアの34つです(Klemm 3、p。17、ノート26/27)。 マーラーは28月1979日から42日まで、「小さなレタッチ」を目的として、宮廷オペラオーケストラと交響曲のリハーサルを行いました。 42月3日、彼は修正された管楽器と打楽器のパートを返しました。1904月1979日、「修正された弦と小さなスコアで、完全な変更が赤インクで入力されています」(Klemm 43.p。1、doc.XNUMX)。 指揮スコアは最初の演奏まで準備ができていなかったため、マーラーが最初の演奏を行うことができるように、ヒンリッヒセンはこの小さなスコアをオーケストラのパートと一緒にケルンに送信しました。「最も簡単なのは当然、小さなスコアから指揮することです。ケルンからライプツィヒまで持っていきます。」 (XNUMX年XNUMX月XNUMX日、Klemm XNUMX、p。XNUMX)しかし、マーラーは初演後もスコアを維持し、修正を行うためにライプツィヒに送ったのはXNUMX月XNUMX日だけでした。

赤いペーストボードに綴じられ、残念ながらその過程でトリミングされたスコアには、口絵にオーケストラのサインスケッチが含まれています。 マーラーのエントリーは、EA-DpとSt-EAの印刷にほぼ完全に組み込まれています。 スコアがブルーノ・ワルターの手に渡った経緯は不明です。

演奏時間の表示は、ブルーノ・ワルター、つまりフライリーフから始まります。 reine Musik / 63分nach II / 3 Min nach III = 3gesamt。」 (純粋に音楽69分/ II後63分/ III後3分=合計3。)さらに、各ムーブメントの終了時:「69、12½–13、14–15½、15½および7」。 おそらくこれらの詳細は、マーラーの最後のリハーサルと初演自体を参照しています。 ブルーノ・ワルターのすべての(比較的少数の)エントリーは、鉛筆で影響を受けました。 それらは主に指揮者のための特定のポインターに関係しています。 数回、彼らは音楽の意味内容に自分自身を向けます(例えば、最初の楽章、14節:「BilddernickendenPferdeköpfe」)(うなずく馬の頭の写真)。

St-EA:オーケストラの印刷パーツの初版(p。343)(1904年XNUMX月/ XNUMX月)

EA-Dp:伝導スコアの初版(p。344)(1904年XNUMX月初旬)。 プレートNo.8951

23年1904月XNUMX日の直前に発行されたその日 ピーターズの音楽出版社 マーラーに最初のコピーを送った(Klemm 1979、p。104、note 53/2)。 26月10日、1905番目のコピーが続きました。 マーラーは61年XNUMX月XNUMX日にハンブルクのヘルマンベーンにXNUMXつを与えました(カプランの献身的なタイトルページのファクシミリ、p.XNUMX)。 W-Stpでのマーラーの手書きの変更は、すでにほぼ完全にEA-Dpで印刷されています。

W-Dp:マーラーの指揮スコア(p。344)(ストラスブール、1905年XNUMX月)

ウィーン国立音楽大学の図書館、ウィーン、ブルーノ・ワルター遺贈、コールマークBWII。 38389

現在、黒いペーストボードにバインドされている(そしてその過程でトリミングされた)スコアは、パフォーマンスマテリアルの一部です。 ピーターズの音楽出版社 21年1905月XNUMX日にストラスブールの音楽とピアノのショップでS.Wolfの演奏のために配信されました。これは、内側のタイトル(「S.Wolf / Musik-Pianos / STRASSBURG」)の円形のスタンプから明らかです。 マーラーはこのスコアをリハーサルとコンサートに使用し、貼り付けられたラベル「V. シンフ/マーラー」(青鉛筆)と「マーラー」(茶色の鉛筆)の内側。

マーラーは大部分が赤インクで、時には青と茶色の鉛筆で改訂しました。 また、このスコアには、ブルーノ・ワルターによる鉛筆のエントリがあり、そのようにはっきりと認識できます。 エントリの大部分(赤インク)は、St1のエントリと一致しています(これらの部分がストラスブールで再生されたという証拠でもあります)。 彼らは写字家によってそこに置かれました。 変更の(小さい)部分は、明らかにリハーサル段階(青鉛筆)に由来します。

