フリードリヒ・フリッツ・ローア(1859-1924).

その他

  • また:Löhr、Löwi、Löwy、Loehr。
  • ニックネーム:フリッツ。

マーラーとローアの間の友情は1883年に始まりました。1884年から1889年にマーラーはイフラヴァ周辺でローアを案内しました。 彼らはウィーン大学の仲間の学生でした。 ローアはオットー・マーラーとエマ・マーラーの面倒を見て、彼らを教育しました。 1898年、ローアは新しいウィーン考古学研究所の書記になりました。

マーラーとバウアー・レヒナーは温室時代にお互いを知っていましたが、マーラーの長年の友人であるフリードリヒ(「フリッツ」)のウィーンの家で再び会ったとき、「家族」の状況下で1888年に彼らの関係が開花し始めたのはふさわしいようです。ローア。

フリッツと彼の妻のウダはマーラーの大家族の一員だったので、翌年(1889年)に両親が亡くなった後、弟の世話をするのを彼らに頼りました。 1888年のローアズの集会の間に、マーラーは広大な気分で、オペラの監督に就任したばかりのブダペストに彼を訪ねるようにみんなを招待しました。

16-04-1892、 年1892。 によって送られた手紙 グスタフ・マーラー(1860-1911) Ernestine Lohr(の姉妹 フリードリヒ・フリッツ・ローア(1859-1924)). 手紙は英語です; 当時、マーラーは指揮者としての婚約に備えて英語のレッスンを受けていました。 ロンドン、XNUMX月からXNUMX月 年1892.

16-04-1892、 年1892。 によって送られた手紙 グスタフ・マーラー(1860-1911) Ernestine Lohr(の姉妹 フリードリヒ・フリッツ・ローア(1859-1924)). 手紙は英語です; 当時、マーラーは指揮者としての婚約に備えて英語のレッスンを受けていました。 ロンドン、XNUMX月からXNUMX月 年1892.

ローア家(Lowi / Lowy)

マーラーはローア家全体の近くにいました。

両親

  1. Hermann(Papa Lowy)Lowi(1827-1913)、の父 フリードリヒ・フリッツ・ローア(1859-1924)、Louise、Ernestine、Bertha、Margarethe。 また、別の息子、ジョンレオ(1856-1883)の。 Lowiはウィーンの商人であり実業家でした。 1887年から1901年の間に、彼の生き残った子供たちは全員、姓をローアに変更しました。 と結婚している:
  2. アンナ・バンズル(1831-1885)。 

子供(息子1人と娘4人)

  1. フリードリヒ・フリッツ・ローア(1859-1924)、(Lowi生まれ、名前変更26-01-1887)、考古学者、哲学者。 1887年にLudovica(Uda)Lohr(1854-1936)、neeCzilchertと結婚しました。 上記を参照。
  2. Louise Lohr(1862-1938)、(Lowi生まれ、名前変更18-02-1895)、画家。
  3. Ernestine Lohr(1863-1942?)、(Lowi生まれ、名前変更15-06-1892)。 彼女は特に親しい友人でした ジャスティン(アーネスティン)ローズマーラー(1868-1938)。 10年07月1942日、彼女はチェコ共和国のテレジーンシュタット集中キャンプ(テレジーン)に強制送還されました。
  4. Bertha Lohr(1867-1933)、(Lowi生まれ、名前変更18-02-1895)。 彼女はピアノを勉強しました ハンス・ロット(1858-1884) とグスタフマーラー。 後に紙屋を経営。
  5. Margarethe(Gretel)Lohr(1878-1934)、(Lowi生まれ、名前変更30-09-1901)。 

年1895。 グスタフ・マーラーからの手紙 フリードリヒ・フリッツ・ローア(1859-1924). シュタインバッハアムアッターゼー.

L [ieber] Fr [itz]! Leider kann ich nicht zu dir kommen – ich muss \ schon morgenfort。 – Der Sommer brachte mir \ dieIII。 [1895年の交響曲] – wahrscheinlich das Reifste und Eigen- \ artigsteは、イッヒビッシャージェマハトでした。 \ Den Titel sende ich auf einer 2. Corresp(ondenz)karte \ Es ist mir daran gelegen、zu wissen welchen ungefehren(?)\EindruckdasLesendesbloßen\ Titelsmacht。 – resp(ektive)ob es mir gelungen \ den LeseraufdieStraßezusetzen、auf der ich mit ihm \ reisenwill。 Bitte schreibe / schicke(?)mir sogleich _ _ \ _ _ nachハンブルク、Bismarckstr。 86ヘルツリッヒ\デインG [ustav]。

マーラーは、彼の最新の作曲である第XNUMX交響曲についてレーンに語っています。 そして、彼はタイトルが彼が意図したように聞こえるかどうか彼に尋ねています。

エラーを見つけた場合は、そのテキストを選択してを押して通知してください Ctrlキー+ Enterキー.

スペルミスレポート

次のテキストが編集者に送信されます。