アルマ・マーラー(1879-1964).

アルマ・マーラー(1879-1964)。 声楽とピアノのための1915曲。 3年公開。曲XNUMX:Ansturm。 アルマ・マーラー(1879-1964) , グスタフ・マーラー(1860-1911).

アルマ・マーラー(1879-1964)。 声楽とピアノのための1915曲。 3年公開。曲XNUMX:Ansturm。 アルマ・マーラー(1879-1964) , グスタフ・マーラー(1860-1911).

アルマ・マーラー(1879-1964)。 声楽とピアノのための1915曲。 3年公開。曲XNUMX:Ansturm。 アルマ・マーラー(1879-1964) , グスタフ・マーラー(1860-1911).

アルマ・マーラー(1879-1964)。 声楽とピアノのための1915曲。 4年公開。曲XNUMX:エルンテリード。 アルマ・マーラー(1879-1964) , グスタフ・マーラー(1860-1911).

声とピアノのためのXNUMXつの歌 (1911年XNUMX月発行):

  1. まだシュタットを死ぬ。 (静かな町;リヒャルト・デーメル)。
  2. meines VatersGartenで。 (私の父の庭で; Hartleben)注:元の詩は「FranzösischesWiegenlied」と題され、1899年XNUMX月からXNUMX月の間に作曲されました。
  3. ラウエ・ソマーナハト。 (穏やかな夏の夜; Bierbaum)。 注:詩の元のタイトルはGefundenです。
  4. Bei dir ist estraut。 (あなたと一緒にそれは楽しいです;リルケ)。
  5. Ich wandle unterBlumen。 (私は花の間を散歩します;ハイネ)。

声とピアノのためのXNUMXつの歌 (1915年XNUMX月発行):

  1. Licht in derNacht。 (夜の光; Bierbaum)。
  2. Waldseligkeit。 (ウッドランドブリス;デメル)。
  3. Ansturm。 (嵐; Dehmel)。
  4. Erntelied。 (収穫の歌;ファルケ)。 注:詩のタイトルは間違っています。 正しいタイトルは「GesangamMorgen」(夜明けの歌)です。

 

Licht in der Nacht

Ringsum dunkle Nacht、Schwarz micheinのhüllt、
zage flimmert gelb fern her ein Stern!
Ist mir wie ein Trost、eine Stimme still、
dein Herz aufruft、dasverzagenが死ぬ。

Kleines gelbes Licht、bist mir wie der Stern
übermHauseeinstJesuChrist、des Herrn
unddalöschtesaus。 Nacht wird schwerが死ぬ!
シュラフヘルツ。 シュラフヘルツ。 DuhörstkeineStimmemehr。

Waldseligkeit

Der Wald beginnt zu rauschen、
denBäumennahtdieNacht、
als ob sie selig lauschen、
berührenseiesichsacht。

Und unter ihren Zweigen、
da bin ich ganz allein、
da bin ich ganz mein eigen:
ganz nur Dein!

Ansturm

Ozürnenicht、wenn mein Begehren
[Dunkel] 1 aus seinen Grenzen bricht、
Soll es uns selber nicht verzehren、
MußesherausansLicht!

Fühlstja、すべてのmein Innresブランデット、
Und wenn herauf der Aufruhr bricht、
Jähüberdeinenフリーデンストランド、
Dann bebstduaberduzürnstmirnicht。

Erntelied

DerganzeHimmelglüht
ヘレンモルゲンローゼンで;
Mit einem letzten、負けた
TraumnochimGemüt、
Trinken meine Augen diesenSchein。
Wach und wacher、wie Genesungswein、
Und nunkommtvonjenenRosenhügeln
グランツデタグウントウェンフォンセイネンフリューゲルン、
Kommt erselbst。 Und alter Liebe voll、
Daßichganzaihm Genesen soll、
Gram der Nacht und was sich [sacht] 1 verlor、
Ruft er mich a seine Brustempor。
UnddieWälderunddieFelderklingen、
UnddieGärtenhebenanzusingen。
Fern und dumpf rauscht das erwachteMeer。
Segel seh'ich in die Sonnenweiten、
WeißeSegel、frischen Windes、gleiten、
Stille、goldneWolkenobenher。
Und im Blauen、sindesWanderflüge?
Schweig o Seele! HastdukeinGenüge?
Sieh、einKönigreichhatdirder Tagverliehn。
オーフ! [und] 2 preise ihn!

声とピアノのためのXNUMXつの歌 (1924年XNUMX月発行):

  1. 賛美歌。 (賛美歌;ノヴァーリス)。
  2. エクスタシー。 (エクスタシー;ビアバウム)
  3. Der Erkennende (認識者;ヴェルフェル)。
  4. ロブゲサン。 (賛美の歌; Dehmel)。
  5. Hymne a dieNacht。 (夜の賛美歌;ノヴァーリス)。

オーディオ

注:1、3、4番は、1924年にポールv。クレナウおよび/またはアルバンベルクによって編成され、22年1924月17日にテノールのローレンツホーファーと指揮者のレオポルドライヒヴァインによってウィーンで初演されました。 これらの曲は、1929年XNUMX月XNUMX日にウィーンラジオでテノールのアントンマリアトピッツと指揮者のルドルフニリウスによって再び放送されました。 この機会に、アルマ・マーラーのインタビューが放送されました。 スコアとパーツはおそらく失われます。

死後 (2000年公開):

  1. LeisewehteinerstesBlühn。 (そっと最初の花を漂わせる;リルケ)、声とピアノのために。
  2. KennstdumeineNächte? (あなたは私の夜を知っていますか?;レオ・グレイナー)、声とピアノのために。

1920年のアルマ・マーラーの作曲の詳細については、彼女のページをご覧ください アルマ・マーラー(1879-1964).

エラーを見つけた場合は、そのテキストを選択してを押して通知してください Ctrlキー+ Enterキー.

スペルミスレポート

次のテキストが編集者に送信されます。