略語

  • バウハウス資料館(BHA)のAMBアルママラーブリーフ。
  • AML Alma Mahler、Mein Leben(Fischer、フランクフルト、1960); そして、橋は愛、短縮された英語版、trです。 EB Ashion(Harcourt Brace、ニューヨーク、1958年)。
  • AMM1 Alma Mahler、Gustav Mahler:Erinnerungen und Briefe(Bermann Fischer、ウィーン、1949年)。
  • AMM2 Alma Mahler、Gustav Mahler:Erinnerungen und Briefe(Propyläen-Ullstein、フランクフルト、1971年)。
  • AMM3 Alma Mahler、Gustav Mahler:Memories and Letters、Eng。 バージョン、tr。 バジル・クレイトン編Donald Mitchell、およびKnud Martner(Sphere Books、ロンドン、1990年)。
  • AMTS Alma Mahler-Werfel、Tagebuch Suiten 1898-1902、ed。 アントニー・ボーモントとスザンヌ・ロード・ブレイマン(フィッシャー、フランクフルト・アム・マイン、1997年)。
  • BAM Gustav Mahler、「Mein lieber Trotzkopf」、「meine susse Mohnblume」、Briefe an Anna von Mildenburg、ed。 と通信。 フランツ・ウィルナウアー(ジョルナイ、ウィーン、2006年)。
  • BAF Gustav Mahler、「Liebste Justi、Briefe a die Familie」、ed。 StephenMcClatchieとHelmutBrenner(Weidler、ボン、2006年)。
  • BAFe Gustav Mahler、The Mahler Family Letters、ed。 とトランス。 Stephen McClatchie(オックスフォード、オックスフォード、2006年)。
  • BDI3 Kurt Blaukopf、Mahler:Sein Leben、sein Werk und seineWeltinZeitgenössischenBildernundTexten(Universal Edition、Vienna、1976)。
  • BGAEinGlückohneRuh ':Die Briefe Gustav Mahlers an Alma、ed。 アンリ・ルイ・ド・ラ・グランジとギュンター・ヴァイス(Siedler。Berlin、1995)。
  • BGAeグスタフマーラー、彼の妻への手紙、編HLデラグランジとG.ワイス; エンジニアリングトランス。 およびrev。 アントニー・ボーモント(Faber、ロンドン、2004年)。
  • BHAバウハウス資料館。
  • BJVスティーブンベリエ。 ウィーンのユダヤ人1867-1938(ケンブリッジ大学出版局、ケンブリッジ、1989年)。
  • BMEアンナバーミルデンブルク。 Erinnerungen(Wiener Literarische Anstalt、ウィーン、1921年)。
  • BMG Ludwig Karpath、Begegnung mit dem Genius(Fiba、ウィーン、1934年)。
  • BMS Paul Bekker、Gustav Mahlers Sinfonien(Schuster&Loeffler、ベルリン、1921年)。
  • BSP Paul Stefan(ed。)、Gustav Mahler:EinBildseinerPersönlichkeitinWidmungen(Piper、Munich.1910)。
  • BVJ Steven Belier、Vienna and the Jews 1867-1938:A Cultural History(Cambridge University Press、Cambridge、1989)。
  • BWBブルーノ・ワルター、ブリーフ1894-1962(フィッシャー、フランクフルト、1969;クノフ、ニューヨーク、1959)。
  • BWMブルーノ・ワルター、グスタフ・マーラー(ライヒナー、ウィーン、1936年)。
  • BWTブルーノ・ワルター、テーマとバリエーション(フィッシャー、ベルリン、1950年); テーマと変奏曲、トランス。 ジェームズA.ガルストン(クノフ、ニューヨーク、1946年)。
  • DMM1ドナルド・ミッチェル、グスタフ・マーラー:初期(ロックリフ、ロンドン、1958年); 第2版​​、改訂版ポールバンクスとデビッドマシューズ(Faber、ロンドン、1980年)。
  • DMM2ドナルドミッチェル、グスタフマーラー:ワンダーホーンイヤーズ(ファバー、ロンドン、1975年)。
  • DMM3ドナルド・ミッチェル、グスタフ・マーラー:生と死の歌と交響曲(Faber、ロンドン1985)。
  • EDM Ernst Decsey、Musik war sein Leben:Lebenserinnerungen(Deutsch、Vienna、1962)。
  • EDS1 Ernst Decsey、Stunden mit Mahler:Die Musik、Berlin(Gustav Mahler-Heft)、10(1911):18、352ff。
