リリー・レーマン(1848-1929).

  1. 1890年コンサートブダペスト05-12-1890.
  2. 1902年オペラウィーン16-12-1902.
  3. 1905年オペラウィーン22-01-1905.
  4. 1906年オペラウィーン23-04-1906.
  5. 1907年オペラウィーン07-05-1907.
  6. 1907年オペラウィーン10-05-1907.
  7. 1907年オペラウィーン13-05-1907.
  8. 1907年オペラウィーン19-05-1907。 Isolde:3。Akt: リリー・レーマン(1848-1929) の気質のために歌う アンナ・バー・フォン・ミルデンブルク(1872-1947).

リリー(リリー)レーマン、エリザベスマリアレーマン生まれ、後にエリザベスマリアレーマン-カリッシュは、驚異的な多様性のドイツのオペラソプラノでした。 彼女はボイスティーチャーでもありました。 将来のオペラスターの父親であるカール・オーガスト・レーマンは歌手(ヘルデンテナー)であり、母親のマリア・テレジア・レー(1809–1885)はソプラノでした。 彼女の最初のレッスンは、カッセルオペラでシュポーアの下でプリマドンナをしていた母親からのものでした。 ステージで小さなパートを歌った後、たとえば1866年にプラハでモーツァルトの魔笛を歌い、ライプツィヒでハインリッヒラウベに師事した後、リーマンは1870年にベルリンで、シュレジアのマイヤービアのダスフェルドラガーで軽いソプラノとして適切なデビューを果たしました。 彼女はその後非常に成功したので、1876年に生涯にわたって帝国室内歌手に任命されました。

リーマンは1876年の最初のバイロイト音楽祭で歌い、リングサイクルの最初の完全な公演でウォグリンデとヘルムウィッゲとして歌いました。 彼女は1884年にロンドンで演奏し、1885年から1899年にニューヨークメトロポリタンオペラに出演しました。 彼女はメットの同僚であるフィッシャー、アルバリー、ブラント、ザイドルと一緒に、アメリカでワーグナーの音楽を普及させるのを手伝いました。 ベルリンオペラによって彼女に与えられた休暇を超えてアメリカに留まることによって、彼女はドイツに戻った後、禁止に直面しました。 天皇の個人的な介入の後、禁止は解除されました。 彼女は1899年にロンドンのロイヤルオペラハウス、コベントガーデンに出演し、1903年と1909年にそれぞれパリとウィーンで歌いました。 1905年、彼女はザルツブルク音楽祭で歌い、後にザルツブルク音楽祭の芸術監督になりました。

リリー・レーマン(1848-1929) 1903インチ

リーマンは歌曲歌手としても有名でした。 彼女は1920年代にコンサートステージから引退するまでリサイタルを続けました。 素晴らしい品質と大音量の彼女の成熟した声は、彼女の時代の最も偉大なワグネリアン歌手の一人であるだけでなく、ベリーニのノルマとモーツァルトのオペラ音楽の理想的な通訳であるという評判を得ました。 彼女はブリュンヒルデとイゾルデの役割で卓越していると考えられていましたが、驚くほど幅広い他のパートを歌いました。 確かに、彼女のキャリアのスパン全体で、彼女は合計170のドイツ、イタリア、フランスのオペラで119の異なるパートを演奏しました。 彼女は楽譜のレンダリングだけでなく、悲劇的な女優としても注目されました。 彼女は有名なボイスティーチャーでもありました。 彼女の生徒の中には、有名なソプラノのジェラルディン・ファラー、ヴィオリカ・ウルスレアック、オリーブ・フレムスタッドがいました。 1888年、彼女はテノールのパウル・カリシュと結婚しました。