ある程度トリオを形成する1905つのスコアが続きます。 これらはEA-DpのXNUMXつのコピーであり、マーラーは(おそらくXNUMX年XNUMX月に)、本質的にW-Dpで行った変更をXNUMX人の同じ写字家(ウィーンにいると想定)が入力するように命じました。 マーラーは明らかにこの作品をチェックし、彼自身の手でさらに追加を行いました。 前述のエントリはすべて赤インクで作成されました。 これらの変更は、それぞれのパフォーマンス場所の力によってパーツに転送されました(これは、保存されているアムステルダムの残りの資料で確認できます)。 次に、リハーサル作業中に出現したトリエステとアムステルダムのスコアにサインのエントリが見つかります(青と茶色の鉛筆)。 これらの変更の大部分は、パフォーマンスの実際の条件、プレーヤーの能力、そしておそらく音響的要因に対する反応です。 マーラーは、それらのほんの一部だけがテキストの後の版に永続的に影響を与えることを許可しました。

Tr-Dp:マーラーの指揮スコア(p。344)(トリエステ、1905年XNUMX月)

ジュセッペタルティーニ音楽院図書館、トリエステ、コールマーク3327

古いダークブラウンのリネンの布で縛られたEA-Dpのコピーは、フライリーフに鉛筆で「ショット/ラシンフォニアマレデッタ」というエントリを付けています。マーラーの大規模な変更がもたらした熱意への言及である可能性があります。それらをオーケストラの部分に移さなければならなかった男。 「ショット」とは、トリエステのフィルハーモニー協会のエンリコ(ハインリッヒ)ショットを意味し、そこでマーラーを支援しました(GMA p.268)。 優雅な赤インクで入力された変更は、Ant-DpとM-Dpでも同じエントリで手書きが見つかった同じ写字家に由来します。 マーラーはその後、より青い色合いの赤インクでさらに変更を加えました。 最後のXNUMXページにはマーラーの手書きしか見当たらないため、写字家は完全には終わっていないようです。

赤インクがライティングデスクでの作業の明確な印である場合、青鉛筆と、書道によれば、さらに茶色の鉛筆は、リハーサル作業の過程で行われたエントリを示します。 Tr-Dpはそのような変更に満ちており、オーケストラのファーストクラス未満のレベルに部分的に関連しています(マーラーはアルマに「完全に無難で、優れた準備ができており、熱意と火に満ちている」と書いていますが、GMA p。268)。 したがって、マーラーは「bleibt」を使用してオーケストレーションから一連の間伐を撤回し、時にはそれらを強化したり(たとえば、第136楽章、b。572から)、低弦の「ソロ」をbから変更したりしました。 「2デスク/ 3デスク/ 2デスク」への第2楽章の3。 技術的な問題により、彼は130番目のヴァイオリン、157番目の楽章、bのアップスケールの代わりになりました。 2、最初のバイオリン(592番目のビートから)と同じ下降スケールですが、いくつか例を挙げます。 いくつかのエントリは、「指揮者」マーラー(たとえば、第3楽章のXNUMX節、または第XNUMX楽章のXNUMX節など、しばしば「ニヒト・シュレッペン」などの「リマインダー」)も指しています。 明らかに、これらの変更は後のバージョンに転送されませんでした。 したがって、Tr-Dpは「最終版」の版には意味がありませんが、例外的な状況下でのマーラーの作曲の適応における柔軟性の非常に興味深い記録です。

Ant-Dp:アントワープでのパフォーマンスのスコアの実施(p。345)(1906年XNUMX月)

