用語

 

マーラー交響曲の用語

ab

離れて( ソルディネンab  =ミュートオフ)

アブダンプフェン

湿らせる

ABER

焙煎が極度に未発達や過発達のコーヒーにて、クロロゲン酸の味わいへの影響は強くなり、金属を思わせる味わいと乾いたマウスフィールを感じさせます。

アバードイチ

しかし、明確に、明確に

アバー・ニヒト・エイレン

急がないで

アベル・ウチタイガー

でも重くて重い

アブウェクセルンド

交互の

すべて

alleBetonungen後件durchführen

すべてのアクセントが完全に実現

alle Pausen ガット ゲハルテン

すべての休息はよく維持されます

allmählichzumTempoIzurückkehren

徐々にテンポIに戻る

アルトソロミットチョー

コーラスとアルトソロ

グリフブレットです

指板に

ステグです

橋で [ポンティセロ]

ダイザーStellewirken die Posaunen、Violinen undViol。 nur im Notfalle mit、wen es gilt den Chor vor“ Fallen” zubewahren。

このパッセージでは、トロンボーン、バイオリン、ビオラは、コーラスがパンクしないようにするために必要な場合にのみ演奏する必要があります。

AnmerkungfürdenDirigenten

指揮者への注意

上の

[eg auf der G-Saite = Gストリング上]

アウフ・ホルツ・ゲシュラーゲン

木にぶつかった

遠くから

遠くから

オース・ワイター・フェルネ

遠くから

Ausdrucken

表現

オースドラックスヴォル

エスプレッシーボ

ausgeführtwiebeiZiffer6

リハーサル6番と同じように演奏

beidesv。Einemgeschalgen

[バスドラムとシンバル]の両方をXNUMX人で演奏

benütztdieA-undDes-Pauke des 2. Paukers

2番目のプレーヤーのAとDフラットティンパニを使用します

…benütztdiekleinePaukedes 2. Spielers

1人目は2人目の小さなティンパノを使う

心強いです

落ち着く

特に静かな

特に軽く

最高の

正確、明確、決定

賭ける

強調、強調

biszumgänzlichAufhören

完全に停止するまで

ビスツムシュラス(ブライト)

最後まで(広い)

biszurUnhörbarkeitabnehmen

聞こえなくなるまで減少する

bleiben(bleibt)ohneDämpfer

ミュートなしのまま

広い

広い

ケアール

カエスラ

「Cäsur」とheiraufplötzlichvorwärts

カエスーラそして突然前進

CelliundBässe「リズミッシュ」nichtTriolen spielen

チェロとベースはトリプレットではなく「リズミカルに」演奏します

ダンパー

ミュート

Dämpferab、Dämpferabnehmen、Dämpferabsetzen、ohneDämpfer、keineDämpfer

ミュートなし

Dämpfernachundnachabnehmen

ミュートをXNUMXつずつ削除します

Dascresc。 dauert bis zum EintrittderStreicherundHolzbläserundmusssehrmächtigsein; der Dirigent muss das Temposolangezurückhalten、bisdiegrössteKrafterreichtist。 Beim EintrittederStreicherundHolzbläsertretendieMetallinstrumentezurück、um den Eintritt jener night zu“ decken”。

  クレッシェンド 弦楽器と木管楽器が入るまで続き、非常に強力でなければなりません。 指揮者は、最大の強さに達するまでテンポを抑える必要があります。 弦楽器と木管楽器の入り口で、真鍮は入り口を覆わないように後退します。

ストレッチ

ストレッチ

デム・チョル・ナハゲベン

コーラスに道を譲る

der 1. Ton des Gliss:stark zu betonen

の最初のトーン グリッサンド:強くアクセントを付ける

はっきり

明確に、明確に

死ぬ2.BässenichteineOctavehöher、sonstwürdedievomAutor意図的Wirkungausbleiben; es kommt durchaus nicht darauf an、diesetiefenTönezuhören、sondern durch deise Schreibart sollen nurdietiefenBässeverhindertwerden、etwa das obere B zu“ nehmen”、und so dieobere注zuverstärken。

