メンバー情報

フルネーム カール・ジュリアス・ルドルフ・モル -
出産#1生年月日23 / 04 / 1861
出生地ウイーン
配偶者#1お名前アンナソフィーモール-シンドラー-ベルゲン
#1死亡日13 / 04 / 1945
死の場所ウイーン

追加情報

カール・ジュリアス・ルドルフ・モル(1861-1945)。 また:カール。

との関係 グスタフ・マーラー(1860-1911): ステップ父 法定上の 彼の妻を通して アルマ・マーラー(1879-1964).

  • 生まれ:23-04-1861 ウイーン、オーストリア。
  • 父:ジュリアス・ヨハン・フランツ・モール(生まれ:02-06-1829、死亡:15-03-1877)。
  • 母:Maria Magdalena Rosina Schmid(生まれ:28-08-1835、死亡:18-04-1919)。
  • XNUMX人のモール兄弟:
  1. ルドルフモール。 生まれ:07-11-1859ウィーン。 死亡:14年07月1928日ウィーン。 18-07-1928を埋めた。 モール家族の墓 グリンツィング墓地。 69歳。彼はHermineMoll-Corraと結婚した(生まれ:1867年、埋葬:02-03-1944。77歳。Moll家の墓 グリンツィング墓地.)
  2. カール・ジュリアス・ルドルフ・モル(1861-1945)。 生まれ:23-04-1861ウィーン。 13年04月1945日にウィーンで亡くなりました。 モール家族の墓 グリンツィング墓地。 84歳。
  3. アーネストモール。 生まれ:22-06-1867ウィーン。 死亡:24-08-1936トゥクマン(アルゼンチン)。 69歳。娘のマリア・エルネスティナ・モールは、エーリヒ・エルンスト・ハインリヒ・コンラッドと結婚しました。 彼らの子供たち:SusanaConraddeMoisá(1938-2015)とErnesto Conrad(1941)。 エルネストコンラッドには1967人の息子がいます:エルネストホセコンラッド(1968)(連絡先)、パブロコンラッド(1971)、ニコラスコンラッド(XNUMX)。
  • ステップの子供:2:
  1. アルマ・マーラー(1879-1964)。 の娘 ジェイコブ・エミール・シンドラー(1842-1892)。 採用なし。
  2. マーガレット(グレーテ)ジュリーシンドラー(1880-1942)。 おそらくの娘ではありません ジェイコブ・エミール・シンドラー(1842-1892) しかしから ユリウスビクターバーガー(1850-1902)。 採用なし。
  • 子1:
  1. Maria Eberstaller-Moll(1899-1945)。 ナチスと結婚 リチャード・エバースタラー(1887-1945).
  1. Maria Eberstaller-Moll(1899-1945) (46歳)。
  2. リチャード・エバースタラー(1887-1945) (58歳)。
  3. アンナソフィーモール-シンドラー-ベルゲン(1857-1938) (81歳).
  4. ハーマインモール(77歳)、02年03月1944日埋葬。
  5. ジュリアスモール(47歳)、05年03月1877日に亡くなりました。
  6. カール・ジュリアス・ルドルフ・モル(1861-1945) (84歳).
  7. マリー・モール(83歳)、08年04月1919日に亡くなりました。
  8. ルドルフ・モール(69歳)、01年01月1859日生まれ、14年07月1928日死亡。
  9. ジュリアスモール(29歳)、11年07月1918日に亡くなりました。

画家、グラフィック芸術家、ウィーンの共同創設者 脱退(協会).

ウィーンの美術アカデミーでの彼の経験は、深刻な病気が彼の研究を中断し、彼の残りの人生を悩ませた重度の難聴をもたらしたため、短いものでした。

彼はアカデミー在学中にハンス・マカート(1840-1884)を大いに賞賛しましたが、風景画家の作品 ヤコブ・エミール・シンドラー(1842-1892) (モールがウィーン・キュンストラーハウス(1881)の展示会で最初に見たもの)は、彼のキャリアに最も大きな影響を与えました。 モールはシンドラーの私立学生であり、XNUMX年間の協力者でした。

シンドラーの死から数年後、彼はシンドラーの未亡人、歌手、女優と結婚しました アンナソフィーモール-シンドラー-ベルゲン(1857-1938)。 故シンドラーとの結婚からのアンナの娘は アルマ・マーラー(1879-1964) 夫と グスタフ・マーラー(1860-1911) カール・モルは後に緊密な関係を築きました。 彼はまたマーラーの デスマスク 1911インチ

彼の作品は彼の長い人生の中で大きく進化しましたが、ウィーン分離派の間は、落ち着いた色調で描かれ、フランスの印象派と点描の影響を受けた落ち着いた雰囲気の絵画が特徴でした。

この時代のライトモティーフは芸術家の別荘でした、 House Carl MollIウィーン-SteinfeldgasseNo。8、その ヨーゼフ・ホフマン(1870-1956) 彼とアーティストのためにデザインされました コロマン・モーザー(1868-1918)。 ウィーンのホーエヴァルテの丘にある別荘の植民地で最初に完成した家になりました(1901年)。 見る: ホーエヴァルテ地区の地図.