  • EDS2 Ernst Decsey、Stunden mit Mahler:DieMusik。 ベルリン(グスタフマーラーヘフト)、10(1911):21、143ff。
  • FSMエルヴィン・シュタイン、「マーラーとウィーン国立歌劇場」、ハロルド・ローゼンタール(編)、オペラ・ベッドサイド・ブック(ゴランツ、ロンドン、1965年)。
  • EWL Egon and Emmy Wellesz、Egon Welles、Leben und Werk、ed。 フランツエンドラー(ジョルナイ、ウィーン、1981年)。
  • FGM Stuart Feder、Gustav Mahler:A Life in Crisis(Yale University Press、ニューヘブン、2004年)。
  • FPMフェルディナントプフォールグスタフマーラー:EindrückeundErinnerungenaus den HamburgerJahren。 ed。 Knud Mariner(Musikalienhandlung、ハンブルク、1973年)。
  • GAM Guido Adler、Gustav Mahler(Universal Edition、Vienna、first edn。、1911; 2nd edn。、1916)。
  • GWO Max Graf、Die Wiener Oper(Humboldt、Vienna、¡955)。
  • HHSハンスハインツシュトゥッケンシュミット、シェーンベルク:レーベン、アンウェルトワーク(アトランティス、チューリッヒ、1974年)。
  • HMWハンス・モルデンハウアー、アントン・フォン・ウェーバーン:彼の人生と仕事の記録(ゴランツ、ロンドン、1978年)。
  • HFR Hans Ferdinand Redlich、Bruckner and Mahler(Dent、ロンドン、1955年)。
  • IGMG Internationale Gustav Mahler Gesellschaft(国際グスタフマーラー協会)。
  • IWG Reginald Isaacs、Walter Gropius:Der Mensch und sein Werk、trans。 Georg G. Meerwein(Mann、ベルリン、1983年)。
  • JFPヨゼフ・ボフスラフ・フォースター、デア・ピルガー・アルティア。 プラハ、1955)。
  • KIW Julius Korngold、Die Korngolds in Wien:Der Musikkritiker und das Wunderkind(Musik&Theater、チューリッヒ、1991)。
  • KMAマーラーアルバム編ギルバート・カプラン(ニューヨークのカプラン財団、テームズ・アンド・ハドソン社、ロンドン、1995年)。
  • KMO Karl Maria Klob、Musik und Oper:KritischeGänge(Heinrich Kerler、ウルム、1953年)。
  • LEM Max Graf、Legende einer Musikstadt(ÖsterreichischeBuchgemeinschaft、ウィーン、1949年)。
  • LKR Liselotte Kitzwegerer、「AlfredRolleralsBühnenbildner」、Ph.D。 論文(ウィーン、1959年)。
  • 1907月ゾルタンローマン、グスタフマーラーのアメリカ年1911-1989(ペンドラゴン、スタイブサント、ニューヨーク、XNUMX年)。
  • MBR1 Gustav Mahler、Briefe 1879-1911、ed。 アルマ・マーラー(ジョルナイ、ウィーン、1924年)。
  • MBR2拡張および改訂されたedn。 MBR1、edの。 Herta Blaukopf(Zsolnay、Vienna-Hamburg、1997)。
  • MBRS Gustav Mahler、Unbekannte Briefe、ed。 ヘルタ・ブラウコフ(ジョルナイ、ウィーン、1983年)。
  • MDDジョージ・マーティン、ダムロッシュ王朝:アメリカの最初の音楽ファミリー(ホートン・ミフリン、ボストン、1983年)。
  • MFMフレンズ・オブ・ミュージック、グスタフ・マーラー:作曲家、指揮者、そして人間、著名な現代音楽家による感謝、出版物。 9年1916月XNUMX日にニューヨークでマーラーの交響曲第XNUMX番が初演された際に。
  • MKW Max Morold、Wagners Kampf und Sieg(2巻、Amalthea、チューリッヒ、1930年)。
  • MSBグスタフ・マーラーとリヒャルト・シュトラウス、Briefwechsel 1888-1911、ed。 ヘルタ・ブラウコフ(PiperVerlag。Munich、1900)
  • NBL1ナタリー・バウアー・レヒナー、エリンネルンゲン、グスタフ・マーラー編Johann Kilian(Tal、ライプツィヒ、1923年)。
  • NBL2グスタフ・マーラー。 Erinnerungen von Natalie Bauer-Lechner、ed。 ヘルベルト・キリアン、AnmerkungenundErklärungenvonKnudMartner(Wagner、ハンブルク、1984年)。