2番目のベースはXNUMXオクターブ高くありません。そうしないと、作曲家が意図した効果が損なわれます。 深い音を聞くことは問題ではありませんが、この書き方は、低音がより高いBフラットをとることを防ぎ、それによってそれを強調しすぎることを防ぐためだけのものです。

死ぬ4TrompetenmüssenausentgegengesetzerRichtungher erklingen

4つのトランペットは反対方向から聞こえる必要があります

andereHälfte死ぬ

残りの半分

Ferneaufgestelltenで死ぬ4HörnermögenzurVerstärkung死ぬThemaのheragezogenwerden、アレンdarauffolgenden eigens bezeichnetenStellenのebenso。

遠くにあった4つのホーンは、このテーマと、その後の明示的に指定されたすべてのパッセージを補強するために使用できます。

死ぬミット ^ bezeichnetenNotenlängergehalten

で示された注記 ^ より長く持続

Die Striche | bedeuten die Stelle、wo die verschiedenen Instrumente im Rhythmus zusammenfallensollen。

ストローク| 個々の楽器がリズミカルに集まる場所を示します。

Triolenfigur immer gleichschnell、Pausenbreiterausführenが死ぬ

トリプレットの数字は常に同じくらい速い。 残りはより広く実行されました

Viertel死ぬzuletzt死ぬHalben

前の二分音符のような四分音符

Diese Instrumente sollen zu dieser Nummer neben einander、am besten im Hintergrunde des Orchestrarraums aufgestelltsein。

この動きのこれらの楽器は、互いに近くに、できればオーケストラの後ろに配置する必要があります。

ディト

同上

Doppelgriff(Dpplgr。)

重音奏法

ドレンゲンド

前進する

dreifach geth [eilt]、3-fachfeth。

3パート ディヴィシ

ダフティグ

フィルム状、かすんでいる

ドゥルクハウス・ツァルト

全体に優しく

エコー

echo

エコートン

エコーのように

活気がある

精力的に動く

アースターベンド

死にかけている

…es-Clar。 B umwechseln(ist bis Ziffer 17 als 4.Clar。notiert)

2番目のEフラットクラリネットがBフラットに変更されます(リハーサル番号4までは17番目のクラリネットと表記されます)

エトワス

幾分

etwas bewegter

やや感動的

etwasdrängend(er)

やや(もっと)前に進む

エトワス・エナギッシュ・イム・テンポ

ややエネルギッシュなテンポ

etwas hervortretend

やや前面に(より強調)

etwasnäherundstäker

やや近くて強い

エトワス・シュネラー

やや速い

etwasschwächer

やや弱い

etwaszurückhalten(d)

やや抑えられた(抑えられた)[テンポ]

…fachgetheilt(geth。)

ディヴィシ  [例:4 fachgeth。 = 4部構成  ディヴィシ]

滝はBässekeineC-Saitehaben、sind 2 derselben herunter zu stimmen、死ぬÜbrigenpausiren。

ベースにCストリングがない場合は、そのうちの2つがチューニングダウンします。 他は休む。

高速unhörbareintreten

ほとんど聞こえないように入る

羊歯

遠い

国旗。 [=フラジオレット]

高調波

fliessend(fließend)

流れます

folgt ohne jede Unterbrechung der 4.(5.)Satz

4番目(5番目)の動きは中断することなく続きます

ガンゼ・タクテ・シュラーゲン

バー全体を打つ

gänzlichersterbend、gänzlichverklingend、gänzlichverschwindend

完全に死にかけている

gedämpft

ミュート; (ドラム)こもった

gehalten

持続[着実]

ゲマクリヒ

快適でのんびり

gesangvoll、gesangsvoll; gesangvoll hervortretend

歌う; 歌を強調

gestopft(gest。)

停止[ホーン&トランペット]

gestrichen

撫でられた[再:お辞儀]

Gesung

歌われる

geteilt、getheilt(get。、geth。)

ディヴィシ

getragen

厳粛な、測定

ゲェンリッヒ

通常[つまり、ホーンの停止など、特定の効果をキャンセルする]