モールはウィーン分離派グループの最も活発な主催者であり、 年1901.

モールが芸術監督として働いていたミースケギャラリーとの緊密な接触( 年1904)、およびこのギャラリーをウィーン分離派の商業プラットフォームにするための彼の努力は、グループを派閥に分割させ、関連するアーティストの離脱をもたらした要因のXNUMXつでした。 グスタフ・クリムト(1862-1918)、モールを含む。

Galerie Miethkeは、1861年にHugo Miethkeによって、1895年からDorotheegasse 11に設立されました。これは、CarlMollとPaulBacher(Klimtの友人で1910年に展示が彼のキャリアのターニングポイントとなった)によって運営されました。 現代美術センター、脱退運動、ユーゲントシュティール、 ウィーン工房.

04-07-1927による手紙 カール・ジュリアス・ルドルフ・モル(1861-1945) おそらく約 ヴィルヘルム(ウィリー)カールエミルレグラー(1902-1960)。 「LieberFreund。UnserBubistnunglücklichamGalitzinbergalsVolontäreingespannt。DeinCompagnonHerrIng。Wilhelmwarsehrliebenswürdigundhatmirversprochen den Jungensozubeschäftigen、dass er praktisch lernen kann habt ihr ihngesetzt;dafürdankeichDirausvollemHerzen。DeinerliebenFrau und Dir alles herzliche vonunsallen。ImSeptemberwerdeichDichquälenmireinmaleineStunde auf der Hohen Warte zuschenken。

カール・モルとナチス

カール・ジュリアス・ルドルフ・モル(1861-1945) 娘がいた Maria Eberstaller-Moll(1899-1945)。 彼女はナチスと結婚していました リチャード・エバースタラー(1887-1945) 1938年から1945年までウィーンのナチス裁判所の副大統領でした。ヒットラーがドイツで権力を掌握した後、彼はカール・モルにナチスを支援させました。

カール・モルへの手紙の中で アルマ・マーラー(1879-1964) ヒトラーを「偉大な主催者」として賞賛した。 カール・モルは決して党員ではありませんでした。 彼の娘 Maria Eberstaller-Moll(1899-1945) と婿 リチャード・エバースタラー(1887-1945) でした。

カール・ジュリアス・ルドルフ・モル(1861-1945).

カール・ジュリアス・ルドルフ・モル(1861-1945).

年1905。 ウィーン。 庭園 House Carl MollIウィーン-SteinfeldgasseNoグスタフ・マーラー(1860-1911)マックス・ラインハルト(1873-1943) (彼はカメラに戻った)、 カール・ジュリアス・ルドルフ・モル(1861-1945)   ハンス・プフィッツナー(1869-1949).

年1905。 ウィーン。 庭園 House Carl MollIウィーン-SteinfeldgasseNo。8マックス・ラインハルト(1873-1943)グスタフ・マーラー(1860-1911)カール・ジュリアス・ルドルフ・モル(1861-1945)ハンス・プフィッツナー(1869-1949)   ヨーゼフ・ホフマン(1870-1956) (彼はカメラに戻ります)。

年1905。 ウィーン。 庭園 House Carl MollIウィーン-SteinfeldgasseNo。8。 知らない人、 カール・ジュリアス・ルドルフ・モル(1861-1945)グスタフ・マーラー(1860-1911)   アルフレッド・ローラー(1864-1935) (グスタフ・マーラーの前に立っている)。

前 年1903カール・ジュリアス・ルドルフ・モル(1861-1945)。 Theresianumgasseの雪に覆われたスタジオ。

年1903. カール・ジュリアス・ルドルフ・モル(1861-1945)。 「冬(ウィーンのホーエヴァルテ)」。 色の木版画。 見る: ホーエヴァルテ地区の地図.

年1903. カール・ジュリアス・ルドルフ・モル(1861-1945) -ハウスガルテン。 ウィーンのホーエヴァルテ。 House Carl MollIウィーン-SteinfeldgasseNo。8.

年1903. カール・ジュリアス・ルドルフ・モル(1861-1945) - アンナソフィーモール-シンドラー-ベルゲン(1857-1938) ウィーンのホーエヴァルテの居間で。 House Carl MollIウィーン-SteinfeldgasseNo。8.

