低療養所、 ウィーン、オーストリア。

  • 死の場所グスタフ・マーラー。
  • また綴られる:Löw療養所、Loew療養所。
  • Mariannengasse 20、IX地区、ウィーン、オーストリア。
  • から徒歩15分 ウィーン国立歌劇場(Hofoper、Wiener Staatsoper)
  • 82号室のグスタフ・マーラー、83号室のアルマ。

ロウ療養所は、グスタフ・マーラーやグスタフ・マーラーなど、多くの重要な世紀末の人物の扱いで特に注目に値しました。 グスタフ・クリムト(1862-1918)、 と同様 ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン(1889-1951)。 ウィーンでのウィトゲンシュタインの時代の研究で、アラン・ジャニクとハンス・ベイグルは、療養所とその環境での哲学者の時代について次のように述べています。 私立病院は当時の貴族階級の優雅なライフスタイルの一部でした。 低療養所 アントンロー(1871-1847)によって1907年に設立されました。 彼はソフィー・フランツィスカ・ウンガーと結婚しました(1933年に亡くなり、79歳でした)。 Armin Czinner(1853-1918) ローラ・アンガー(1861年生まれ)と結婚した。

1907から 低療養所 ウィーナー療養所と呼ばれていました。 1938年に閉鎖。

患者:

低療養所.

低療養所.

低療養所、庭。

18-05-1911 Morgenblattの記事:夜は静かに過ぎていった。 マーラーは彼の睡眠を助けるために温かい牛乳と低用量を与えられました。 朝、彼はコーヒーを飲み、彼の体温はゆっくりと下がり始めました。 しかし、終わりが近づいており、マーラーが質問や薬に反応しなかったことは、腎臓、肺、心不全の進行段階を示していました。 マーラーはぼんやりとした目で横たわっていた。 XNUMX本の指がキルトを指揮していました。 彼の唇には笑顔があり、二度彼は言った:「モーツァルト!」 彼の目はとても大きかった。 私はChvostekに、彼がそれ以上何も感じないように、彼に大量のモルヒネを与えるように頼みました。 彼は大きな声で答えた。 私は彼の手を握った:「そっと話してください、彼はあなたの言うことを聞くかもしれません。」 –「彼は今何も聞いていません。」 アルマの回想には彼女の慣習的な演劇性がありますが、 ブルーノ・ワルター(1876-1962) 作曲家の最後の数時間の「死との恐ろしい闘争」についての彼の説明でも同様に劇的でした。

ライター ヘルマン・バール(1863-1934) 影響により アルバン・ベルク(1885-1935) 療養所の外で監視を続けていましたが、内部からのニュースはほとんどありませんでした。 18月XNUMX日は長い警戒であることがわかります。

年1911。 マーラーが亡くなる前日に「グスタフ・マーラーの死の床」という見出しの下に登場したモルゲンブラット(17-05-1911)の彫刻。 ウイーン低療養所.

18-05-1911 低療養所、死亡診断書グスタフマーラー。

19-05-1911 低療養所、デスマスクグスタフマーラー製 カール・ジュリアス・ルドルフ・モル(1861-1945).

19年05月1911日死亡記事 グスタフ・マーラー(1860-1911) by アルマ・マーラー(1879-1964) 影響により アンナ・ジャスティン・マーラー(グッキー)(1904-1988) (アンマリア)。

19年05月1911日死亡記事 グスタフ・マーラー(1860-1911) by ウィーン国立歌劇場(Hofoper、Wiener Staatsoper).

2014 低療養所、Mariannengasse 20、ウィーン、オーストリア。

2014 低療養所.

2014 低療養所.

2014 低療養所.

2014 低療養所.

その他

Sanatorium Loew(9、Mariannengasse 20)、Privatkrankenanstalt、1859 von Dr. Heinrich Loew in bescheidenem Umfang im2.Bezirkgegründet、1874 von Dr. Anton Loew(1847-1907)übernommenundvergrößert、1882 jedoch in den 9. Bezirk nach dem Programm des Besitzers wurde hier daserstePrivatsanatoriumfürchirurgischeErkrankungen(Belegraum 36 Betten in Einzelzimmern)geschaffen(NeubaunachPlänenvonLeopoldSchöne)、1894nachPlänenvonLudwig Souterain Turnsaal、außerdemLaboratoriumfürbakteriologischeundhistologische Untersuchungen)。 90 wurde das Sanatorium Loew in eine Aktiengesellschaft umgewandelt(die 1906 ein angrenzendes Haus alsinterneAbteilungmitmehrräumigenAppartementsAdaptierteund1905 dreiweitereHäusererwarb、die in den Sanatoriumsbetrieb integrier ViergeschossigesspäthistoristischesGebäudemitRiesenpilasterordnungamMittelrisalitundkassettiertemTonnengewölbeimFoyer。 Neu geschaffenwurdeeinegynäkologisch-geburtshilflicheAbteilungmit1906Einzelzimmern und zweieigenenOperationssälen、Entbindungs- und Kinderzimmer sowie Boxenstation、ebensoWohnraumfür1907Schwesternder Kongregation der„Tö DaskompletteArealumfaßte30m50(davon waren 11.900 m2verbaut)。 Im obersten Stockwerkは、vier gesondertenGruppendieOperationssäleangeordnetで警告します。 ZurinternenAbteilunggehörteauchdasRöntgeninstitut。 Das Sanatorium Loew war zuseinerZeitdiegrößtePrivatkrankenanstaltinWien。 4.550年清算derAG。 ÜbernahmedesHaupthausesdurchdas Deutsche Reich、VerkaufderübrigenGebäude。 Seit2istimGebäudedieGeneraldirektionderÖBBuntergebracht。

Im Sanatorium Loew starben unter anderem Alexander Girardi、 エイミル・ヘルツカ(1869-1932)、Wilhelm Hesch、Josef Kainz、Rudolf Kaufmann、Ludwig Koch、Josef Loschmidt、Gustav Mahler、Hansi Niese(auf dem Transport dorthin)、August Pettenkofen、Arthur Schattenfroh、Julius Scheff、Heinrich Schenker、Moritz Szeps、Ernst Wertheim und Heinrich

エラーを見つけた場合は、そのテキストを選択してを押して通知してください Ctrlキー+ Enterキー.

スペルミスレポート

次のテキストが編集者に送信されます。