描画

描かれた[弓のストロークとして  ランゲゾゲン  =長いストローク]

gleichabdämpfen

すぐに減衰

グリフブレット; グリフブレットです

指板の上/で

グロストン、グロストンウントヴェルメ

ビッグトーン、ビッグトーン、そして暖かさ

良い、よく

腸hervortretend

よく強調

ハルベ・ブライト・タクティエレン

広い二分音符を打つ

ハルベタクティエレン

二分音符を打つ

Halbe taktieren(aberdasZeitmasszunächstnochnichtbeschleunigen)

二分音符を打つ(しかし何よりもまだ温度を加速していない)

ハルベス・ワーク

臓器の減少

ヘルフテ; 死ぬHälfte

セクションの半分

ハートシュラーゲン、ハートゲシュラーゲン

激しく打った

heftigdrängend

激しく前進する

hervortretend(hervortr。)

前面に出て、強調

Hier folgt eine Pause von mindestens 5Minuten。

ここでは、少なくとも5分間の一時停止が続きます。

HieristdasZeitmaßdurchdievorangegangeneunmerkliche Steigerung bereits“ Energisch bewegt”(ohne zu eilen)geworden; dasselbe ist noch immer weiter zu steigern bis zum Eintritt des a tempo(Piùmosso)

ここにテンポがあります。 前述の、知覚できない強化によって、(急ぐことなく)「エネルギー的に動く」ようになりました。 のエントリまで、それはまださらに増加することです テンポ(Piùmosso)。

hier solldieMusikvielstärkerhörbarsein

ここで音楽ははるかに強く聞こえるようになります

Hier、wie bei der folgende gleichartigen Stelle ist darauf zu achten、dass sich die Triller der1.u。 2. Geigen dicht a einander schliessen、und keine Pause dazwischen entsteht(einen“ Trilerkette”)もそうです:

ここでは、次の同じタイプのパッセージのように、1番目と2番目のバイオリンのトリルがシームレスかつ厚く合わさり、それらの間に切れ目がないように注意してください(「トリルのチェーン」)。

HOCH

高いです

Holzinstrumente sehr hervortretend

木管楽器は非常に強調されています

Holzschlägel(n)

木槌

HörnerinmöglichstgroßerAnzahlsehrstarkgeblasen、und in weiter Entfernung augestellt

ホーンは可能な限り多く、非常に強く演奏され、遠くに配置されました

イムオーケストラ

オーケストラで[舞台裏とは対照的に]

im Tempo des Scherzo; 野生のherausfahrend

スケルツォのテンポで; 乱暴に運転する

im Tempo nachgeben、im Tempo nachlassen

テンポにリラックス

Im Verlaufe der letzten Periode ist das Tempo andieserStelledurchdasnatürlicheZurückhalteneinsehrgemässigtesgeworden。

最後のパッセージの過程で、この場所のテンポは、自然な抑制によって、非常に穏やかになりました。

常に

常に

イマーベウェガー

常により動きやすく[つまりより速く]、よりアニメーション化

イマーダッセルベゲトラジーンツァイトマス

常に同じ厳粛なテンポ

シダとシダを浸す

常に遠くへ

没入型gestopft(gest。)

常に停止

イマーランサマー

常に遅い

immermehrundmehrzurückhaltend

ますます抑制

immer(mit)Dämpfer、immer mitSord。

常にミュート

immermitVerstärkungbiszumSchluss

常に最後まで補強[倍増]

イマーノック(etwas)drängend

常に(やや)前に進む

immernochetwasvorwärts

常にやや前向き

immernochmehrzurückhaltend

これまで以上に抑制

イマーノックunmerklichzurückhaltend

常にいつの間にか抑制している

イマーオフフェン

常にオープン

イマースプリング。 ボグ。

常に  スピッカート

イマーヴォルワーツ(drängend)

常に前方(前方に押す)

イマーwuchtig

常に重い

den ersten Takten desThemaのsinddie Bassfiguren schnellinheftigemAnsturmungefähr[Viertel] = 144、die Pausen jedoch im Hauptzeitmass [Viertel] =84-92auszuführen。 Der Halt im 4. Takte ist kurz — gleichsam ein Ausholen zu neuerKraft。