Koninklijk Vlaams Muziekconservatorium、アントワープの図書館

1990年に再発見されたこのスコアは、Tr-Dpと同じコピー奏者によって同様の方法で作成され、アントワープでオーケストラパートの改訂に使用されました(少なくとも部分的にはベルギーの作曲家で指揮者のLodewijk de Vochtの助けを借りて) 、当時「アントワープの新しいコンサート協会」のオーケストラで25番目のヴァイオリンを演奏した、NMR 9、XNUMXページを参照)。 マーラーはそれから行動したことはなく、サインのエントリは見つかりませんでした。 (したがって、マーラーはアントワープで自分のスコアを使用したに違いありません)。 したがって、Ant-Dpは現在のエディションとは無関係です。

M-Dp:マーラーとメンゲルベルクの指揮スコア(p。345)(アムステルダム、1906年XNUMX月)

Willem Mengelberg Stichting、Gemeentemuseum Den Haag

これはメンゲルベルクの個人的なコピーであり、マーラーが1905年346月に「広範囲で重要なレタッチ…」を入力するために要求し、「これらをオーケストラの部分にタイムリーにコピーすることができます」と付け加えました。 (GMB No.8)ここでもTr-DpやAnt-Dpと同じ写字家が働いていました。 マーラーの手書きは、Tr-Dpのように、写字家の作品に少し修正や追加を加えた場合、または既知の青と茶色の鉛筆のエントリのいずれかで、赤インクで見られます。これは、明らかにリハーサル作業中に発生します。マーラーが1906年XNUMX月XNUMX日に行った演奏(ただし、トリエステよりかなり少ない)。

メンゲルベルクはマーラーの出発後1月1906日まで数回作業を行い、当然その目的のためにスコアを要求しました。 したがって、マーラーは、「私があなたと一緒にいたときに71回目に行った、非常に優れていることが証明されたレタッチを私のコピーに入力する」ために、72年1月にM-Dpを要求しました(Reeserp。339) 。 メンゲルベルクはその要求に応じた。 マーラーは、保存に値すると思われるものを(GM-Dp)に転送し、340月中旬に再びM-Dpを送り返しました(Reeser p.1)。 マーラーが新しいアムステルダムバージョンの転送で選択的に行動したことは、St1によって証明されています。 変更の一部(ウィーンの写譜家の手による)がそこに追加されていることがわかります(ローマとサンクトペテルブルクでの公演もこの資料から演奏されました)。 この例として、bにトロンボーンを追加することが挙げられます。 M-Dpに突然登場したスケルツォの87–XNUMXは、その後StXNUMXに転送されました(写字家によって)。 したがって、StXNUMXに入力されていない(そしておそらく(GM-Dp)に入力されていない)変更は、NSNCのp。 XNUMX、したがって、現在の版でも受け入れられません。 これらすべてから、M-Dpは現在の版の直接のソースを表していないということになります。

メンゲルベルクの多数のエントリ(メトロノームのマーキング、指揮技術、練習、分析、またはプログラムまたはセマンティックコンテンツに関するコメント)は、交響曲のエディションに関連して見過ごされ続ける可能性があります。 それらはWilkens(p。75–83)で非常に包括的に説明されています。

St1:マーラーが1905年から1907年の公演で使用したオーケストラパート(p.346)。 プレートNo.8952

現在、XNUMXつの場所に配布されています(詳細については、以下のリストを参照してください)。

— IGMG、コールマークN / V / 23およびN / V / 24

— Wiener Stadt- und Landesbibliothekの音楽コレクションに寄託されたUEアーカイブ(コールマークなし)

—ウィーン楽友協会のアーカイブ、コールマークA 312d

この分割の理由は確立できませんでした。 Gesellschaft der Musikfreundeのファゴット部分は、指揮者のHarold Byrnsが所有し、後にTraunsteinのW. Schmidtが所有し、1987年にStargard経由で現在の所有者に売却しました。

パーツのセット(またはその一部)は、21年1905月1日のストラスブール、1907年9月1907日のローマ、1年1905月7日のサンクトペテルブルクの公演で明らかに使用されました。 トリエステ(1905年20月1905日)、ウィーン(25年1991月9日)、ブレスラウ(XNUMX年XNUMX月XNUMX日)での公演は、いずれの場合も新しく準備されたオーケストラ素材から演奏された可能性が高いです。 アントワープについては、材料の調製に関する報告があります(NMR XNUMX、XNUMX年XNUMX月、XNUMXページ)。 アムステルダムからのセットは生き残った。