リーマンは1916年にザルツブルクのモーツァルテウムに国際サマーアカデミーを設立しました。アカ​​デミーのカリキュラムは最初は音声レッスンに重点を置いていましたが、その後、さまざまな音楽指導を含むように拡張されました。 リリーレーマンメダルは、モーツァルテウムから彼女に敬意を表して授与されます。 彼女の声は、第一次世界大戦前に彼女が作成した録音のCDリイシューで聞くことができます。彼女がこれらのレコードを作成したとき、オペラ歌手としての彼女のピークを過ぎましたが、彼らはまだ印象的です。

リリー・レーマン(1848-1929) 1912インチ

リリー・レーマンは母親である歌手のマリー・ロエベに師事し、1865年にプラハの魔笛でファーストボーイとしてデビューしました。 彼女の手ごわいスターは、1869年と1870年から1885年に歌ったコートオペラでのベルリンでの婚約から上昇を始めました。 彼女は1876年にバイロイトで行われた最初のリング公演にウォグリンデ、ヘルムウィーゲ、フォレストバードとして出演しました。 ロンドンは最初に1880年と1882年に陛下の劇場で、次に1884年と1899年にコベントガーデンで彼女に会いました。彼女は1885年から1892年と1898年から1899年にニューヨークのメトロポリタンオペラに出演しました。 さらに、彼女はモーツァルトフェスティバルの創設者の一人であったパリ、ウィーン、ザルツブルクに多くのゲスト出演をしました。 彼女のレパートリーには驚異的な170の役割が含まれ、ルシア、フィリン、ヴィオレッタ、ノルマからフィデリオ、1905つのブリュンヒルデ、イゾルデまでの全範囲を網羅していました。 彼女の非常に人気のある記録は、1907年とXNUMX年にオデオンのために作られました。

リリー・レーマン(1848-1929).

リーマンは自伝の中で、マーラーがブダペストのハンガリー国立歌劇場の監督に就任して間もなく、彼女の芸術生活に初めて参入したと書いています。 「彼は私の条件が彼の予算を超えていることを手紙で私に知らせました、しかし彼は彼の仲間に彼らが努力するべきである芸術的なモデルを与えるために私を従事させることが絶対に必要であると考えました。」 両者の大きな相互尊重はすぐに温かく永続的な友情へと発展し、マーラーは1898年から1907年までのほぼすべての季節にウィーンにゲスト出演することになりました。それはマーラーが晩年に行ったトリスタンとイゾルデの公演でした。それが、リーマンがイゾルデとして最終的に登場する機会となりました。 彼女は、アンナ・フォン・ミルデンブルクが嗄声になり、続けることができなくなったという知らせを受けた第XNUMX幕に続く間、マーラーの妻と妹と会話している監督の箱の中にいました。

Mme。 リーマンは病んでいる同僚の代わりに最後の演技を歌うことを申し出て、舞台裏に駆けつけられ、衣装に着替えてマーラーとシュメデスとミザンセーヌをすばやく通過した後、夜の公演は完了しました。 マーラーのウィーン国立歌劇場監督のこの祝賀会の記念として、「ボーナス」トラックを提供できることを嬉しく思います。リリー・レーマンの未発表のオデオンによる「愛の死」の録音は、ヒストリカルサウンドレコーディングでのユニークなテストプレスの形で存在します。 、エール大学図書館、ニューヘブン、コネチカット。

出版物

  • MeineGesangskunst。 ベルリン:1902年。第3版、1922年。
  • 歌う方法。 ニューヨーク:マクミラン、1902年。第3版、1924年、再発行:ミネオラ、ニューヨーク:ドーバー、1993年。(マイネ・ゲサンスクンストの英語版)翻訳:リチャード・アルドリッチ。
  • L.アンドロ、リリー・レーマン(ベルリン:1907)
  • リリー・レーマン、マイン・ウェグ。 自伝。 (ライプツィヒ、1913年); アリス・B・セリグマンによる英訳、私の人生の道、ニューヨーク:1914)

リリー・レーマン(1848-1929).

エラーを見つけた場合は、そのテキストを選択してを押して通知してください Ctrlキー+ Enterキー.

スペルミスレポート

次のテキストが編集者に送信されます。