テーマの最初の小節では、低音の数字が激しい猛攻撃で迅速に演奏されます[四半期] = 144; ただし、残りはメインテンポ[四半期] = 84-92です。 バー4のホールドは短いです—新しい強さの準備として。

インデアフェルネ

遠方に

ruhig fliessenderBewegungで

平和に流れる動きで

imTempoIzurückkehren

テンポIに戻る

weiter Entfernung、weite Ferne

遠い距離で

weitester Ferne aufgestellt

最も遠い距離に配置

イニグ

親密で、熱心で、熱心で、誠実です

ジャニヒト・エイレン

急がないで

ジェ・エイン・トン・フォン・アイネム・パルト

デスクごとにXNUMXつのメモ

ジェデ・メルファハ・ベセッツ

各パート[ハープ1-2]複数のプレーヤー

ジェデントン

各トーン

jedenTongleichabdämpfen

各音符は等しく減衰します

jeder mit 3 ポーケン

それぞれに3つのティンパニ

kaumhörbar

ほとんど聞こえない

keineDämpfer

ミュートなし

キーントリオール

トリプレットではありません

クライン・パウケ

小さなティンパノ

クリンゲンラッセン

鳴らして

klingt、wieinallenweiterenFälleneineOctavehöher

それ以降のすべての場合と同様に、XNUMXオクターブ高く聞こえます

強く

強くて丈夫

コース

短い

クルツ・ゲストリチェン

[弓の]短いストローク

kurzer 停止; クルゼ・ハルテ

ショートホールド

lang gestrichen、lang gezogen

[弓の]長いストローク

lang、lange

長い

lang und verklingend

長くて死にかけている

langsam(er)

もっとゆっくり)

ランサム・シュタイガーン

ゆっくりと激化

langsame Halbe、langsame Halbe taktieren

遅い二分音符、遅い二分音符を打つ

わずかに

軽く

ライヒト ウント デュフィグ ゲシュピエルト

軽くぼんやりと遊んだ

ライデンシャフトリッヒ

情熱的に

leidenschaftlich aber zart

情熱的だが優しい

リンク(aufgestellt)

(配置)左側

ルフポウズ

息を止めます

mehrfach besetzt

複数のプレイヤーによってXNUMX倍になりました

マサチューセッツ工科大学(MIT)

 

mit aufgehobenen Schalltrichter、mitaufwärtsgerichtetemSchalltrichter

ベルアップ

mit Aufschwung、aber nicht eilen

勢いはあるが急いではない

ミット・オースドラック

式で

mitDämpfer(n)

ミュート付き

mit dem Bogen geschlagen、mit dem Bogen schlagen

弓で打った、弓で打った

ミット・デュルクハウス・エルンステムとフェイエリケム・アウシュドラック

真面目で厳粛な表現で

ミット・アイネム 指

XNUMX本の指で

miteinem男性etwaswuchtiger

一気にやや重い

mitetwasdrängendemCharakter

やや前向きな性格で

mithöchsterKraft

最大の力で

mithöchsterKraftentfaltung

力の最大の展開で

mitHolzschlägel(m。Holzschl。)

木槌付き

ユーモアをミット

ユーモアを交えて

mit leidenschaftlichem Ausdruck

情熱的な表現で

mitPaukenschlägeln

ティンパニマレット付き

mitSchlägel、mit2Schlägeln

マレット付き、2マレット付き

mitSchwammschlägel

スポンジ[すなわち柔らかい]木槌で

mit Sordinen(Sord。)

ミュート付き

ミット・スタイゲルンデム・オースドラック

表現力を高めて

mit Teller(n)

プレート付き[すなわちクラッシュシンバル]

mitVerstärkung

補強付き[すなわち倍増]

Muss so schwach erklingen、daßesdenCharakter der Gesangstelle Celli undFag。 keinerlei Weisetangiertで。 Der Autor denkt sich hier、ungefähr、vomWindvereinzelndherübergetrageneKlängeeinerkaumvernehmbarenMusic。

