ルドルフ・クルジザノフスキー(1859-1911).

  • 職業:指揮者、作曲家
  • 居住地:Cheb(Eger)、ウィーン、プラハ。
  • マーラーとの関係:親友。 勉強の友達 ウィーン音楽院.
  • マーラーとの通信:はい。
  • 母:テレサ・クルジザノフスキー(1824-1915)
  • 生まれ:05-04-1859または1862 Eger(Cheb)、チェコ共和国。
  • 住所: House Krzyzanowski(Provaznicka ulice No. 460).
  • 住所: House Krzyzanowski(Nadrazni ulice No. 542).
  • 既婚:Ida Doxat(生まれ:1867-1939)。
  • 死亡:20-06-1911グラーツ、オーストリア。 尿毒症
  • 埋葬:火葬、(住所)ベルリン、ゲーテシュトラーセ21、c / oエミンガー。
  1. 1876年コンサートジフラヴァ12年09月1876日–ヴァイオリンとピアノのためのソナタ、ピアノのためのカルテット、2つのヴァイオリンとヴィオラ(ピアノ)

グスタフ・マーラーと一緒にウィーンの音楽院(1872-1876)でヴァイオリン、ピアノ、オルガン、作曲を学び、クレン教授のXNUMX年目の作曲クラスのメンバーでした。 グスタフ・マーラーの受賞歴のあるピアノ五重奏曲のシェルゾが演奏されたのと同じコンサートで、ルドルフ・クルジザノフスキーによる弦楽六重奏曲のアダージョが演奏されました。 プラハの音楽院でも学びました。 先生 アントン・ブルックナー(1824-1896).

コンサバトリーを去った後、彼は多くの指揮者の任命を行ったようであり、そのほとんどは彼が成功したプラハにありました カール・ムック(1859-1940) 1892-1895年から最初の指揮者として、1898年から1907年までホフカペルマイスターであったワイマールとして。 マーラーとKrzyzanowski兄弟との初期の友情は暖かく親密でした。

彼はルドルフと共通の興味と野心を持っていました、そして時々彼の休暇計画は両方の兄弟を含みました。 数年間の彼の通信は、ルドルフの経歴に頻繁に言及しており、彼はいつでもアドバイスしたり、必要に応じて友人に代わって影響力を行使したりする準備ができていました。 彼は、例えば、彼がライプツィヒに移ったとき、ルドルフがカッセルで彼のポストを埋めるべきであると彼のエージェントに提案しました。 少なくとも1890年代まで、彼の手紙は彼が若い頃のこれらの仲間と連絡を取り合っていたことを示しています。

ルドルフ・クルジザノフスキー(1859-1911)

ある段階で、ハインリッヒはマーラーにオペラのプロジェクトを提案する手紙を書いたが、その考えは何も起こらなかったようだ。 一緒にアルプスウォーキング。 ハレ・アン・デア・サーラ、エルバーフェルド、ミュンヘン、プラハ、ハンブルクでカペルマイスターとして働いた。 グスタフ・マーラーと共にハンブルクで働いた(1892年から1897年の期間)。 1898- 1907年のワイマール(11- 1899年)に、彼はグスタフ・マーラーのダイ・ドレイ・ピントスを演じました。 ルドルフ・クルジザノフスキーはマーラーと協力して、ブルックナーの交響曲第3番のピアノデュエットバージョンを準備しました。

RudolfKrzyzanowskiとGustavMahlerがでコンサートを行いました Hotel Czap(Zizkova s​​treet No. 15/1696、Sct。Johann's Platz No. 50/51)、12年09月1876日のイフラバ。 見る 年1876.

Krzyzanowskiの生年月日は不明です。 彼はグスタフ・マーラーのほんの数週間後に1911年に亡くなりました。

彼の兄は ハインリッヒ・クルジザノフスキー(1855-1933).

二人の兄弟は二人とも親しい友人でした ハンス・ロット(1858-1884) とグスタフマーラー。

その他

Krzyzanowski studierte seit 1872 am Wiener Konservatorium Geige、Orgel、Klavier undKomposition。 ErzähltedortgemeinsammitFriedrichLöhr、Hans Rott und Hugo Wolf zum engen Freundeskreis Gustav Mahlers、der 1875 bis 1878 in Wienstudierte。 Gemeinsam mit Mahler wurde er mit der Erstellung des Klavierauszuges von Anton Bruckners 3. Sinfoniebeauftragt。 Mahler setztesichauchspäterfürKrzyzanowskiein、der(nach Stationen ua in Laibach、Hannover und Halle und Prag)auf seine Empfehlung hin 1896/97 die Stelle des Zweiten Kapellmeisters am Hamburger Stadttheater – neben Gustav Mahler –innehatte。 Allerdings kamesdortzumZerwürfnis。

Seit 1898 wirkte Krzyzanowski als Erster Kapellmeister der WeimarerHofkapelle。 MitdemebenfallsdorttätigenKapellmeisterPeterRaabekam es zu Rangfolge-Streitigkeiten、die 1907zurEntlassungKrzyzanowskisführten。 VorGerichtzunächstabgewiesen、bekam er 1910Recht。 EinermöglichenWiedereinstellungkamseinplötzlicherTodalsFolgeeiner Operationzuvor。

KrzyzanowskiwarmitderSängerinIdaDoxat(* 1867)verheiratet。 SeinältererBruderHeinrichKrzyzanowski(1855–1933)戦争シュリフトステラー。

Von Krzyzanowskis wenigen erhaltenen Kompositionen sind beim Verlag Ries&ErlerfünfLiederfürGesangundKlavierpubliziert。

ハ短調のプレルディウム交響曲(マーラーのブルックナー)

エラーを見つけた場合は、そのテキストを選択してを押して通知してください Ctrlキー+ Enterキー.

スペルミスレポート

次のテキストが編集者に送信されます。