ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(1749-1832).

  • 職業:詩人、劇作家。
  • レジデンス 
  • マーラーとの関係:交響曲第8番のファウスト。
  • マーラーとの通信: 
  • 生まれ:28-08-1749フランクフルト・アム・マイン、ドイツ。
  • 死亡:22-03-1832ワイマール、ドイツ。
  • 埋もれ: 主な墓地、ワイマール、ドイツ。

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテはドイツの作家兼政治家でした。 彼の作品には、さまざまなメートルとスタイルで書かれた叙事詩と抒情詩が含まれています。 散文と詩のドラマ; 紀要; 自伝; 文芸的および美的批評; 植物学、解剖学、および色に関する論文。 そして10,000つの小説。 さらに、数多くの文学的および科学的断片、3,000を超える手紙、および彼による25近くの図面が現存しています。 1782歳までの著名人であるゲーテは、最初の小説 『若きウェルテルの悲しみ』の成功を受けて1775年XNUMX月に最初にそこに住み着いた後、XNUMX年にカールアウグストザクセンヴァイマー公に崇拝されました。 彼はシュトゥルム・ウント・ドラン文学運動の初期の参加者でした。

ゲーテはワイマールでの最初の1998年間、公爵の枢密院のメンバーを務め、戦争と高速道路の委員会に参加し、近くのイルメナウの銀山の再開を監督し、イエナ大学で一連の行政改革を実施しました。 彼はまた、ワイマールの植物園の計画と、XNUMX年にユネスコの世界遺産に指定されたデュカル宮殿の再建にも貢献しました。

1788年にイタリアのツアーから戻った後、彼の最初の主要な科学的研究である植物の変容が出版されました。 1791年に彼はワイマールの劇場のマネージングディレクターになり、1794年に彼は劇作家、歴史家、哲学者のフリードリヒシラーとの友情を始めました。彼の戯曲は、1805年にシラーが亡くなるまで初演しました。この期間中にゲーテは1808番目の小説を出版しました。ウィルヘルムマイスターの見習い、詩の叙事詩ヘルマンとドロテア、そして1790年に、彼の最も有名なドラマ、ファウストの最初の部分。 シラー、ヨハン・ゴットリーブ・フィヒテ、ヨハン・ゴットフリート・ヘルダー、アレクサンダー・フォン・フンボルト、ヴィルヘルム・フォン・フンボルト、アウグスト・フリードリッヒ・シュレーゲルとのXNUMX年代を通しての彼の会話とさまざまな共通の取り組みは、後年、まとめてワイマール古典主義と呼ばれています。

アーサー・ショーペンハウアーは、ヴィルヘルム・マイスターの見習いを史上最高のXNUMXつの小説のひとつとして引用し、ラルフ・ワルド・エマーソンは、プラトン、ナポレオン、ウィリアムシェイクスピアとともに、同名の作品のXNUMX人の「代表的な男性」のXNUMX人としてゲーテを選びました。 ゲーテのコメントと観察は、いくつかの伝記作品、特にヨハン・ペーター・エッカーマンのゲーテとの対話の基礎を形成しています。 GWFヘーゲル、アーサーショーペンハウアー、フリードリヒニーチェ、ヘルマンヘッセ、トーマスマン、ジークムントフロイト、カールユングの作品全体を通して、ゲーテの著作への言及が頻繁にあります。

ゲーテの詩は、ヴォルフガングアマデウスモーツァルト、ルートヴィヒヴァンベートーベン、フランツシューベルト、ロベルトシューマン、ヨハネスブラームス、チャールズグーノド、リヒャルトワーグナー、フーゴヴォルフ、グスタフマーラーなど、多くの作曲家によってXNUMX世紀からXNUMX世紀にかけて音楽に設定されました。

