リスニングガイド–ムーブメント2:嘘つき2:シュルスツェンとゲーテのファウスト

謄本

第XNUMX交響曲のパートXNUMXは、マーラーの最長の交響曲の動きであり、ゲーテのファウストパートXNUMXからのテキストのクロージングシーンの長さは非常に広範であるため、交響曲の形式の限界を超えていると見なされる可能性があります。 それ … 続きを読む

リスニングガイド–ムーブメント5:フィナーレ。 ラングサム、シュワー

謄本

マーラーの最後の交響曲の動きである彼は、彼の最も美しいテーマのXNUMXつと、彼の最も刺激的なソウルサーチ音楽のいくつかを書きました。 人間の苦しみと死を超越する彼の最後の努力で、マーラーはXNUMXつの最後の二元論を作成します。 それは… 続きを読む

リスニングガイド–ムーブメント4:シェルゾ。 アレグロペサンテ。 Nicht zu schnell

謄本

この運動のスケッチのタイトルページで、マーラーは再び彼の悲しみを注ぎました:

悪魔は私と一緒に踊ります

狂気、私を捕まえろ、呪われた!

私が存在することを忘れるために私を破壊してください!

私は ... 続きを読む

リスニングガイド–ムーブメント3:プルガトリオ。 アレグレットモデラート

謄本

いわゆる プルガトリオ 動きは、マーラーの純粋にシンフォニックな動きの中で最も短く、XNUMXつの大きくて複雑なスケルツォの間に挟まれています。この短い比較的単純な動きは、ほとんど埋もれているようです。 続きを読む

リスニングガイド–ムーブメント2:スケルツォ。 Schnelle Viertel

謄本

私たちがスケルツォと呼ぶ第XNUMX楽章は、マーラーの最も独創的なスケルツォのXNUMXつであり、最初ははるかに短い交響曲のスケルツォフィナーレとなることを目的としています。この楽章は、ソナタ要素で形成された伝統的なスケルツォトリオを組み合わせて… 続きを読む

リスニングガイド–ムーブメント1:アダージョ

謄本

その壮大なデザイン、テーマ別コンテンツ、概念フレームワークにおいて、10番目の最初の動きは10番目のフィナーレにふさわしい後継者です。 交響曲第XNUMX番のアダージョのクロージングムーブメントと同様に、XNUMX番目のオープニングムーブメント… 続きを読む

リスニングガイド–交響曲第10番イントロ

謄本

マーラーの作曲家としての輝かしい経歴の悲劇のXNUMXつは、彼が彼の最大の交響曲であったかもしれないものを完成させることができなかったことです。 しかし、幸運なことに、彼は事実上完成したXNUMXつの動きと実質的なスケッチを残しました… 続きを読む

リスニングガイド–ムーブメント4:アダージョ。 Sehr langsam und noch zuruckhaltend

謄本

ロンド・バーレスクの激しい暴力、躁病の怒り、そして卑劣な嘲笑にさらされた後、進行中の動きが私たちにそのすべての結論に導くならば、人間の精神は悲劇的な運命に運命づけられているようです… 続きを読む