ビルリヒター

秘書兼弁護士

ビル・リヒターは、2002年にカリフォルニア州サンタクルーズで単独で設立したリヒター法律事務所の校長であり、起業家、投資家、企業に企業形成と日常業務、および資金調達、合併、買収、戦略的パートナーシップなどの取引について助言しています。 。 リヒター法律事務所を設立する前、ビルはウィルソンソンシーニグッドリッチ&ロザティ、PC(パロアルト)およびシャーマン&スターリングLLP(ニューヨークおよびブダペスト)のそれぞれで90年間会社法を実践していました。 彼はカリフォルニア州とニューヨーク州のバーのメンバーです。 彼はXNUMX年代半ばにUSAIDのモスクワミッションで民営化部門の責任者を務めました。 ビルはイェール大学で文学士号を、ハーバード大学でロシア語のAMを取得し、ニューヨーク大学法学部でJDを取得しています。

非営利団体での彼のサービスには、( Mahler Foundation)、Santa Cruz Shakespeareとその前任者(創設委員会会長を含む)、ギリシャのテッサロニキにあるAmerican FarmSchoolとPerrotisCollege(法務委員会の委員長および執行委員会のメンバーとして)で12年間、および19年間の勤務サンタクルスにある独立した6〜12校のジョージアナブルースカービー予備校の創設評議員、現在は名誉評議員。 Billは、International Network of Boutique Law Firms(INBLF)のシリコンバレー支部のメンバーであり、ClearHealthCostsのアドバイザーであり、米国のヘルスケア価格に透明性をもたらす新興企業であり、クライアントであるスペインの起業家と協力するメンターです。サンフランシスコのスペインテックセンター。

エラーを見つけた場合は、そのテキストを選択してを押して通知してください Ctrlキー+ Enterキー.

スペルミスレポート

次のテキストが編集者に送信されます。