ファウスト

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテのファウストは、ファウストという1806つの部分からなる悲劇的な戯曲です。 DerTragödieersterTeil(翻訳:ファウスト:悲劇の最初の部分)とファウスト。 DerTragödiezweiterTeil(ファウスト:悲劇の第1808部)。 全体が上演されることはめったにありませんが、ドイツ語の舞台で観客数が最も多い劇です。 ファウストはゲーテの最も有名な作品であり、多くの人からドイツ文学の最も優れた作品の1828つと見なされています。 ゲーテは29年にパート1790の暫定版を完成させました。XNUMX年の出版物に続いて、ゲーテ自身が最後に編集したXNUMX–XNUMX版が改訂されました。 これらの前に、XNUMX年に断片であるファウストの部分的な印刷が登場しました。 

ウルファウストとして知られる最も初期の作品は、1772年から1775年の間に開発されました。 ただし、その開発の詳細は完全には明確ではありません。 ウルファウストには1,441のシーンがあり、1886つは散文、1831つは主に散文、残りのXNUMX行は韻文です。 原稿は失われましたが、XNUMX年にコピーが発見されました。ゲーテはXNUMX年にファウスト第XNUMX部の執筆を終えました。ファウスト第XNUMX部とは対照的に、ここでの焦点は、悪魔に売られたファウストの魂ではなく、むしろ、神秘的で哲学的なトピックに加えて、心理学、歴史、政治などの社会的現象についてです。 第二部はゲーテの最後の年の主要な職業を形成しました。 それが登場しました 

悲劇の最初の部分

ファウストパートXNUMXの主人公は次のとおりです。

  • 学者のハインリッヒ・ファウストは、ヨハン・ファウストの実生活、またはパリの医者の伝説、セノドクサスに関するジェイコブ・ビダーマンの脚色された説明に基づいていると言われることがあります。
  • メフィストフェレス、悪魔;
  • グレッチェン、ファウストの愛(マーガレットの略。ゲーテは両方の形式を使用)。
  • グレッチェンの隣人、マース。
  • グレッチェンの兄弟、バレンティン。
  • ワーグナー、ファウストの名声。

ファウストパートXNUMXは複数の設定で行われ、最初の設定は天国です。 メフィストフェレスは神に賭けます。彼は、正しい追求から離れて、知ることができるすべてを学ぶために努力している神の好きな人間(ファウスト)を誘惑することができると言います。 次のシーンはファウストの研究で起こり、ファウストは科学的、人道的、宗教的学習の虚栄心に絶望し、無限の知識を浴びせるために魔法に変わります。 しかし、彼は彼の試みが失敗しているのではないかと疑っています。 イライラして、彼は自殺を熟考しますが、近くのイースターのお祝いの反響が始まるのを聞いて、それを拒否します。 彼はアシスタントのワーグナーと散歩に出かけ、その後に迷子のプードルが続きます(この用語は、羊の犬に似た中型から大型の犬を意味していました)。

ファウストの研究では、プードルは悪魔(メフィストフェレス)に変身します。 ファウストは悪魔と取り決めをします。悪魔は、ファウストが地球にいる間、ファウストが望むすべてのことを行い、その代わりに、ファウストは地獄で悪魔に仕えます。 ファウストの取り決めは、悪魔が彼に与えたものに十分満足していて、その瞬間に永遠にとどまりたいと思うなら、彼はその瞬間に死ぬというものです。

