• ソリスト:いいえ
  • 導体: リヒャルト・シュトラウス(1864-1949) 及び グスタフ・マーラー(1860-1911)
  • オーケストラ:エッセンとユトレヒトの合同市営オーケストラ
  • コーラス:いいえ
  • コンサート番号:c185
  • 注:エッセン市長の突然の死により、コンサートの前夜に、リヒャルト・シュトラウスはグスタフ・マーラーに故人に敬意を表して「葬儀の序曲など」でコンサートを開くように依頼しました。マーラーの要求は明らかに拒否されました。 一般的なリハーサルは、11年00月27日午前05時に行われました。 1906年01月05日、マーラーは ウィーンフィルハーモニー管弦楽団(VPO)。 エッセンでのリハーサルのある時点で、彼は2つの中間楽章の順序を逆にすることにしました。「スケルツォ」は元々3番目の楽章、「アンダンテ」、XNUMX番目の楽章でした。 研究スコアに添付された通知は、変更について聴衆に通知します。
  • ウィレム・メンゲルベルク(1871-1951) プレゼント。

1906年コンサートエッセン27-05-1906–交響曲第6番(初演).

エラーを見つけた場合は、そのテキストを選択してを押して通知してください Ctrlキー+ Enterキー.

スペルミスレポート

次のテキストが編集者に送信されます。