  • OKMオットー・クレンペラー、マイネ・エリンネルンゲン、グスタフ・マーラー(アトランティス、チューリッヒ、1960年)。
  • PSEポール・ステファン、グスタフ・マーラーのエルベ(ウェーバー、ミュンヘン、1908年)。
  • PSGポール・ステファン、ウィーンのダス・グラブ(リース、ベルリン、1913年)。
  • PSM Paul Stefan、Gustav Mahler(Piper、Munich、1st edn。、1910; 2nd edn。、1912)
  • RBM Alfred Roller、Die Bildnisse von Gustav Mahler(Tal、ライプツィヒ、1922年)。
  • RHM Theodor Reik、The Haunting Melody(Farrar、Strauss&Young。NewYork、1953)。
  • RMAエドワード・R・ライリー、グスタフ・マーラーとグイド・アドラー:Zur Geschichte einer Freundschaft(Universal Edition、ウィーン、1978年)。 エンジニアリングトランス。 グスタフ・マーラーとグイド・アドラー:友情の記録(ケンブリッジ大学、ケンブリッジ、1982年)。
  • RMH Reeser Eduard、Gustav Mahler und Holland:Briefe(Universal Edition、ウィーン、1980年)。
  • RPW ErikRydingおよびRebeccaPechefsky、Bruno Walter:A World Elsewhere(イェール大学、ニューヘブン、2001年)。
  • RSM1リヒャルト・シュペート、グスタフ・マーラー(ゴッセ&テッツラフ、ベルリン、ノースダコタ州[19051)。
  • RSM2リヒャルト・シュペート、グスタフ・マーラー(第1版、イラストレーター、シュスター&ロフラー、ベルリン、1913年)。
  • SIMSociétéInternationaledeMusique。
  • SBEリヒャルトシュトラウス、エルターンのブリーフ(アトランティス、チューリッヒ、1954年)。
  • SPHハワード・シャネット、フィルハーモニー:ニューヨークのオーケストラの歴史(ダブルデイ、ニューヨーク、1975年)。
  • SWE Paul Stauber、Das wahre Erbe Mahlers(Hubert&Lahme、ウィーン、1909年)。
  • SWOリヒャルト・シュペート、ダス・ウィーナー・オペラ劇場:Erinnerung aus 50 Jahren(Knepler、ウィーン、1919年)。
  • TAF Theodor Wiesengrund Adorno、Quasi una fantasia、Musikalische Schriften II(Suhrkainp、フランクフルト、1963年)。
  • TAFe Theodor Wiesengrund Adorno、Quasi usa fantasia、Eng。 トランス。 現代音楽のエッセイ(Verso、ロンドン、1992年)。
  • TAM Theodor Wiesengrund Adorno、Gustav Mahler:Eine musikalische Physiognomik(Suhrkamp、フランクフルト、1960年)。
  • TAMe Theodor Wiesengrund Adorno、Mahler:A Musical Physiognomy(University of Chicago Press、Chicago、1992)。
  • THEodor Helm、Erinnerungen eines Musikkritikers、ed。 マックス・シェーンヘル(自費出版、ウィーン、1977年)。
  • UPLペンシルベニア大学図書館。
  • VKM Vladimir Karbusicky、Gustav Mahler und seine Umwelt(Wissenschaftliche Buchgesellschaft、ダルムシュタット、1978年)。
  • WKL Wilhelm Kienzl、Meine Lebenswanderung:Erlebtes und Erlauschtes(Engelhorn、シュトゥットガルト、1926年)。
  • WLE Felix Weingartner、Lebenserinnerungen(2巻。OrellFüssli、チューリッヒ、1928-1929)。
  • WMWI Franz Willnauer、Gustav Mahler und die Wiener Oper(Jugend und Volk、ウィーン、1979年)。
  • WMW2 Franz Willnauer、Gustav Mahler und die Wiener Oper(Locker、Vienna、1993)。
  • WRE William Ritter、Etudes d'art etranger(Mercure de France、パリ、1906​​XNUMX年)。
  • WRMウィリアム・リッター、ウィリアム・リッターシュヴァリエ・ド・グスタフ・マーラー:Ecrits、通信、文書、ed。 クロードメイラン(ピーターラング、ベルン、2000年)。

