• 年表: 年1898.
  • 勤務地:  Neues Deutsches Theater(州立オペラ).
  • 自然:オーケストラと合唱団の年金基金のためのXNUMX回目のフィルハーモニーコンサート。
  • プログラム:マーラー、ベートーベン、ベルリオーズ、ヘルマン、シューマン、シューベルト、ベートーベン。
  • 作曲マーラー:
  • ソリスト:いいえ。
  • 導体: グスタフ・マーラー(1860-1911).
  • オーケストラ: Koniglich DeutschesLandestheaterのオーケストラ チェコ国立劇場の25人のプレーヤー、合計90人のプレーヤーによって補強されました。
  • コーラス:いいえ。
  • コンサート番号:c098。
  • 注:プラハでの初演。 22年前の07-1888-1888に、ボヘミアがグスタフ・マーラーの交響曲が来シーズン(つまり、1889-XNUMX)にプラハで作曲家によって演奏されると報告したのは興味深いことです。 
  • Prager Tagblatt03-03-1898でのレビュー
  • Prager Tagblatt05-03-1898で確認してください。 WB 
  • AdalbertKulhanekによるボヘミア05-03-1898のレビュー
  • AdalbertKulhanekによるボヘミア05-03-1898のレビュー。 レターフロン アンゲロ・ノイマン(1838-1910) 〜へ グスタフ・マーラー(1860-1911)
  • Neue musikalische Rundschau 02-1897 / 98でレビュー。 ページ49-51

1898年コンサートプラハ03-03-1898–交響曲第1番.

エラーを見つけた場合は、そのテキストを選択してを押して通知してください Ctrlキー+ Enterキー.

スペルミスレポート

次のテキストが編集者に送信されます。