チェロやファゴットのメロディックな通過に影響を与えないように、弱く聞こえる必要があります。 作曲家はここで、大まかに言って、ほとんど聞こえない音楽の孤立した音が風に乗って運ばれると考えています。

によって

[ある音符から別の音符へのティンパニ調律の意味で]

ナハゲベン

道を譲り、リラックス

ナハラッセン; ナクラセンド

リラックス

näher(コメンド)

(来る)近く

ナットリッヒ

自然に[つまり、停止したホーンなどの特殊効果をキャンセルする、または  コル・レグノ]

neben den beiden Harfen zuplacieren

配置された両方のハープを聞く

ネーメン デン プラッツ イム オーケストラ アイン

オーケストラで開催

nehmen den Platz“ in der Ferne” ein

「遠くに」その場所を占める

nehnem ihren Platz“ in weiter Ferne” an

「より遠くに」彼らの場所を取ります

nehmen nachundnachdieDämpferab

ミュートをXNUMXつずつ削除します[つまり、一度にXNUMX人ずつ]

nehmen(nimmt)

取る

Nehmen wieder ihren Platz im Orchester ein; doch mit Bedacht darauf、nichtdurchGeräuschden“ a capella”Gesangzustören。

再びオーケストラで彼らの場所を取りますが、邪魔しないように注意してください  カペラ  どんな音でも歌う。

しない

Studio上ではサポートされていません。

ニッチ・ブレヘン

非アルペジオ [ハープ]

ニヒトデネン

伸ばさないで[時間]

ニッチ・エイレン; ジャニヒト・エイレン

急がないでください。 急ぐことさえ考えないでください

nichteint8vahöher!、(ja)nichteineOctavehöher

8ve高くはありません! [ベースに]、どのような状況でもXNUMXオクターブ高くはありません

ニッチ・ゲブロチェン

非アルペジオ [ハープ]

NICHT hinaufziehn

行進しない

nicht schleppen、nicht schleppend

ドラッグしないでください、ドラッグしないでください

nicht theilen(teilen)

非分割

ニッチトリラーン

トリルしないでください

ニッチ・ズ・シュネル

速すぎない

nichtzurückhalten

抑えられない[テンポ]

ニーアイレン

急ぐことはありません

nimmt(nehmen)

取る

nimmt zu diesem Takte dasタイフェ G des 1. Paukisten zu Hilfe

このバーでは、最初のティンパニストの低いG [ドラム]を手伝ってください

noch etwas langsamer

まだやや遅い

nochimmerundallmählichzurückhaltend

まだ常にそして徐々に抑制している

nochmehrdrängend

さらに前進

ノッチシュネラー

さらに速い

のみ

Nur 2 スパイラー

たった2人のプレイヤー

Nur die ersten 2 Pulte

最初の2つのデスクのみ

nurdieHälfte

半分だけ[セクション]

ヌール・ペデール

ペダルのみ

開く

開いた

せずに

無し

ohneDämpfer

ミュートなし

ohne hervorzutretend

強調されていない

ohne im Geringsten hervorzutreten

少しも持ち出されることなく

ohne Nachschlage、ohne Nachschl

猶予なし-注[つまり、トリルでエンディングが曲がっていない]

ohneVerstärkung

補強なし[倍増]

ポーケンシュレーゲル(n)

ティンパニマレット

プルト

[ひもの]机

rechts(aufgestellt)

(配置)右側

Saite

文字列[例  ジーサイト  = Gストリング]

Schalltrichter auf(Schalltr。auf;Sch。auf、SchalltrichterindieHöhe、Schalltrichter hoch

ベルアップ

scharf abgerissen、scharf abreissen

急激に剥がれた、または壊れた

マレット

マレット、ビーター

シンプル

シンプルでわかりやすい

シュメッテルド

真面目で、激しく、響き渡る

シュネル; シュネラー

早く、早く; より迅速に

schnell und schmetternd(wie eine Fanfare)

速くて真面目な(ファンファーレのように)

schonetwasstärkerhörbar

すでにやや強く聞こえる

シュヴェッヒャー

弱い

Schwammschlägeln; Schwannschl。; Schw。

スポンジ[すなわち柔らかい]槌

schwer

重い、重い、重々しい

非常に

非常に

sehr ausdrucksvoll(gesungen)

