イム・レンツ(春)は、マーラーの嘆きの歌から実際に引用されている、XNUMX番目とXNUMX番目のより神秘的なパッセージとXNUMX番目とXNUMX番目のスタンザの活気のある音楽のアイデアを交互にしています。 全体として、曲はキーからキーへ、アイデアからアイデアへと急速に変動し、音楽的に効果的ではありません。

テキスト:グスタフ・マーラー。 専用の ジョセフィン・ポワスル(1860年-1880年以降).

嘘1:イムレンツ、 スコア。

嘘1:イムレンツ、 スコア。

嘘1:イムレンツ、 スコア。

 

イム・レンツ

 

Sag'an、duTräumeramlichtenTag。

willst du heut'mit dem Bangenでしたか?

Du wandelst so stumm durch Lenz und Hag、

AlswärstduvonBlindheitbefangen。

 

「Ichbinnicht Blind und sehe doch nicht、

Mir ist nicht dunkel und ist nichtlicht。

Könnt'lachenundkönnteweinen。

Dochsagenkönnt'icheskeinem。」

 

O sieht dich die Sonne so freundlich an、 

sollen dir Schmerz und Reueでしたか?

Wirf ab deine Last、du traurige Mann、

Und freu'dichanSonneundBläue。

 

「Michfreutkeine Sonne、mich freut kein Blau

Undhab'dochdenFrühlingsogerne。

Ach、die ich allein nur am liebsten erschau、

フェルネで死ぬ。」

 

エラーを見つけた場合は、そのテキストを選択してを押して通知してください Ctrlキー+ Enterキー.

スペルミスレポート

次のテキストが編集者に送信されます。