参照略語 (未発表の情報源)

  • AMS Alma Mahler、Ein Leben mit Gustav Mahler(AMMによる多くのMS挿入を含むTypescript)。
  • AMT Alma Mahler、Tagebuch(Typescript、UPL)。
  • JRM Josef Reitler、「Ein jugendlicher Mahler-Enthusiast」、「GustavMahler」。 ライトラーの甥であるフレデリック・ライトラーから入手した未発表の原稿。
  • KMI Knud Martner、著者への個人的なコミュニケーション。
  • NBLSナタリーバウアーレヒナー、マーレリアーナ(部分的に非公開の原稿、BGM)。
  • BGMがMMM(MédiathèqueMusicaleMahler)に変更されました。

サインソース (日付が記載されていない場合、ソースは日付がありません)

  • AFCサインフェアコピー。
  • AODサインオーケストラドラフト。
  • APDサインの予備ドラフト(完全な動きまたはその大部分):オーケストラ作品は主にParticelliにあります。 歌曲は主にv(oice)とp(iano)です。
  • CFC Copyistの公正なコピー(必要な場合にのみ含まれます)。
  • FSFacsimileスコア。

ライブラリ

  • ACAアムステルダムコンセルトヘボウアーカイブ。
  • ASIアーノルドシェーンベルクインスティテュート、ウィーン、オーストリア。
  • BBC Biblioteca Bodmeriana、コロニー、スイス。
  • BIL大英図書館、ロンドン。
  • BMGBibliothèqueMusicaleGustavMahler、パリ。
  • BSBベルリン、Staatsbibliothek PreussischerKulturbesitz。
  • BSM Bayerische Staatsbibliothek、ミュンヘン。
  • CPAチェコフィルハーモニー管弦楽団、プラハ。
  • GMF Gesellschaft der Musikfreunde Library、ウィーン。
  • HLHホートン図書館、ハーバード大学、ケンブリッジ、マサチューセッツ。
  • HNMハーグ、オランダMuziekInstitut。
  • IMG Internationale Gustav Mahler Gesellschaft、ウィーン。
  • JNJエルサレム、ユダヤ国立大学図書館。
  • LCW米国議会図書館、ワシントンDC。
  • 舞台芸術のIPAライブラリ、リンカーンセンター、ニューヨーク。
  • MASモルデンハウアーアーカイブ、スポケーン、ワシントン。
  • NLCニューベリー図書館、シカゴ。
  • NUEノースウェスタン大学、イリノイ州エバンストン、米国。
  • ONBÖsterreichischeNationalbibliothek、ウィーン。
  • PML Pierpont Morgan Library、ニューヨーク市。
  • RWO西オンタリオ大学、ロゼルーム、ロンドン、カナダ。
  • SBW Stadt- und Landesbibliothek、ウィーン。
  • SOUサウサンプトン大学図書館、イギリス。
  • SSB Paul Sacher Foundation、バーゼル、スイス。
  • SULスタンフォード大学図書館、カリフォルニア州スタンフォード。
  • UEAユニバーサルエディションアーカイブ、ウィーン。
  • UPLペンシルベニア大学図書館。
  • VSOウィーン国立歌劇場アーカイブ。
  • YULエール大学図書館、ニューヘブン、コネチカット州。