非常に表現力豊か(非常に表現力豊かに歌われる)

ベストティムト

非常に断固として

セイル・ブリット

非常に広く

ドイツ語

非常に明確に

sehrdrängend

非常に前進

サーエンフェルト

非常にリモート

sehr feierlich aber schlicht(Choralmässig)

非常に厳粛だがシンプル(コラールのような)

sehrgemächlich

とても快適(のんびり)

sehr gesangvoll(gesangsvoll)

とても歌が多い

セフ・ゲトラゲン

非常に厳粛で、測定され、遅い

第XNUMX楽章:第XNUMX楽章:第XNUMX楽章:

とても厳粛で歌深い

セア・ヘルヴェールテンド

非常に前面に

非常に短い

とても短い

とても長い

非常に長いです

非常にゆっくり

とてもゆっくり

sehr langsambeginnend

非常にゆっくりと始まります

sehr langsam und gedehnt

非常に遅く、伸びている

sehr langsam undstetigbiszurhöchstenKraftanschwellend

非常にゆっくりと着実に膨らみ、最高の強度になります

sehrmässigundzurückhaltend

非常に穏健で控えめ

セア・シャルフ・リズミジャート

非常に鋭いリズム

とても優しい

とても優しい

sehrzurückhaltend

非常に抑制された[テンポ]

sich(gänzlich)verlierend

消える(完全に)

シーヘウンテン

下記参照

Partitur bemerkten Stellen mit imOrchに巣穴を作ってください。 thätig。

スコアでマークされた場所で、彼ら[遠くのホーン1-4]はオーケストラで活動しています。

歌う

歌う

Sollen nichtmindestens2Contrabässedas“ Contra C” auf ihrem Instrument besitzen、so haben 2 Bassisten die“ E Saite” auf D herab zustimmen。 DiefehlendenTöneeineOctavehöherzuspielen、wie manchmal Gebrauch ist、ist hier、wie bei allen folgenden Gelegenheiten —unzulässig。

低いCを持つベースが少なくとも2つない場合は、2人のベーシストがEストリングをDにチューニングする必要があります。欠落しているノートを再生するには、次のすべての場合と同様に、XNUMXオクターブ高くします。許可されません。

Sopr。 ソロミットチョー

コーラスとソプラノソロ

Sordinen ab(Sord。ab)

ミュートオフ

スパイラー

プレイヤー

…Spielernimmtdie As-Pauke desII。 Spielers zur benutzung dieser Stelle

このパッセージを実行するために、1番目のプレーヤーが2番目のプレーヤーのAフラットドラムを使用します

springenden Bogen(春。Bog。)

跳ねる弓[すなわち&nbso;スピッカート ]

Stahlstäbe(oder Glocken)von tiefem(und)umbestimmtem Klang(e)

深い(および)不定のピッチの棒鋼(またはベル)

スターク

強い

完全なgeblasen

強く吹き飛ばされる

スターカー

強い

Steg。; ステグです

橋で[すなわち  ポンティセロ ]

ストレング・イム・テンポ

厳密にテンポで

StrichfürStrich

別々の弓[すなわち、不明瞭ではない]

teilen(theilen)

分割された

テラー(n); mit Teller

プレート[シンバルを参照]、クラッシュシンバル

tief; タイファー

低く、深く; 下

トリラーン、ニヒトトリラーン

トリル、トリルしないでください

トリオール

トリプレット

überallschnellabdämpfen

[オーケストラ]全体ですばやく湿る

UmdieContinuitätdesTempo'szubefestigen、empfiehlt es sich、in den ersten Takten noch Viertelanzuschlagen。