W-Stpに見られるすべてのサインの変更は、ライプツィヒで最初に写字家によって(そしていくつかのケースでは出版社の読者であるPaulSchäferによって)印刷された部分に入力されました。 その後、マーラーは彼のウィーンの写字家によって入力されたW-Dpに記載されている変更を行いました。 その後、リハーサル中と公演の合間に、マーラー自身がさらに改訂しました。 したがって、たとえば、彼はアムステルダムで作られたRetuschenのいくつかを追加しました(上記のM-Dpのセクションを参照)。

St1はマーラーからスタンプが提供され、すべてのパーツに青鉛筆で番号が付けられ(各風のパーツにはそれぞれの楽器名が付けられました)、UEアーカイブに保存されているフォルダーに保存されました。 フォルダーにはサイン入りのラベル(青鉛筆)が貼られています。 シンフ/マーラー」。 フォルダーはこの目的のために作成されました(おそらくRöder音楽彫刻工場で):すべてのパーツをまとめると(現在は5つの場所に分割されています)、フォルダーの裏側のリネンの幅は正確に収まります。

エントリとしては、少なくともXNUMX人のコピー家(インク、おそらくライプツィヒとウィーン)、出版社の読者(鉛鉛筆)、マーラー(鉛鉛筆、青と茶色の鉛筆、黒と青のインク)の手書きが見つかります。オーケストラミュージシャンの(鉛筆、時には青鉛筆)。 エントリを問題なく分類することはほぼ可能です。

St1:全部で67の部分で構成されています:

パートデスクの場所のエントリ

Vl。 I 1 IGMG N / V / 23 —

2 UEアーカイブカバー:「F。」、Ende Scherzo:「Fine」

3 UEアーカイブスケルツォの始まり:「Pepikucopakdelákàca?」

チェコ語:「ペピ、アヒルの子は何をしているの?」

4 IGMG N / V / 23カバー:「XPult」

5 UEアーカイブ—

6 UEアーカイブ—

7 UEアーカイブカバー:「ASt。」 および「FH」

8 UEアーカイブカバー:「VIII。 Pult / Asbaho uWeber。」

9 UEアーカイブカバー:「Möckel」

Vl。 II 1 IGMG N / V / 23 5番目のmvtの終わり、パフォーマンス時間:「1St 12 M

(青鉛筆)

2 IGMG N / V / 23 —

3 UEアーカイブ—

4 UEアーカイブカバー:「H」

5 UEアーカイブカバー:「VPult」

6 UEアーカイブカバー:「IVPult」

7 UEアーカイブカバー:2つのスタンプ:「Hof-Pianofortefabrik /「CMSCHRÖDER」」と、キリル文字の同じテキスト。 さらに、判読できない署名(おそらくキリル文字)

8 UEアーカイブカバー:7番目のデスクのスタンプ

Va。1IGMGN / V / 23 —

2 UEアーカイブカバー:「4。 「パルト」、第1楽章の冒頭:「3。 プルト」

3 UEアーカイブ—

4 UEアーカイブカバー:「5。 Pult」、スケルツォの終わり:「Schluß」

5 UEアーカイブカバー:「III」;

スケルツォの始まり:「Dämpferbereitlegen!」 (ミュートの準備をしてください!)5番目のmvtの終わり:パフォーマンス時間:「71分」

6 UEアーカイブカバー:「6。 Pult」と「I」

7 UEアーカイブカバー:「Vlのようにスタンプ。 II / 7番目のデスク; 「ペッター」(最後のXNUMX文字は疑わしい)

Vc。 1 IGMG N / V / 23カバー:「S—H」;

pの下部。 9:ロシア語(「skoryi」)の「schnell」(=「すばやく曲がる」)。

pの下部。 13:「シュネル」

2 IGMG N / V / 23p。 13:「Soli / VS」(= verte subito)

3 UEアーカイブ—

4UEアーカイブpの下部。 13:ロシア語で「schnell」(「skoryi」)。

貼り付けられた譜表のXNUMXつには、よく知られている エバールの音楽出版社 紋章。これは、写字家の改訂がウィーンで行われたことを示しています。

5 UEアーカイブ—

6UEアーカイブ5thmvt、図17:「6Celli」

Cb。 1 IGMG N / V / 23最後の空のページ:「MusikfestStraßburgWolf」、下:「StPetersburgJ.Malý」(図7、384ページを参照)

