Tamboursg'sellは、マーラーのWunderhorn設定で構成された最後のものです。 Revelgeのように、それは運命のドラマーによって歌われます。 しかし、このドラマーは野原に横たわるのではなく、刑務所にいます。 Revelgeがマニアックだったところ、この曲はもっと重くて悲しげです。 ここのドラムロールはより遅く、より慎重であり、木管楽器のトリルを嘆くことによってバランスが取れています。 曲自体は遅いテンポで最も効果的です。

歌曲2:Der Tamboursg'sell.

それはゆっくりとした葬送行進曲の性格であり、Revelgeのように非常に長いです。 Gute Nachtの最後の呼び出し! マーラーがこれまでに書いた中で最も衝撃的な音楽として、第XNUMX交響曲の最後の瞬間に匹敵します。 彼がRevelgeで行ったように、彼は悲劇的な影響を強めるために最後にコル・レーニョを採用しています。

 

Der Tamboursg'sell

 

Ich armer Tambourge'sell!

ManführtmichausdemG'wölb!

Wär'icheinTambourblieben、

Dürft'ichnichtgefangenliegen!

 

O絞首台、du hohes Haus、

Du siehst so furchtbar aus!

Ich schau'dich nicht mehr an、

Weiliweiß、daßigehörd'ran!

 

Wenn Soldaten vorbeimarschier'n、

Bei mir nicht einquartier'n、

Wenn sie fragen、wer i g'wesen bin:

Tambour von der Leibkompanie!

 

Gute Nacht、ihr Marmelstein、

IhrBerg'undHügelein!

Gute Nacht、ihr Offizier、

Korporal und Musketier!

 

グートナハト! Ihr Offizier、

伍長と擲弾兵!

Ich schrei'mit heller Stimm '、

Von Euch ich Urlaubnimm。

グートナハト! グートナハト!

 

エラーを見つけた場合は、そのテキストを選択してを押して通知してください Ctrlキー+ Enterキー.

スペルミスレポート

次のテキストが編集者に送信されます。