悪魔がファウストに血で協定に署名するように言うとき、ファウストは悪魔がファウストの名誉の言葉を信頼していないと不平を言います。 結局、メフィストフェレスが議論に勝ち、ファウストは彼自身の血の一滴で契約に署名します。 ファウストにはいくつかの小旅行があり、マーガレット(グレッチェンとしても知られています)に会います。 彼は彼女とジュエリーに惹かれ、隣人のマーサの助けを借りて、悪魔はグレッチェンをファウストの腕の中に引き込みます。 悪魔の影響を受けて、ファウストはグレッチェンを誘惑します。 グレッチェンの母親は、ファウストが彼女を訪ねることができるようにプライバシーを確​​保するためにグレッチェンによって管理された眠っている薬で亡くなりました。 グレッチェンは彼女が妊娠していることを発見した。 グレッチェンの兄弟はファウストを非難し、彼に挑戦し、ファウストとメフィストフェレスの手で死んだ。 グレッチェンは彼女の非嫡出子を溺死させ、殺人で有罪判決を受けた。 ファウストはグレッチェンを刑務所から解放しようとすることで、グレッチェンを死から救おうとします。 彼女が逃げることを拒否したことを知り、ファウストと悪魔はダンジョンから逃げ出し、天国からの声はグレッチェンが救われると発表しました–「Sieist gerettet」–これはUrfaustのより厳しい結末–「Sieist gerichtet!」とは異なります。 –「彼女は非難されています。」

悲劇の第二部

古典的なほのめかしが豊富なパートXNUMXでは、最初のファウストのロマンチックな物語が忘れられ、ファウストは妖精のフィールドで目を覚まし、冒険と目的の新しいサイクルを開始します。 この作品は、それぞれが異なるテーマを表すXNUMXつの行為(比較的孤立したエピソード)で構成されています。 最終的に、ファウストは天国に行きます。彼は賭けの半分しか失うことがないからです。 神の憐れみの使者として到着した天使たちは、第XNUMX幕の終わりに、「努力し、努力するために生きる者/まだ贖いを得ることができる」と宣言しています。

 

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(1749-1832)、ファウストII、初版、1832。

パーツ間の関係

パートXNUMXを通して、ファウストは満足していません。 悲劇の最終的な結論と賭けの結果は、ファウストパートXNUMXでのみ明らかにされています。 最初の部分は「小さな世界」を表しており、ファウスト自身の地元の一時的な環境で行われます。 対照的に、パートXNUMXは「広い世界」または大宇宙で行われます。

基本テーマ

ファウストは知識を通して力を求めませんが、合理的な心に否定された超越的な知識へのアクセスを求めます。 ここでゲーテの神秘主義ははっきりと主張しています。

影響

ゲーテのファウストは、多くの文学、音楽、イラストに影響を与えてきました。 ウォルターカウフマンは、「ゲーテは、彼の人々に理想的なプロトタイプとして受け入れられたキャラクター[すなわちファウスト]を作成した」と主張しています。

今日、古典的および中央ヨーロッパのテーマの多くは現代の読者が理解するのが難しいかもしれませんが、この作品は科学的な学習と宗教、情熱と誘惑、独立と愛、そして他の主題についての共鳴するたとえ話のままです。 詩的な言葉で言えば、ゲーテは科学と権力を道徳的に興味のある形而上学の文脈に置いています。 ファウストは、善と悪、神と悪魔、セクシュアリティと死亡率の問題に立ち向かうことを余儀なくされている科学経験論者です。

ドイツ語自体はゲーテのファウスト、特に最初の部分の影響を受けています。 この一例は、「des Pudels Kern」というフレーズです。これは、何かの本当の性質またはより深い意味を意味します(これは以前は明らかではありませんでした)。 「desPudelsKern」の直訳は「プードルの核心」であり、プードル(彼の家に続いた)がメフィストフェレスに変わるのを見たファウストの叫び声に由来しています。 別の例は、グレッチェンがファウストに彼が宗教的であるかどうか尋ねる場面で始まります。 ドイツ語では、「Gretchenfrage」(文字通り「Gretchenquestion」)という言葉は、問題の核心を狙った質問を指し、多くの場合、回答者に自白や難しい決定を強いることになります。

グスタフ·マーラー

以下を参照してください。 交響曲第4番.

エラーを見つけた場合は、そのテキストを選択してを押して通知してください Ctrlキー+ Enterキー.

スペルミスレポート

次のテキストが編集者に送信されます。