2 UEアーカイブ最初は、パフォーマンス期間(キリル文字):「1St。10m。」、2番目のmvtの終わり。 「27m。」、3番目のmvt「17m」の後。 そしてAdagietto「7m」の後。 音楽の最後のページの上部にある:「Ludolphi-Slovachevsky、Kaiserl。 オペラ/ 27年1907月XNUMX日。サンクトペテルブルク。」

3 UEアーカイブ—

4 UEアーカイブ—

5 IGMG N / V / 23 —

フロリダ1 IGMG N / V / 23 —

フロリダ2 IGMG N / V / 23 —

フロリダ3 IGMG N / V / 23 —

フロリダ4 IGMG N / V / 23 p.6:「プーニョ」(ラウール・プーニョはサンクトペテルブルクのコンサートでラフマニノフの第2回ピアノ協奏曲を演奏しました。)

Ob。 1 IGMG N / V / 23 —

Ob。 2 IGMG N / V / 23 —

Ob。 3 IGMG N / V / 23 —

Cl。 1 IGMG N / V / 23 —

Cl。 2 IGMG N / V / 23 p.14 / 15(4番目と5番目のmvtsの間):「p。 アンカリーニ/R.Acc。 S.セシリア/ローマ/ 30年3月907日」

Cl。 3 IGMG N / V / 23 —

Fg。 1 A-Wgmカバー:「EigentumHarold Byrns」(Harold Byrnsの所有物)

Fg。 2 IGMG N / V / 23 p.4(1番目と2番目のmvtsの間):M。Gadotti/ Accad。 di S. Cecilia / Roma / 1907″(図4を参照)

Fg。 3 IGMG N / V / 23 p.10および11(XNUMX回)「TacetAdagietto」

時間1 IGMG N / V / 23 —

時間2 IGMG N / V / 23 —

時間3 IGMG N / V / 23 —

時間4 IGMG N / V / 23 —

時間5 IGMG N / V / 23 —

時間6 IGMG N / V / 23 —

Tr。 1 IGMG N / V / 23 —

Tr。 2 IGMG N / V / 23 —

Tr。 3 IGMG N / V / 23 —

Tr。 4 IGMG N / V / 23 —

Trb。 1 IGMG N / V / 23 —

Trb。 2 IGMG N / V / 23 —

Trb。 3 IGMG N / V / 23 —

Tb。 IGMG N / V / 23 —

ティンプ。 IGMG N / V / 23 —

Perc。 1 IGMG N / V / 23 —

Perc。 2 IGMG N / V / 23 p.5:「S.-PetersburgIKapter。 1907. / V. Matassov」(キリル文字で。図5を参照)

Perc。 3 IGMG N / V / 24 —

ハープIGMGN / V / 23ハープパッセージb。 465番目のmvtで500〜2。 マーラーのエントリと最後に「Kland」という名前が付いた挿入シートに手作業でコピーされます(図6を参照)。

しっかりしたCMシュレーダー; 出版社を通じて開発された音楽ディーラーの世界的なネットワークに属していました ピーターズの音楽出版社 製品の販売またはレンタルについて(まえがきを参照)。 サンクトペテルブルクの「シュレーダー」の刻印が付いた7つの部分(ヴァイオリンII、デスク8と7、ヴィオラ、デスク22)は、ストラスブールとローマと比較してオーケストラの補数が拡大していることを示しています。 それらには、マーラーがロシアへの列車の旅の間にすでに取り組んだ他のすべての部分と同じエントリが含まれています(10. 1907. 339のアルマへの手紙、GMA p.338)。 マーラーは、サンクトペテルブルクに到着した後、「シュローダーの部品」を改訂しました(アルマへの手紙、GMAp。346およびXNUMX)。