年1903カール・ジュリアス・ルドルフ・モル(1861-1945):研究-Wollergasse 10(Villa Moll II)、ホーエヴァルテ、ウィーン。 House Carl MollIウィーン-SteinfeldgasseNo。8.

年1903カール・ジュリアス・ルドルフ・モル(1861-1945) -ウィーンのサロンホーエヴァルテ。 House Carl MollIウィーン-SteinfeldgasseNo。8アンナソフィーモール-シンドラー-ベルゲン(1857-1938)   Maria Eberstaller-Moll(1899-1945).

年1905カール・ジュリアス・ルドルフ・モル(1861-1945)House Carl MollIウィーン-SteinfeldgasseNo。8.

年1905。 家の外に。 House Carl MollIウィーン-SteinfeldgasseNo。8.

年1905。 家の外に。 House Carl MollIウィーン-SteinfeldgasseNo。8。 署名。

年1906カール・ジュリアス・ルドルフ・モル(1861-1945) -ウィーンのホーエヴァルテにある彼のスタジオのアーティスト。 House Carl MollIウィーン-SteinfeldgasseNo。8.

1916 カール・ジュリアス・ルドルフ・モル(1861-1945).

1926 カール・ジュリアス・ルドルフ・モル(1861-1945) -ヴェネツィア、ザッテレ。

1936 カール・ジュリアス・ルドルフ・モル(1861-1945).

2018.モール家族の墓、 グリンツィング墓地、 ウィーン、オーストリア。

最新

Die Verlassenschaftsabhandlung gestaltete sich besonders schwierig、da man im Hinblick auf die untereinander zerstrittenen Erben juristisch feststellen musste、wer vor- und wer nachverstorben war; wer also wen – wenn auchnurfürdieallerkürzesteZeit– beerbthatte。 Das EhepaarEberstallermachteaußerdemam11。April ein Testament、das von der in den USA befindlichen Stieftochter Molls Alma Schindler(verh。1902mit Gustav Mahler、1915 mit Walter Gropius、1929 mit Franz Werfel)nicht anerkannt、ang den Juristen nur als Kodizill、wo ein Erbe nicht namentlich genannt wird、angesehenwurde。 DiediesbezüglichenGerichtsverhandlungenliefenalleInstanzen durch und konnten erst 1954 abgeschlossenwerden。 Alma Mahler-Werfel zeigte sich dabei menschlich gesehen im allerschlechtesten Licht、dasiehasserfülltaufihreösterreichischenVerwandtenSachenbeanspruchte、die ihr rechtlich nichtzustanden。 WährenddeslangwierigenErbschaftsstreitsbezichtigte sie sogar ihre eigene Mutter des Fremdgehens und einen der Legatare illegitimer Abstammung:“ Wilhelm Legler ist der Sohn eines Malers namens Julius Berger、mit dem meine Mutter ille 1964年ニューヨーク万国博覧会のアルマセルブストスターバックス、ウィーンの葬儀場とグリンツィング墓地の墓地。 der Literatur wirdsiesehverklärtdargestellt、sie brachte es sogar zurTheaterfigur。

Nach dem gerichtlich festgestellten Hergang“ feierte” Carl Moll am 12. 1945年12.4.1887月、Eberstaller博士(*ランゲンローイス13)の誕生日を祝う。 Als Eberstaller an diesem Tag vom Gericht nach Hause kam、fand er inseinerWohnungPlünderervor。 Carl Moll erlitt kurz vorher eine Verletzung durch eineArtillerie-Sprunggranateundfühltesichäußerstniedergeschlagen。 Maria Eberstaller servierte eine selbst gebackene、bescheideneTorte。 Man verabschiedete sich von den Mitbewohnernruhig。 AmnächstenMorgenファンマンMolltot、Frau Maria Eberstaller atmete kurz noch、Dr。Eberstaller“röchelte”。 Die bei ihm versuchten Wiederbelebungsversuche waren vergeblich、er starb um die Mittagszeit des 1945. April 6. Erst um diese Zeit kamen die ersten sowjetischen Soldaten、schlugen die Fenster ein und drangen in dieHalle。 Zu einerinderLiteraturöfterserwähntenVergewaltigungMariasdurchdie Russen、die als Motiv zum Selbstmord MollsunddenSeinenführenhättesollen、finden sich in den Gerichtsakten keine Indizien.XNUMX Moll war gegen.XNUMX Moll war gegen nieübelgenommen。

エラーを見つけた場合は、そのテキストを選択してを押して通知してください Ctrlキー+ Enterキー.

スペルミスレポート

次のテキストが編集者に送信されます。