1906年コンサートミュンヘン08-11-1906–交響曲第6番

  • 年表: 年1906
  • 勤務地:  カイム・サール (1905年から「トンハレ」と呼ばれています)
  • 自然:オーストリア・ハンガリー帝国救援基金とミュンヘンの貧しい人々の利益のために
  • プログラム:マーラー、ワーグナー、シュトラウス、ヴァインガルトナー、ウルフ、リスト
  • 作曲マーラー:
  • ソリスト: ティリー・ケーネン(1873-1941)
  • 導体: グスタフ・マーラー(1860-1911)
  • オーケストラ:拡張されたKaimオーケストラ。 ミュンヘンフィルハーモニー管弦楽団(MPO)
  • コーラス:いいえ
  • コンサート番号:c187
  • 注:マーラーの初演–ミュンヘンでの交響曲第6番。 エッセンの場合のように 1906年コンサートエッセン27-05-1906–交響曲第6番(初演)、中間楽章の順序は再びアンダンテ、シェルゾでした。 プログラムの小冊子に同封されている別の紙は、マーラーがウィーンに召喚されたためにリスト協奏曲を指揮できなかったことを聴衆に知らせています。 彼は、コンサートの準備をしただけでなく、14年11月1906日にミュンヘンでマーラー交響曲第6番のリピート演奏を指揮したベルンハルトシュタヴェンハーゲンに取って代わられました。 マーラーは09-11-1906にウィーンに戻り、その夜にオペラを指揮し、翌朝ブルノに向けて妻と一緒に出発しました。

参照

ウィリアム・リッター(1867-1955)

ジャンコ・カドラ(1882-1927)

スペルミスレポート

次のテキストが編集者に送信されます。