(GM-Dp):グスタフ・マーラーの参照スコア(p。348)(1905–1907)

ヴェレス-Stp:エゴン・ヴェレスの所持からのEA-Stpのコピー(p。348)(ロンドン、〜1940)

マーラーの参照スコア(GM-Dp)は現在アクセスできませんが、利用可能なすべての事実をここに要約する必要があります。 マーラーはこのスコアを1905年18月に(おそらくXNUMX日のブレスラウでの演奏の後)に送った。 ヴィルヘルム・ゲーリッケ(1845-1925) 彼が「できるだけ早くそれを返す」という要求で(GMUB p.64)。 マーラーが1906年71月にメンゲルベルクにM-Dpを要求したとき、「私のコピーに(アムステルダムのretuschen)に入るために」(Reeserp。1908)、彼は確かにこれを意味しました(GM-Dp)。 さらに、2年にウィーンでニューヨークに向けて出発する前(1909月に行われた)に、マーラーは改訂を特定のオーケストラ資料に転送するために、N。フォルスティグと呼ばれる写譜家に委託したことが知られています。ウィーン協奏曲による演奏(405年13月1913日フェルディナントレーヴェの下)。 マーラーはニューヨークからカール・モルに、スコアを取り、「私が戻るまで、セーフボックスに保管してください」と書いています。 (GMB No. 91)マーラーの死後、(GM-Dp)はアルマに残りました。アルマは「最終版」を出版したかったので、1979年95月58日より前にゲオルクゲーラーにそれを持たせました(K 90; Klemm 91、p 。XNUMX、n.XNUMX)。 アルマは、このスコア(K XNUMXおよびXNUMX)を取得するというヒンリッヒセンの要求に応じたくありませんでしたが、それでも、 ピーターズの音楽出版社 会社であり、「ゲーラー」版の基礎としてそこで役立った。 1919年1979月、「枢密院議員」(Henri Hinrichsen)は「拘留中」のスコアを獲得しました(Klemm 108、K13)。 1919年1979月95日、出版社の読者は、コピーを「細心の注意を払って取り扱い、できるだけ早く私に返送する」ように指示して、計算のためにRöder彫刻会社に(GM-Dp)を送りました。 (Klemm 63、p。XNUMX。n.XNUMX)

スコアの所在に関する次のニュースは、1961年にErwin Ratzに届きました。1961年秋のウィーン訪問中に、Egon Welleszは、1940年代にAlbi Rosenthalからスコアを借りて、Mahlerのレタッチを自分のEAのコピーに転送したと述べました。 -Stp(Albi Rosenthalは1942年にオックスフォードに移住し、Welleszの音楽学の講義を監査しました)。 ウェレスは、これが「ヒンリッヒセンのコピー」に関係していると明確に述べた(ラッツからウェレスへの手紙、4年1961月1907日、IGMG)。 これは、アンリ・ヒンリッヒセンの息子の9人がスコアをイングランドに持ち込んだことを意味します(序文を参照)。 ヴェレスはまた、スコアの冒頭にマーラーのエントリを記録しました。「照合され、必要な新しい印刷のモデルとして正しいことがわかりました。 /グスタフ・マーラー/ 1961年1950月。」 (2001年XNUMX月XNUMX日、ウェレスからラッツへの手紙、IGMG)ドナルド・ミッチェルがずっと前に彼に提供されたと報告しているので、アルビ・ローゼンタールはスコアを販売する委託を受けていたに違いありませんが、彼にはその手段がありませんでしたその時に購入(口頭でのコミュニケーション)。 ロバート・スレルフォールはまた、マックス・ヒンリッヒセンがXNUMX年代に、彼が(GM-Dp)(手紙による連絡)を所有していたと彼に言ったことを確信しています。 おそらくそれは個人のコレクターに売られました—アルビローゼンタールは今(XNUMX年秋)もう思い出せません(口頭でのコミュニケーション)。