イェンスマルテフィッシャー

  • AME Alma Mahler-Werfel、Erinnerungen、Gustav Mahler(チューリッヒ・アム・メインおよびベルリン1971); トランス。 グスタフ・マーラー役のバジル・クレイトン:思い出と手紙、編Donald Mitchell and Knud Martner、第4版(ロンドン1990)。
  • AME(1949)Alma Mahler、Gustav Mahler:Erinnerungen und Briefe、第2版(アムステルダム1949)。
  • AMML Alma Mahler-Werfel、Mein Leben(Frankfurt am Main 1960); Engl。 トランス。 そして、橋は愛です:生涯の思い出(ロンドン1958)。
  • AMTB Alma Mahler-Werfel、Tagebuch-Suiten 1898-1902、ed。 アントニー・ボーモントとスザンヌ・ロード・ブレイマン(フランクフルト・アム・マイン1997); トランス。 日記としてのアントニー・ボーモント1898-1902(London1998)。
  • BWGMブルーノ・ワルター、グスタフ・マーラー:アイン・ポルトラート(ヴィルヘルムスハーフェン1981); トランス。 ロッテウォルターリンツ(ロンドン1990)。
  • BWTVブルーノ・ワルター、テーマとバリエーション:エリンネルンゲンとゲダンケン(フランクフルト・アム・マイン1947); トランス。 テーマと変奏曲としてのジェームズ・ガルストン:自伝(ニューヨーク1946年)。
  • DLG I Henry-Louis de La Grange、Gustav Mahler:Chronique d'une vie、3 vols(Paris 1979-1984)。
  • DLG II Henry-Louis de La Grange、Gustav Mahler、4巻(Oxford 1995-;これまでに発行されたvol 2-4)。
  • GMB Herta Blaukopf(ed。)、Gustav Mahler:Briefe(Vienna 1996); 部分英語トランス。 エイスネ・ウィルキンス、エルンスト・カイザー、ビル・ホプキンスによるグスタフ・マーラーの選択された手紙、編Kurt Martner(ロンドン1979)。
  • GMBA Henry-Louis de LaGrangeandGüntherWeiß(eds)、EinGlückohneRuh ':Die Briefe Gustav Mahlers an Alma(Berlin 1995); トランス。 グスタフ・マーラー役のアントニー・ボーモント:妻への手紙(ロンドン2004)
  • GMFB Stephen McClatchie(ed。)Gustav Mahler: 'Liebste Justi!' 家族のブリーフィング(ボン2006); もともとはマーラーファミリーレターとして英語で出版されました(Oxford2006)。
  • GMMB Franz Wilinauer(ed)、Gustav Mahler: 'MeinlieberTrotzkoptmeinesüßeMohnblume'。 アンナフォンミルデンブルクにブリーフィング(ウィーン2006)。
  • GMRSB Herta Blaukopf(edj、Gustav Mahler – Richard Strauss:Briefwechsel 1888-1911(Munich 1988);trans。EdmundJephcottas Gustav Mahler – Richard Strauss:Correspondence 1888-1911(London 1984)。
  • GMUB Herta Blaukopf(ed。)、Gustav Mahler:Unbekannte Briefe(Vienna and Hamburg 1983); トランス。 マーラーの未知の手紙としてのリチャード・ストークス(ロンドン1986)
  • HDMZ Hermann Danuser、Gustav Mahler und seine Zeit(Laaber1991)。
  • HEMM Hans Heinrich Eggebrecht、Die Musik Gustav Mahlers、第2版(ミュンヘン1986)。
  • HKBGM Herta and Kurt Blaukopf(eds)、Gustav Mahler:Leben und Werk in Zeugnissen der Zeit(Stuttgart1994)。
  • IGMGインターナショナルグスタフマーラーゲゼルシャフト。
  • KBMD Kurt Blaukopf(ed。)、Mahler:Sein Leben、sein Werk und seineWeltinzeitgenössischenBildernundTexten(Vienna 1976); トランス。 マーラー役のポール・ベイカー他:ドキュメンタリー研究(ニューヨークとトロント1976)。
  • MHGMマティアス・ハンセン、グスタフ・マーラー(シュトゥットガルト1996)。
  • NBL Herbert Killian(ed。)、Gustav Mahler in den Erinnerungen von Natalie Bauer-Lechner(Hamburg 1984); 部分トランス。 ナタリー・バウアー・レヒナー編 『グスタフ・マーラーの回想』としてのディカ・ニューリンピーターフランクリン(ロンドン1980)。
  • NLM Norman Lebrecht、Gustav Mahler im Spiegel seiner Zeit(Zurich and Sankt Gallen 1990); もともとロンドンで出版された¡n1987。
  • NMF Nachrichten zurMahler-Forschung。
  • RMA Zoltan Roman、Gustav Mahler's American Years(1907-1911):A Documentary History(Stuyvesant、NY、1989)。
  • RMUゾルタン・ローマン、グスタフ・マーラー、ハンガリー(ブダペスト1991)。
  • TWAM Theodor W. Adorno、Mahler:Eine musikalische Physiognomik((Frankfurt am Main 1960);trans。EdmundJephcottas Mahler:A Musical Physiognomy(Chicago1992)。
  • WMWO Franz Willnauer、Gustav Mahler und die Wiener Oper(Vienna1993)。

スペルミスレポート

次のテキストが編集者に送信されます。