テンポの連続性を確立するために、最初の小節でXNUMX分のXNUMXを打つことをお勧めします。

…undist als4。クラール。 notiert

…そして4番目のクラリネットとして記されています

unmerklichdrängend

いつの間にか前に進む

untere Stimme nur von denmitContra-C-versehenenBässenauszuführen

下の声は、Contra-Cストリングを備えたベースでのみ再生されます

vereint、vereinigt

非分割、ユニゾン

verhallend

死にかけている

verklingend、verklingen lassen

死ぬ、死ぬことを許す

viel Bogen(wechseln); viel Bogenwechsel

多くの弓; 多くの弓の変更

vielnäherundstärker

はるかに近く、より強い

フィアテル・タクティエレン

ビートクォーター

ヴォルズ・ワーク

フルオルガン

vonhierallmählichundunmerklichzuTempoIzurückkehren

ここから徐々にそしていつの間にかテンポIに戻る

von heirunmerklichallmählichineinetwasstrafferesTempoübergehen

これからは、いつの間にか徐々にやや厳しいテンポに溶け込んでいきます

von tiefem untereinander verschiedenemKlangeohnebestimmteTonhöhe

ピッチが異なる深みのある音

vorwärts、vorwärtsdrängend、vorwärtsgehen

前進、前進、前進、前進

ソフト

柔らかく、弱い

Wenn nichtmindestens2Contrabässdas“ Contra C” besitzen、sowirdvonallenBässenbloßdieOberstimmedieser5 Taktegespielt。

Cが低いベースが2つ以上ない場合、すべてのベースはこれら5つの小節の上の声だけを演奏します。

Wenn nicht wenigstens ein Bassist das Contra C auf seinemInstrumentzurVerfügunghat、sospielensämmtlicheBassistenunisonodieOberstimme。

楽器のCが低いベーシストが少なくともXNUMX人いない場合は、すべてのベーシストが一斉に上の声を演奏する必要があります。

wie eine Vogelstimme

鳥の鳴き声のように

…wiefrüher(死ぬ)…

…以前と同じように(the).. [たとえば、前の半音符と同じ速度の四分音符]

Wie vorher

従来通り

ワイズ・アンファング

最初のように

…wiezuletzt(死ぬ)…

…前のように…[例えば、前の半音符のような四分音符]

ウィーダー

再び

ウィダー

再びより多くの動き

wieder breit(er)

再び広い(er)

ウィーダー・エトワス・ゲハルテナー

再びやや持続

wiederetwaszurückhaltend

再びやや抑え[テンポ]

ウィダー・ゲハルテン

再び持続

wiederin'sTempozurückgehen

再びテンポに戻る

wieder langsam、wie zum Anfang

初めのように再びゆっくり

第 XNUMX 楽章: 第 XNUMX 楽章:

再び非常に広い

ウィーダースターカー

再び強く

ウィーダー ウンメルクリチ ベウェグター

再びいつの間にかもっとアニメーション化

wiederunmerklichzurückhaltend

再びいつの間にか抑制

wiederzurückhaltend

再び抑制[テンポ]

野生

野生

zarter

入札

ザルト・ベトン

優しく強調

zartdrängend

優しく前に進む

ザルト・ヘルヴァートレンド

優しく強調

ツァイトラッセン

時間がかかる

ziemlich bewegt

かなりアニメーション化

zueventuellerUnterstützungderHörner

必要に応じてホーンの補強のために

zumTempoIzurückkehren

テンポIに戻る

Zungenstoss(Zungenst。)

フラッタータンギング

Zur Vereinfachung des orchestralen ApparatesisdaraufRücksichtgenommen、daßdieseTrompeten、fallsesnötigist、von den im Orchestra wirkenden Musikern(3.4.5.6。Tr。)ausgeführtwerdenkönnenundhabendieselbenZeit genug ihre

オーケストラのロジスティクスを簡素化するために、これらのトランペットは必要に応じて通常のオーケストラメンバーから取り出され(Trp。3-6)、場所を変更するのに十分な時間があることに注意してください。

バック

バック

zurückhalten(d)

抑えたり抑えたり[テンポ]

zweidav​​onkönnendurchdie5.u。 6.Orch.-Trp。 ausgef。 ヴェルデン

これらのうちの1つ[遠くにあるトランペット4〜5]は、オーケストラの6番目とXNUMX番目のトランペットとして演奏できます。

スペルミスレポート

次のテキストが編集者に送信されます。