重要な新版の(GM-Dp)の値は、とにかくコンテキストに入れる必要があります。 その編集の状態は、1919年の「ゲーラー版」のそれと最も高い確率で対応しています。これはWellesz-Stpで確認できます。これはウィーンのプライベートコレクションにあり、IGMGはコピーを提出します。

St-Konzertverein:パーツセット、1908/1909改訂(p.350)

Wiener Konzerthausgesellschaftのアーカイブ、コールマークOM 258

これは、マーラーが1908年2月以降、ウィーンの写譜家N.フォルスティグ(「ザンクトアンドレーヴェルダーンの都市鉄道」)が1909日に行われたウィーナーコンツェルトヴェラインの作品の演奏のために準備したパーツのセットです。フェルディナントレーヴェの指揮の下、7年5月。 (上記の(GM-Dp)のセクションを参照してください。ウィーン楽友協会は、ある程度、今日のウィーン交響楽団の前身です)。 パーツのセットは、Wiener Konzerthausgesellschaft(Wiener Konzertvereinの別の後継組織)のアーカイブに保管され、最近まで使用されていました。 素材は元々4/3/3/2/1909の弦楽器パートで構成されていましたが、後に各パートの2つによって拡大されました。これにより、最初のヴァイオリンでは、追加のパートが「ゲーラーバージョン」の手書きのパートセットに由来します。 古いパーツにはすべて「WIENER / KONZERT-VEREIN」の刻印があります。 1909つのエントリは、これがForstigによって準備された素材であることを示しています。最初のフルートパート「AmensXNUMX.MärzXNUMX。Wien」の終わり、XNUMX番目のフルートパート「AKXNUMX.III」の終わり。 XNUMX」。

この情報源の存在は、St109がWiener Konzertvereinのために準備された部品のセットであるという、Sander Wilkens(Wilkens、p。114–2)のすべての推測に完全に反論しています。 さらに、フォルスティグの手書きと1905年から1907年のウィーンの写字家の手書き、および1910/11年のニューヨークの写字家の手書きを区別できるようになりました(これに関しては、マーラーの第45交響曲の私のエッセイUnnoticedSourcesも参照してください)。 NMR 2001、5年秋、12〜XNUMXページ)。

St2:1910/11年冬にニューヨークでマーラーによって改訂されたパーツのセット(p.351)。 プレートNo.8952

XNUMXつの場所に分散:

— IGMG、コールマークN / V / 21およびN / V / 22

— Wiener Stadt- und Landesbibliothekの音楽コレクションに寄託されたUEアーカイブ(コールマークなし)

このパーツのセットは、ウィーンで書かれ、によって受け取られた手紙の中でマーラーによって要求されました ピーターズの音楽出版社 1年1910月1910日に、11/1981シーズン中にニューヨークで予定されている公演の準備をしました。 マーラーは「新版」を考えました。 彼はこの費用に貢献したかったが、高貴なジェスチャーでアンリ・ヒンリッヒセンは拒否した(マーラーのクレム82/85の手紙、2fページ、1910年1979月51日のクレム68のヒンリッヒセンの返答、8ページ、Doc.1911)。 ニューヨークでのパフォーマンスは無に帰した。 おそらくこれの原因は、マーラーが意図したよりも遅れて改訂を終えたという事実です。2年1910月10日のGeorgGöhlerへの有名な手紙の前にその完了は言及されていませんでした。これはマーラーが要求したSt9の資料を本当に参照しています。 8年8月に彼がニューヨークで改訂したヒンリッヒセンは、弦の部分の数に続いています。 マーラーは、6/1/9/8/7の弦楽器のパートを送るように明確に要求しました。これは、今日でもアメリカのオーケストラに典型的な補足です(比較のために、「ヨーロッパ」のパートセットであるSt6には、5/7 /があります。 5/4/3弦楽パート;ウィーンコンツェルトヴェラインの素材は3/1913/8/8/6弦楽パートで構成されています;ゲーラーは5/5/2/XNUMX/XNUMX弦楽パートでXNUMX年の彼のバージョンを演奏しました)。 次のリストからわかるように、StXNUMXの現存する文字列部分の数は、マーラーの要求に正確に対応しています。 さらなる詳細は、ニューヨークが改訂の場所であったという事実を確認します。マーラーがそこで相談した写字家は、常にキューノートに「ヴァイオリン」や「ヴァイオリン」ではなく英語のフォーム「ヴァイオリン」を書きます。

