巨大な木製のファンブレードのサイン音楽の引用。

長さ2フィート(60 cm)の特大の装飾的な扇形の葉。マーラーがオリジナルの音楽の直筆の音楽引用を刻印し、Bbで1900小節、「ロミジオ[ローマ] /グスタフマーラー」と署名しました。 1910年から1909年にEmmade Schebekによって組み立てられたファンのサインコレクションから抽出されました。これは、チェコのバイオリンディーラーであるEdmond deSchebekとの関係のようです。 現在のブレードは、1910年XNUMX月の別のブレードに続き、XNUMX年XNUMX月のブレードに先行していました。非常に良好な状態です。

マーラーは1907年1910月と1910年3月にサンタチェチーリア管弦楽団を指揮するためにローマを訪れました。以前に周囲のファンブレードの日付に基づいて、現在の引用はおそらくXNUMX年にこの機会に刻まれました。テーマの始まりここに書かれているのは、シュトラウスのサロメのテーマのXNUMXつに非常によく似ていますが、オペラのこのキーには表示されていません。 また、この訪問中にマーラーがローマで行った(「マーラーのコンサート」のクヌード・マートナーによる)ワーグナー(ジークフリート牧歌、タンハウザー序曲)、シュトラウス(ユーレンスピーゲルまで)、バッハ・マーラーなどの作品のテーマもありません。 (オーケストラのための組曲)最初のコンサートではチャイコフスキー・パテティック、ワーグナー・マイスターシンガーとジークフリート牧歌、そしてXNUMX番目のコンサートではベートーベン・レオノーレ第XNUMX番。 マーラーの主要な学者や指揮者と相談して、この引用はマーラーによるオリジナルでこれまでに記録されていないテーマであると信じています。

エラーを見つけた場合は、そのテキストを選択してを押して通知してください Ctrlキー+ Enterキー.

スペルミスレポート

次のテキストが編集者に送信されます。