St2のパーツにはスタンプがなく、それぞれの最初のストリングデスクを除いて、デスク番号はありません。 彼らはからプレイされたことはありません。 ライプツィヒでは、出版社の従業員が彼らをW-Stpの編集状態にした。 ストラスブール(1905年1907月)からサンクトペテルブルク(1年1月)へのマーラーの変更は、その後ニューヨークの写字家によって入力されました(=(GM-Dpの編集の状態); St1と比較して、これは当然多くの違いになります。 (GM-Dp)とStXNUMXが完全に一致しなかったことは確かです—以下のリストXNUMXを参照してください)。 マーラー自身も後で鉛筆を手に入れ、さらに改訂しました。

St2 全部で73のパーツで構成されています。

Vl。 I:IGMG N / V / 1の21番目のデスク(マーラーによって「I」でマークされている)、およびIGMG N / V / 5の22つのパーツ(デスクの表示なし)。 UEアーカイブ内のさらに4つの部分(デスクの表示なし)(全部で10)。

Vl。 II:IGMG N / V / 1の21番目のデスク(マーラーによって「I」でマークされている)、およびIGMG N / V / 5のさらに22つのパーツ(デスクの表示なし)。 UEアーカイブ内のさらに3つの部分(デスクの表示なし)(全部で9つ)。

Va:IGMG N / V / 1の21番目のデスク(マーラーによって「I」でマークされている)、およびIGMG N / V / 5のさらに22つのパーツ(デスクの表示なし)。 UEアーカイブ内のさらに2つの部分(デスクの表示なし)(全部で8つ)。

Vc:IGMG N / V / 1の21番目のデスク(マーラーによって「I」でマークされている)、およびIGMG N / V / 4の22つのパーツ(デスクの表示なし)。 UEアーカイブ内のさらに3つの部分(デスクの表示なし)(全部で8つ)。

Cb:IGMG N / V / 1の21番目のデスク(マーラーによって「I」でマークされている)、およびIGMG N / V / 3の22つのパーツ(デスクの表示なし)。 UEアーカイブ内のさらに2つの部分(デスクの表示なし)(全部で6つ)。

IGMG N / V / 21の完全なウィンドパーツ、ティンパニ、パーカッション、ハープ(合計32パーツ)

このパーツのセットは、現在のエディションの主なソースです。

不足しているソース (p。335)

スケッチブック、第1、第2、第4、第5の動きのスケッチ

(PC):交響曲全体のParticell

(P–E):交響曲全体のオーケストラスコアのドラフト

(St–UA):世界初演のためのオーケストラパート(1904年XNUMX月/ XNUMX月)

(GM–Dp):マーラーの指揮スコア「zumCollat​​ioniren」(1905–1907)

ニューヨーク改訂によるマーラーのスコア(1910/1911年冬)

死後の版 (p。335)

1913年のオーケストラパーツ(「サイン入り」)

研究スコアの転載(1913)

フルスコアの新版(1919年XNUMX月)

オットー・ジンガーによる両手ピアノリダクション(1921)

アウグスト・ストラダルによる1926台のピアノのピアノリダクション(XNUMX年XNUMX月)

KGAR:Complete Edition、Volume 5、Erwin Ratz編集(1964)

KGAF:Complete Edition、Volume 5、Improved Edition、KarlHeinzFüssl編集(1989)

KGAK:Complete Edition、Volume 5、Critical New Edition、Reinhold Kubik編集(2002)

エラーを見つけた場合は、そのテキストを選択してを押して通知してください Ctrlキー+ Enterキー.

スペルミスレポート

次のテキストが編集者に送信されます。